JPN-MYS鯖@Zhuhai

    9



今回は得意コースのズーハイ。MYS鯖さんが始まって以来、自身の調子も悪くて結果も出ず参加もあまり出来ないというのも重なって優勝からずっと見放されてきた感じですが、ズーハイならチャンスがあるかも・・・と、気合で参加しました(笑)。
ここでのPPタイムは大分前に出していた32秒7台。それに向けてセットアップ開始です。以前から使っていたセッティングはどうも5速吹け切り手前でコーナーがやってくるような合わせ方をしていたので、かなり変則的なギア比になってます。この辺りを大きく変える事に。合わせてリアトー、リアキャンバー、空気圧などを弄ってスライドを抑える方向に。なかなかリアが流れる挙動は直りませんでしたが、コントロールしやすい流れ方をしていたので走りやすい感じです。ウイングは2-5で終盤まで走っていましたが、2-6に変更してみるとリアの安定性が格段に良くなったのでそれで走る事に。ただリアがスライドしにくくなって結果弱アンダー傾向になってしまったので、予選をどちらの角度で走るか悩みます。
プラクティスで33秒1台辺りまでタイムが出ていたので、予選では32秒後半を狙って走ります。ウイングは結局2-6で。天気が怪しい感じでしたが(笑)終始ドライ路面だったので気合入れて攻め込みます。32秒9が出てその後に32秒7台と自己ベストタイム辺りまで出して終了。最後にRothmansさんが32秒台に入れてきましたが何とか順位を守ってPP獲得。久々でしたので嬉しかったです(笑)。






FLからローリングスタート。後ろはRothmansさんのビツルボとEmperor-DさんのM3だったので、スタートタイミングを誤ると1コーナーまで長いので絶対抜かれてしまうと思い、かなり集中してスタートを合わせましたが、やはりEmperor-DさんのM3に並ばれてしまいます。1コーナーでRothmansさんが若干引き気味に下がられたので、Emperor-Dさんのアウト側から何とか併走しつつ順位をキープしようと思いましたが、その更に後方から追突があったみたいで、一瞬で吹き飛んでしまいます;;。何が起こったのかわかりませんでしたが、スピンしながらコース外に出てしまったので最後尾に下がってしまいます・・。




気を取り直して再スタート。2コーナー先で超カオス状態となっており、まさに煙幕状態(笑)。やばいなと思い減速して注意しましたが復帰中の72percentさんに追突してしまいます・・。ウイングが取れタイヤがバーストしてしまったみたいでしたので申し訳なかったです;;。
私の方はバンパーこそ取れませんでしたが、かなりの速度で追突してしまったのでマシンバランスがおかしくなってしまって攻めてる割には今一つタイムが上がりません・・。







それでも最下位からどんどん順位を上げていきます。至るところでオーバーテイクを仕掛けていき、5位までポジションを回復するまではかなり楽しいレースとなりました。しかしここから順位を上げることは出来ず5位でフィニッシュ。






















---------------------------------


MYS鯖NGT+G2シリーズでの初勝利を狙っていましたが残念な結果に終わりました;;。まあそれでもレースではこういう事もあると思ってますので、次のチャンスで頑張ろうと思います(笑)。

ただ、2コーナーでの事故発生時の状況などリプレイを見る限りではちょっと無理(無茶?)な走りが目立つような気がしますね・・。オープニングラップはどうしても周りの車が密集して走る形となりますので、単独走行時と同じような走り方だとどうしても事故が発生する確立が高くなりますし、ましてやタイヤ温度も低くグリップが得られにくいので、とにかく1周目は抑えて走る事が大事で無理は禁物だと思います。

またブレーキに関しても十分熱を入れてないと1コーナーで普段通りにブレーキングしても止まりきれない事が殆どですし、密集している分、前方の車間の兼ね合いとなりますが、かなり早めのブレーキング→ブレーキ調整しつつ前方との車間をコントロールする事が大事と思います。私の場合、最終コーナーを回る時点で400度くらいまでブレーキ温度を上げているのですが、それでもフロントタイヤの暖まりは通常走行時よりも遥かに低いので、スタート直後の1コーナーのブレーキングポイントは確実に普段より手前となります。

オープニングラップの事故はブレーキングポイントの見誤り、ブレーキ熱の不足による減速不足、タイヤ温度が低い事によるアンダー発生→隣車を押し出し、などが殆どだと思いますので、フォーメーションラップではその辺り(タイヤ・ブレーキに熱を入れる)を十分考慮した走りをするか、オープニングラップでは無理をしない、前後左右に車が居るかもという認識を常に持って走れば、事故はもっと減ると思います。
勿論私自身もたまにこういう事をやらかしてしまったりするので;;、自戒の意を込めて書かせてもらいました。という事でまたレースでお会いする時は宜しくです!


■リザルトデータ

日時:2009/06/22
コース:Zhuhai GP 2004
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:1位 1:32.759(-0.183)
決勝:5位 19:19.014 LAP12(+17.503)
レースラップ:3位 1:33.781 LAP5(+0.321)

詳細データ:https://dl.getdropbox.com/u/861344/GTR2Result%201/GTR2Season1_000.html