GTR2 JPN-MYS鯖@Zhuhai

今回は得意コースのズーハイ。MYS鯖さんが始まって以来、自身の調子も悪くて結果も出ず参加もあまり出来ないというのも重なって優勝からずっと見放されてきた感じですが、ズーハイならチャンスがあるかも・・・と、気合で参加しました(笑)。
ここでのPPタイムは大分前に出していた32秒7台。それに向けてセットアップ開始です。以前から使っていたセッティングはどうも5速吹け切り手前でコーナーがやってくるような合わせ方をしていたので、かなり変則的なギア比になってます。この辺りを大きく変える事に。合わせてリアトー、リアキャンバー、空気圧などを弄ってスライドを抑える方向に。なかなかリアが流れる挙動は直りませんでしたが、コントロールしやすい流れ方をしていたので走りやすい感じです。ウイングは2-5で終盤まで走っていましたが、2-6に変更してみるとリアの安定性が格段に良くなったのでそれで走る事に。ただリアがスライドしにくくなって結果弱アンダー傾向になってしまったので、予選をどちらの角度で走るか悩みます。
プラクティスで33秒1台辺りまでタイムが出ていたので、予選では32秒後半を狙って走ります。ウイングは結局2-6で。天気が怪しい感じでしたが(笑)終始ドライ路面だったので気合入れて攻め込みます。32秒9が出てその後に32秒7台と自己ベストタイム辺りまで出して終了。最後にRothmansさんが32秒台に入れてきましたが何とか順位を守ってPP獲得。久々でしたので嬉しかったです(笑)。

FLからローリングスタート。後ろはRothmansさんのビツルボとEmperor-DさんのM3だったので、スタートタイミングを誤ると1コーナーまで長いので絶対抜かれてしまうと思い、かなり集中してスタートを合わせましたが、やはりEmperor-DさんのM3に並ばれてしまいます。1コーナーでRothmansさんが若干引き気味に下がられたので、Emperor-Dさんのアウト側から何とか併走しつつ順位をキープしようと思いましたが、その更に後方から追突があったみたいで、一瞬で吹き飛んでしまいます;;。何が起こったのかわかりませんでしたが、スピンしながらコース外に出てしまったので最後尾に下がってしまいます・・。

気を取り直して再スタート。2コーナー先で超カオス状態となっており、まさに煙幕状態(笑)。やばいなと思い減速して注意しましたが復帰中の72percentさんに追突してしまいます・・。ウイングが取れタイヤがバーストしてしまったみたいでしたので申し訳なかったです;;。
私の方はバンパーこそ取れませんでしたが、かなりの速度で追突してしまったのでマシンバランスがおかしくなってしまって攻めてる割には今一つタイムが上がりません・・。

それでも最下位からどんどん順位を上げていきます。至るところでオーバーテイクを仕掛けていき、5位までポジションを回復するまではかなり楽しいレースとなりました。しかしここから順位を上げることは出来ず5位でフィニッシュ。

---------------------------------

MYS鯖NGT+G2シリーズでの初勝利を狙っていましたが残念な結果に終わりました;;。まあそれでもレースではこういう事もあると思ってますので、次のチャンスで頑張ろうと思います(笑)。

ただ、2コーナーでの事故発生時の状況などリプレイを見る限りではちょっと無理(無茶?)な走りが目立つような気がしますね・・。オープニングラップはどうしても周りの車が密集して走る形となりますので、単独走行時と同じような走り方だとどうしても事故が発生する確立が高くなりますし、ましてやタイヤ温度も低くグリップが得られにくいので、とにかく1周目は抑えて走る事が大事で無理は禁物だと思います。

またブレーキに関しても十分熱を入れてないと1コーナーで普段通りにブレーキングしても止まりきれない事が殆どですし、密集している分、前方の車間の兼ね合いとなりますが、かなり早めのブレーキング→ブレーキ調整しつつ前方との車間をコントロールする事が大事と思います。私の場合、最終コーナーを回る時点で400度くらいまでブレーキ温度を上げているのですが、それでもフロントタイヤの暖まりは通常走行時よりも遥かに低いので、スタート直後の1コーナーのブレーキングポイントは確実に普段より手前となります。

オープニングラップの事故はブレーキングポイントの見誤り、ブレーキ熱の不足による減速不足、タイヤ温度が低い事によるアンダー発生→隣車を押し出し、などが殆どだと思いますので、フォーメーションラップではその辺り(タイヤ・ブレーキに熱を入れる)を十分考慮した走りをするか、オープニングラップでは無理をしない、前後左右に車が居るかもという認識を常に持って走れば、事故はもっと減ると思います。
勿論私自身もたまにこういう事をやらかしてしまったりするので;;、自戒の意を込めて書かせてもらいました。という事でまたレースでお会いする時は宜しくです!

