2010年 F1 第2戦 オーストラリアGP

    2



やはりメルボルンは波乱の多いレースとなりますね・・。今回は予想さえしていなかったマクラーレンの、そしてバトンの移籍後初優勝というレースになりました。それにしても凄いレースでした。やはり雨が降るとレースの醍醐味が大幅に増幅されるのですが、そういう要素頼みでしかレースの面白さが出てこないというのも、少し引っかかる部分ではありますが・・。
それにしても今回のレースはレッドブル勢の圧勝で終わると思っていただけに、ヴェッテルのトラブルは本当に勿体無いですね。昨年以上に信頼性の問題が出ているというか・・。始め映像を見ていた時は、急激に路面コンディションが変わった為のブレーキミスかと思ったのですが、どうやらメカニカルトラブルだったみたいですね。信頼性の問題で25ポイントを失ったのは、今シーズンからポイント制が変わった影響で大きい代償になるかもしれませんが、まだまだアドバンテージはありそうなので、今後の巻き返し(確実に巻き返してくるでしょうが)に期待です。
優勝したバトン、流石にタイヤマネージメントが抜群に上手いだけあって、タイヤを労わった事とピットインのタイミングが全てであったように思えます。勿論ヴェッテルのリタイアという事もありましたが、今回のレースはまさにバトンが優勝する為の要素が揃っていたという感じです。
今回のレースの殊勲はやはりクビサでしょうかね。4強マシンよりポテンシャルが下だと思われるマシンで2位まで持っていったのは流石です。この大荒れのレースの中で生き残った事、そしてミスをしなかった事。これらが2位を得た要素になりましたが、実際それを実行することの難しさはゲームでもレースをやっている私には良く解りますので(笑)。ホントに素晴らしかったですね。
それはそうと、可夢偉のレースは本当に一瞬で終わってしまいました・・。どうなったのか分かりませんが、フロントウィングが脱落してコントロール不能になって他車(ヒュルンベルグとブエミ)に激突。琢磨がジョーダン時代のA1での事故を思い出す感じで、非常に危ういシーンでしたが、誰も怪我が無くて良かったです・・。しかし開幕からどうも運に見放されている感がありますし、デラロサも最後はタイヤがきつくて順位を落としポイント圏外に落ちていくという状況で、想像していたよりもタイヤに優しいマシンでは無いのかもしれません。
フェラーリもアロンソが一時最後尾くらいまで落ちたものの、最終的には3-4フィニッシュまで持っていったのは、ウェバーとハミルトンの事故の影響もあったのですが、、まだまだツキがあるなと感じさせるレースでした。

間髪入れず、来週はマレーシアGPです。マシンのアップデートは期待できない為、まだまだレッドブルの優位が続きそうですが、ライドハイト問題も含め、今後の成り行きが少し気になりますね。


P.S.
IRL第二戦が今晩ありますが、GAORAでは来週日曜日の録画放送とか・・。武藤は勿論、琢磨にも頑張ってもらいたいですね。