ROC 第七戦 オートポリス

    1



ROCの第7戦はオートポリスへ。残り2戦となりチャンプ争いも大詰めを迎えた感があります。私の方は数字的に可能性が残っていますが、ほぼ難しい位置まで下がってきていますので、とにかく悔いの無いよう走りたいと思います。と言いつつ、本日は仕事終了後に長時間ミーティングがあって、帰宅が22時過ぎ。メシも食わずにバケットシートに乗り込みます(笑)。ホントは不参加にしてゲスト解説もいいなーって考えたりもしましたが(笑)、流石にプラクティス時間だったのでそれもマズイと思い、とりあえずJOINしました。
セッティング作ってやってたら、グダグダで終わるんだろうな・・って考えてましたが、先週くらいにちょろっと走って作っておいたベースセッティングを思い出し、ホント助かりました。細かい微調整を繰り返しつつ走行を重ね、何とか上位勢に食い込むくらいのタイムを出していきます。
予選は1:35.550を出して4番手。上出来でした・・。PPのzerosikiさんとは0.5秒も離されて、同じNSXとしては悔しい気持ちもありましたが、ここ最近の予選ではzerosikiさんの速さに太刀打ち出来ませんね;;。






そんな感じで決勝を迎えます。ペースカー先導でのフォーメーションラップ。





1周を終えてスタート。タイム計測ラインからピット出口付近までがコントロール区間だったので追い抜き禁止区間となっているはずなので、前車との間隔を保つのに苦労しました;;





1コーナーをクリアし、Runtanさんをかわすもののsatorukoさんには1コーナー進入でかわされ4番手に。





white tailさんに離されないよう、ここでアウトラインからsatorukoさんを一気にパス。





3番手でwhite tailさんとzerosikiさんの攻防を様子を見ながら伺います。ここで一気にwhite tailさんが仕掛けていきます。





私も一気にアウトラインからzerosikiさんの横に並びます。このままいけば先のヘアピンでインを取れます。それにしても映っているRodgersさんは健闘されてましたが、GT-R勢は今回相当厳しい感じでしたね・・。





計算通り、ここでインを取って2番手に。





しかしブレーキングで突っ込み過ぎた影響で、再度インを取られて抜き返えされてしまいます;;





white tailさんがどんどん逃げていく展開に。私もとにかくzerosikiさんに離されないよう付いていきます。後方はsatorukoさんと少し差が開きつつ、その後方はスタートで出遅れたRuntanさんがsatorukoさんの真後ろに迫っています。





satorukoさんをかわしたRuntanさんが一気に接近してきます。zerosikiさんのスライド量がかなり多くなりペースがガクっと落ちてきます。私もzerosikiさん程ではありませんでしたが、リアタイヤがかなり消耗してきていて、追いかけるのも精一杯でしたが、後方のRuntanさんを抑えるのも必死な状況に・・。





レースも後半、何とかコントロールしていたzerosikiさんでしたが、1コーナーのブレーキングでアンダー気味にアウトに膨らみ失速。そのインを一気についてパスします。





zerosikiさんも限界だったのか、一気にRuntanさんにかわされてしまいます。





明らかにペースが速いRuntanさん。後方から「どっからでも抜けるよ」と言われてるような気がするくらい、ガンガンに来られます(笑)。勿論、引く時は引く、来る時は来るといったメリハリのある攻防で、とてもクリーンな走りをされる方でした。とにかく防戦一方でラインを閉じまくりの走りで防ぐしかありませんでした;;





一番ヤバかったメインストレートの攻防。完全に1コーナーでヤラれると思ったので、思い切りインラインキープで、Runtanさんの攻防を防ぎます。





何とか耐えまくった末のファイナルラップ。奥のヘアピン進入で完全に狙っていたRuntanさんを見て、イン寄りのラインを通過して、アウトからしか攻められないブロックラインを走ります。アウトに振られたRuntanさんでしたが、僅かにグリーンにタイヤを落とした状態でブレーキングポイントに差し掛かった為、止まり切れずエスケープに。これで少しプレッシャーから解放されました;;





それでも半周くらいで真後ろまで来られたので、ペースの違いは明らかでした。何とか抑え切って2位フィニッシュ。





メインストレートで整列して終了。優勝車は何故か映ってませんが(笑)、white tailさんがROC初優勝。もう何回も勝っているという印象があるくらいですが(笑)、ほんとオメでした!。




-----------------------------------------------


結果は2位と、レース参加前の状況を考えると最高の結果だったと思います。しかし中盤以降のバトルは楽しませてもらいました。Runtanさんも、前に行ってればどんどん先行していったと思うくらいペースが速かったですし、スープラ勢的にはタイヤが優しかったのでしょうか。実際、抜かれても2位のポイントが得られるのは分かっていたので、途中で前に行ってもらおうかとも一瞬思ったのですが、実況も私達のバトルを映してるっぽい声がガンガン聞こえてたので(笑)、流石にそれはしませんでした。鬼ブロックでスイマセンでした・・。でもクリーンなバトルをthxでした。楽しかったです。

さてこれで最終戦富士ラウンドを残すだけ。200km耐久という事で、またポイント増量なのかな?って気がしますので(笑)、まだまだ何が起こるか分からないのですが、非常に残念ながら10月3日(土)の最終戦は、夜にどうしても外せない用事がある為、不参加が確定してしまってます;;。なので、今回のレースがROCシリーズの最後という形になってしまいます・・。(※何とか最終戦の参戦が出来そうな状況になりました)。非常に残念ですが、大変楽しませてもらいました。流石にこれだけのメンツが揃いますとチャンプは難しいですね(笑)。皆さん強者ばかりですので・・。もっともっと精進します;;
という事で、参加されてる皆さん、そして運営の皆さん、ホントありがとうございました。またこのような機会がありましたら是非参加させて頂ければと思います。今回のシリーズ戦で得た良い部分・悪い部分を見直し、更に良いものにしていけるよう、私も協力できる部分があればと思っております。

ホント楽しませてもらいました!。ありがとうございました。





■リザルトデータ

日時:2009/09/19
コース:Autopolis
車種:HONDA NSX RAYBRIG NSX
予選:4位 1:35.550(+0.545)
決勝:2位 24:58.532 LAP14(+13.190)
レースラップ:4位 1:36.709 LAP4(+0.482)

詳細データ:http://www.jods.jp/roc/schedule.html



■ポイントランキング

Pos Drivers Name Total
Point
岡山 鈴鹿 富士 セパン 菅生 鈴鹿
耐久
オート
ポリス
富士
耐久
5/2 5/23 6/6 6/27 8/1 8/29 9/19 10/3
1  white tail 44 6 6 4 DNF 4 14 10  
2  Rodgers 34 4 4 0 0 10 13 3  
3  xanavi-yuuki 31 2 DNF 2 10 6 11 0  
4  SYORI 30 0 DNE 10 3 2 9 6  
5  ZERO1 29 10 0 0 2 1 16 0  
6  zerosiki 27 DQ 3 0 DNF DNF 20 4  
7  TORAOU 24 DNE 0 6 6 0 12 0  
8  maxi 22 DNF 10 1 0 0 10 1  
9  pjm 11 0 0 0 1 0 8 2  
10  Yakkun 9 3 2 0 4 DNE DNE 0  
11  takkam 8 1 1 3 0 3 DNF 0  
12  HunkyDory 0 DNF 0 0 DNE DNE DNE 0  
13  gole7412 0 0 0 DNE DNE DNE DNE DNE  
 
※DNF:決勝リタイア DQ:失格 DNE:決勝未出走