2010年 F1 第3戦 マレーシアGP

    6



セパンでは高確率でスコールになる事が多く、予選では大波乱の展開となってしまいましたが、決勝は珍しく?ドライのままで終わりましたね。優勝はヴェッテル。遂に今シーズン初優勝、レッドブル1-2となった訳ですが、3番手スタートから上手くトップに立ちましたよね。それが今日の優勝を決めたといっても過言ではないでしょう。それだけに表彰台でのウェバーの表情は何とも言えない悔しさが滲み出てました・・。それにしても今日のヴェッテルは完璧でしたねー。国際映像にも殆ど映ってませんでしたし(笑)。本当なら75ptを稼いでいたかもしれないヴェッテルですが、ポイント争いは様々な要因から大混戦となってしまってます。勿論今年からはポイント制度が大きく変わっていますので、現状では何ともいえませんけど、結構楽しい状況になってきました。

今レースは新人ドライバーがかなり頑張ったレースですね。ルノーのペトロフも素晴らしかったですし、トロロッソのアルグエルスアリもまさにファイターでしたね。その部分だけでも見ごたえがありました。新人ではありませんが、スーティルがハミルトンを抑えきったのも、マシンのトップスピードの速さもさることながら、ミスをしなかったという点が大きかったでしょう。それにしてもフォースインディアのパフォーマンスがここまで来るとは2~3年前までは想像すらしませんでした・・。

フェラーリの2台は共に予選でミスを犯してしまった訳ですが、アロンソは手負いのマシンでよくあそこまで走らせましたね・・。スタート直後からギアボックスに問題があったみたいですし、国際映像でもコーナー進入時のエンジン音が明らかにおかしかったので、どうなるかと思いましたが。最後はエンジンが壊れたんでしょうかね。最後はブレーキングを思い切り遅らせて飛び込んだ瞬間に後方から火花が上がるのが見えましたが、ギアが息の根を止めたのかなと思いましたけど、右バンクからの煙だったので恐らくエンジンっぽいですが・・。

メルセデスはロズベルグが表彰台を獲得しましたが、まだまだマシン的にはマクラーレン・フェラーリに追いついている感じはしませんし・・。ミハエルはリタイアとなりましたが、リアのホイールナットが無くなってたみたいですので、構造的な問題なのかピット時のミスなのか、その辺りが気になりますね・・。

可夢偉は・・レース以前にマシンの信頼性がかなり低い状態なので可哀相ですね。デラロサはスタートすら出来ませんでしたし・・。今日の展開ならポイントゲットの可能性は十分あったと思いますし、とにかく完走出来る為の信頼性を何とか確保しない事には始まらない感じといいましょうか・・。