■リザルトデータ

日時:2009/06/22
コース:Zhuhai GP 2004
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:1位 1:32.759(-0.183)
決勝:5位 19:19.014 LAP12(+17.503)
レースラップ:3位 1:33.781 LAP5(+0.321)

詳細データ:https://dl.getdropbox.com/u/861344/GTR2Result%201/GTR2Season1_000.html

GTR2 JPN-MYS鯖@Zhuhai” に対して9件のコメントがあります。

  1. Nekoppo より:

    オープニングラップの1コーナーでEmperor-Dさんに突っ込んでしまい、外側に居たSYORIさんをコース外に押し出す結果となってしまいました。
    PPからスタートしたSYORIさんのレースを壊してしまい申し訳ありませんでした。
    同じことを繰り返さないように気をつけます。

  2. Rothmans より:

    以前もいい神経戦をしたずーはいだっただけに、またいい勝負ができるかもしれないと
    思っていましたが、1コーナーは残念でしたね。
    自分はこのコースの1コーナーは高確率で何かが起きるので、ちょっと早めのブレーキで警戒していたのでほとんど被害がありませんでした。
    また、レースではよろしくです

  3. SYORI より:

    Nekoppoさん先日はお疲れ様でした。
    まず最初に、私の方は怒っているわけではありませんので、その点だけくれぐれもご理解くださいね。基本的に私自身、レースでのアクシデントはNPの姿勢ですから。
    ただ参加されている皆さんの中には、何とか時間を作って参戦されている方もおられるでしょうし、せっかく時間を割いてレースをしている訳ですので、やっぱり皆さん楽しいレースがしたいと思っていると思います。なので、こういう事故が減る事がお互い楽しいレースに繋がっていくと思いまして、今回書かせてもらいました。まあ過去にも何度か同じような事を書いてたりする訳ですが(笑)、私自身加害者になってしまう事もありますので偉そうな事は言えませんけども;;。
    最後4位を狙って必死にNekoppoさんを追いかけましたが、追いつけなかったです;;。次回レースでお会いする時は今回の件で遠慮なんかせず、良いバトルを挑んできて下さいね。宜しくお願い致します。

  4. SYORI より:

    Rothmansさんお疲れ様です。優勝おめでしたー。
    ここでは以前、厳しい神経戦を戦いましたねー。その時も良いバトルでしたが、個人的には1コーナーのサンドトラップにはまって10周近く抜け出せない状態のRothmansさんを思い出したりします(笑)。ズーハイは以前から乗れてるコースなので比較的良い結果を出せているコースですが、今後は厳しそうなコースが続いている感じなので、ご一緒するときはお手柔らかにお願いします;;。

  5. Dream より:

    お久しぶりです^^;
    昨日は一瞬でしたがバトル楽しかったです^^ノ
    あっさりいかれてしまいましたけど・・・。
    最終コーナーまで抜かずに待っていただきありがとうございましたw
    でも、プレッシャーはそれはそれは凄かったです;;;
    スタートは残念でしたが、追い上げはさすがSYORIさんという感じでした。
    なかなかレースで絡むことはありませんが、もしまた絡むことがありましたら是非お相手お願いします^^
    それではお邪魔しましたノシ

  6. SYORI より:

    Dreamさんご無沙汰しております。先日のレースはお疲れ様でしたー。
    いやービツルボにお乗りだったので、コーナーではマシン特性の差がありますので十分付いていけても、ストレートエンドでパスするのはかなり厳しいかなーと思ってました。なので、最終コーナーまでは無理をせず付いていった次第です。ちなみに待ってた訳では無くて抜けませんでした(笑)。それでもバトル十分楽しませてもらいましたのでthxでした!
    今回のような追い上げレースはなかなか上手くいかないんですよね。何時も集中力が途絶えてボロボロのグダグダレースになる事が殆どなのですが(笑)、今回は可能な限りの順位アップを果たせたので、今回はホントたまたまだったと思っていて下さい(笑)。
    またレースで絡む時がありましたらこちらこそ宜しくです!

  7. 72% より:

    こちらこそ追突を誘発したような形になってしまい申し訳なかったです。
    煙もくもくしてましたのでその先が確認できず、でも「ここラインじゃないから大丈夫だべー」とか思って復帰しようとしたらどーんwもう一呼吸おけばよかったorz慌てると良いことありません;;
    まわり見ても誰が誰やらわからない状態だったのですが、リプ見てSYORIさんとわかり青くなりましたorz

  8. SYORI より:

    72%さんどうもです。先日はお疲れ様でしたー。先ほどリプ画像をアップしてた時にも思いましたが、あの状況では全く前が見えませんでしたので(笑)、もっと減速して注意深く走行するべきでした;;。でも復帰する時とか確かに慌ててしまう事ってありますよね・・。そういう時に限って良からぬ事が起こってしまう事、私にも多々ありますのでお気にされませんように(笑)。
    またレースでお会いする時は宜しくです!

  9. Nekoppo より:

    お気遣いありがとうございます。
    今回は初歩的なミスでSYORIさんに申し訳なく、また情けなかったです。
    精進します。
    またレースで御一緒するときはよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です