ブラウン不調のワケ - 2009年 F1 第8戦 イギリスGP

遂にレッドブル勢がブラウンGPを凌駕したようなレースを見せてくれましたね。ヴェッテルが今季2勝目、ウェバーが2位で1-2フィニッシュを飾りました。それにしてもブラウンGP、特にバトンの低迷が目立ちましたね。FP1/2では決勝セッティングでもやってるのかなって感じでしたが、FP3(だいたい予選想定走行を行う)でも中盤に沈んでいましたので、これは本気でまずいなと思いましたが最後までその感じでしたね・・。バリチェロが予選フロントローでしたが、ウェバーが問題無く予選を走れていればフロントローはレッドブルが占めていたと思われますので、実質今回のGPではレッドブルが完全にブラウン勢を凌駕していたと言えるでしょう。それにしてもテスト禁止の今季にこれだけアップデートを行いつつ的確にマシンポテンシャルを上げていくレッドブル、とりわけニューウェイの才能には驚きです。
ただCSでも仰ってたように、ブラウンのマシンはタイヤに優しすぎる為、気温(路面温度)が低いとワーキングレンジに入るまで時間がかかるorそこまで温度が上がらないという副作用が発生しちゃうみたいですね。逆にレッドブルのマシンはタイヤの発熱が良い(すなわちタイヤに厳しい)マシン特性のようですので、今後のGPではある程度のレース結果が予想出来そうですね。気温の高いレースではブラウン勢が、気温の低いレースではレッドブル勢が上位に来るという事でしょうか。まあそれにしてもバトンはシルバーストンで勝ちたかったでしょうね・・・。もう一人の地元ドライバーであるハミルトンはチェッカー後にCSではっきり映されていましたが(笑)、禁止されているドーナツを決めて注意を受けたみたいですね(笑)。ファンサービスのつもりだったと思いますが、確実にグリッド最遅マシンがマクラーレンである事実ははっきりしたような気がしますので、こうでもしなければ鬱憤を晴らせなかったんでしょうか(笑)。
最後に一貴ですが・・・何というか今回も運に見放された感じと言いますか・・。タイヤチョイスはロズベルグと同じハード/ハード/ソフトだったと思うのですが、この差は何だったんでしょうね。タイミングだけだったような気がしますが、抜きにくいシルバーストンでは致命的な状況だったような気がします。1stスティントで4位を力強く走行していた時はかなり期待したのですが残念です;;。
あと最後に今レースとは関係ありませんが(笑)、トップギアのスティッグがミハエル・シューマッハだったっていうのは本当なんですかね?それともジョークなんですかね(笑)。youtubeに上がっている動画を見てビックリしましたが・・。

ブラウン不調のワケ - 2009年 F1 第8戦 イギリスGP” に対して5件のコメントがあります。

  1. ゆっき より:

    前のトルコは暇で後半からR2に移動しちゃいましたがw、今回のレースは地味に面白かったのでずっと見てました。
    レッドブルがこの状況で強いと考えると、次のニュル、スパ、モンツァ、鈴鹿辺りはなかなか強いんじゃないでしょうか。とりあえず、個人的にはタイトル争いが白熱してもらえると結構楽しめるんで、ここからはレッドブルに頑張って欲しいところですww
    一貴には今日こそせめてポイントを獲ってもらいたかったんですが、第一スティントもかなり短いのになんでいきなりハード側タイヤ履いちゃったんでしょうね;;
    スタートで4位上がって、ようやくくるかとは思ってたんですけどねー('A`)
    あとスティッグですけど、F1通信さんのとこでも記事があったんで本当にミハエルっぽいですねww
    かなりビックリです(;^ω^)

  2. ゆっき より:

    ってミハエルはスペシャルゲストでジョークっぽいようですね(;^ω^)
    ウィキペディア曰く、クラークソンも最後に否定してたみたいですし、スペシャルゲストとしてクレジットされたみたいです/^o^\
    歩き方も地味に違うらしく、考えてみればやっぱジョークですよねw

  3. SYORI より:

    ゆっきさんどうもです。ニュル・スパ辺りはレッドブル勢が来そうな感じですよね。モンツァと鈴鹿はGPウィーク時の気温次第みたいな部分があるかもしれませんので予想は立てにくいですが・・。こうなってくると、ヴェッテルがどこまでポイントを詰めてくるかが見ものですね。7月にはチャンピオンシップも終了か・・と思ってましたが、良い意味で予想が裏切られてきた感じがするので、今後結構楽しみです。
    一貴、1stスティントはハードタイヤでしたが、あれは結果オーライだったような気がしますね。2位争いの後方についていってましたし、あれでハードタイヤを消化したという事でその後はソフトで行けば・・と願ってたのですが2ndスティントもまさかのハードで;;。ツキに見放されてますねホントに・・。
    スティッグはやはりジョークというかスペシャルゲストみたいな扱いだったみたいですね(笑)。アロンソがスティッグか?という記事を以前見たときも、掲載されてた写真は背丈が結構大きかったですし、ミハエルはかなり小さいですからねー。やっぱりブルツ辺りなのでしょうか(笑)。まあそれでも映像は結構楽しませてもらいました(笑)。

  4. きんなん より:

    こんにちは、きんなんです。
    ようやくレースが動き始めましたね。バトンの一人がちで完全にダレ始めていたのですが、今回はかなり楽しめました。
    今後はベッテルがどの位にバトンを詰めてくるか見物です。
    ところで一貴は...本当に気の毒になってきました。こんなにいいグリッドにいながら入賞できないとなると、もう何やっても駄目なんじゃないかという気がしてきました...(´Д`;)

  5. SYORI より:

    きんなんさんどうもです。レッドブルの逆襲かという感じでしたが、やはり今回のコース・コンディション等がすべてレッドブル有利な状況となった感じですので、今後はまたどうなるか分からないですね。今回はバトンのタイヤに優しいドライビングスタイルが更に不利に働いた感もありますし。でも一人勝ちの状況という感じではなくなりましたし、完全にブラウンvsレッドブルという図式になりましたので、楽しみですね。個人的にはウェバーの初優勝とかみたいです。
    一貴、ホントツイてないですね。なんとかツキを取り戻してほしいところです。マシンはかなり良さそうですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です