BGP001が最速タイム

    6



ブラウンGPがここまでやるとは思えませんでした。シェイクダウンして間もないマシンが、バルセロナ合同テストで3日目にバトン、最終日にバリチェロが共にトップタイム。勿論テストなので他のチームが何をやっているかわかりませんし、新チームだけにスポンサーアピールの為に一発タイムを出している可能性も当然ありますので、単純比較はナンセンスではありますが、レースペースもかなり速いみたいですし、アロンソが「ブラウンGPのペースは本物だ」というコメントを聞いた時点で、これは速さの信憑性がかなり出てきたんじゃないかなと思っています。

それにしても、ホンダ撤退後のこの速さ。何か意図を感じさせずにはいられないんですけどね・・。一般的には「ホンダは今まで何をやってたんだ」とか「ホンダからメルセデスにエンジンが変わったから」とか聞こえてきますが、真実はもっと別の部分にあるような気がしてなりません。結局ニック・フライはCEOのままという事ですし、噂になっている「数年に渡って仕組んだ壮大な物語」が今まさに花開こうとしているのでしょうか。
単なる噂であって欲しいとは思いますが、以前記事にも書きましたが、今宮氏のコラム(http://www.f1world.jp/news/10.html)でもこの事は言及されてますし、なんだかシーズンが始まっても、このチームが速ければ速いほど、心の底から応援しようという気になれないんですよね(ちょっとひねくれてるかもしれませんが)。琢磨が乗るとかになれば話は別なんですけども(笑)。