2010年 F1 第9戦 ヨーロッパGP

ヨーロッパGPは波乱、そして混乱、そして隊列レース、そして興奮と、様々な状況が起こったレースでしたね。特に序盤のウェバーのアクシデントは、ベルガーに追突したパトレーゼを思い出しました・・・。ああいったアクシデントは死亡事故になる事例もあるだけに、ウェバーが無傷でコクピットから降りた時は本当に安心しました。特にタイヤバリアーに突っ込んだ時のインパクトも結構あったと思いますし、あの状況で過去にハッキネンが大変な怪我を負った事もありましたので、本当に良かったです。レッドブルはこのサーキットでまともに結果を出していない悪いジンクスばかりだったので、今回もか・・と思いましたが、ヴェッテルがしっかり結果を残して今季2勝目。

さて今回は何と言っても可夢偉ですよ!。そのウェバーのアクシデントで一斉にピットインしたマシンですが、可夢偉はピットに入らずそのままコース上に。そのお陰で3位までポジションアップします。勿論別コンパウンドのタイヤ交換しなければいけないレギュレーションなので、レース終了までにピットインしなければいけません。なので、3位以下が大渋滞になるのかと思いきや、かなり良いペースで走り続けます。特にレース終盤にはファステストラップと遜色ないタイムを出していましたので、タイヤの使い方も素晴らしかったのでしょうね。10位を走っていたヒュルケンベルグがリタイアしたので、ピットインしても9位は確定、レース終了の1周前までピットインを引っ張れば、ブエミとアロンソの前に出られる可能性がかなり高かったのですが、チームは終了3周前にピットイン。これにはCS解説陣もそうでしたが、私も「何で!!!!」って感じでしたよ・・。明らかに可夢偉のぺースはブエミ・アロンソを超えてましたから、ファイナルラップ前まで引っ張らないのは何故??と不可解極まりなかったのですが、ここから可夢偉の真骨頂が・・・。フレッシュタイヤを得て一気に差を詰めた可夢偉は、アロンソを残り2周でオーバーテイク。そしてブエミをファイナルラップの最終コーナーでインに飛び込んでオーバーテイク。7位フィニッシュを決めてくれました。

チームとしては、ファイナルラップ直前にタイヤ交換をさせるまでの間にブエミとアロンソの前に出られるかどうかは、何が起こるかわからないレースですし、あえて可夢偉のアグレッシブさに賭けたのでしょうかね。そしてチームの期待にしっかり応えた可夢偉。前回のカナダGPの借りを返したどころか有り余る活躍です。国際映像にも映りまくりでしたし、チームのアピールにもなりましたし、2台揃って完走しダブルポイントゲットとペーター・ザウバーもさぞかしご満悦でしょう。最高に燃えたレース終盤でした。

SC中のペースに問題があるとして、7台のマシンにレース後の審議が予定されており、結果如何では可夢偉が4位になる可能性があります。こちらもどうなるか気になりますが、あまりレース後のコントロールで順位が変動になるのはあまり好きではないんですけども・・。ただ今回のスチュワードの判断はちょっと・・と思える事がありましたよね。ハミルトンのペナルティ(SCを追い越す)にしても結局順位は変わらなかったですし、あれではペナルティと呼べないんじゃないかと・・。

まあいずれにしましても、サッカーといいF1といい、日本が活躍してくれて最高の気分には変わりありません(笑)。

2010年 F1 第9戦 ヨーロッパGP” に対して12件のコメントがあります。

  1. key より:

    こちらは地上波放送終了直後です。
    最終コーナー、あの飛び込みはカッコよかった。
    序盤は色々あったんですが、テレビ放送も可夢偉可夢偉で最後にはすっかり忘れてました。

  2. ビル より:

    こんばんは!今回は興奮しまくりのレースでした。クラッシュの瞬間は本当ヤバイと思い思わず声が出ました。それからの展開には、目を見張る流れでもう、カムイしか見てませんでした。終盤でヒュルケンベルグがリタイヤした時はポイントは確信出来ましたが、まさかタイヤ交換後にオーバーテイクが見れるなんて!ゴールするまでドキドキしっぱなしでした。審議次第ではもしかしたらと言うのもまたドキドキしますけど。いやー見て良かったです!もしかしたらつまらないレースを予想していたので次も期待したいですね!

  3. MVAGU より:

    オプションタイヤでは最後までもたないから仕方なくの作戦だったのでしょうが、上手く機能しましたね!
    僕の計算では最後まで引っ張っても前に出られなかったのと、ミハエルがオプションに履き替えた直後はいいタイムで走っていたので、早めに換えて勝負だ!って思ってました♪
    しかし、今のF1ドライバーであんな走りが出来るドライバーが何人いるんでしょうか?
    カナダのミスなんか忘れちゃいますねw

  4. Randy134 より:

    こんにちは、お久しぶりなコメント投稿です。
    可夢偉がピットせずに3位を選んだ作戦は、奇抜な作戦で面白いなっと思いましたが、まさかここまで結果が良くなるとは思いませんでした。
    予想外なのは、バトンを押さえ込んだことでした。マシーンの性能差から考えると、オーバーテイクされてしまうのかなっと思いましたが、いつまでたっても抜かされず、逆に放して行ってたのが印象的でした。
    そして、アロンソを抜いた時は鳥肌ものでした。
    ハミルトンに関しては、アロンソが激怒してるとかなんとか。
    「ルールを守った僕が9位で、守らなかったハミルトンは2位になった」
    確かに、これではルールの意味がないなと思いました。

  5. Kinnan より:

    こんにちは、Kinnanです。
    今回のレースは「カムイ、良くやった!!」この一言につきます。
    本当今回は素晴らしかったですね。前戦の不甲斐ない一戦の鬱憤を晴らし切ってさらにお釣りを貰うような活躍振りでした。
    こりゃあ今夜のワールドカップも合わせて日本の活躍から目が離せませんね。
    さて、カムイの輝かしい戦いぶりの陰に隠れて忘れてしまいそうですが、今回はレッドブルがあまり得意でないコースであるにも関わらず、見事予選1-2を獲得してみせましたね。次どうなるかはわかりませんが、レッドブル勢は再び戦闘力を取り戻したと言って良いのではないでしょうか。
    とは言え決勝はウェバーが2番手からスタートの混乱に巻き込まれて9番手に後退、その後コバライネンに接触し、近年稀に見る大クラッシュを喫して散ってしまいました。一様ベッテルはポール・トゥ・ウィンを決めてくれましたが、レッドブル勢も手放しで喜べる結果とはいかなかったのではないでしょうか。
    とにかく、カムイも頑張って来てますます面白くなって来ました。次戦も目が離せません。
    それにしても今年は毎戦のようにいろんなことがあって本当面白いですね。今考えると2007~2008年の退屈なシーズンは一体何だったのかと思ってしまいます(笑)。

  6. たー より:

    カムイは凄い頑張りでしたねー、ラストは新品ソフトタイヤならではのツッコミでしたから、半分は計算通りで半分は期待以上でしょうね。
    それにしてもセイフティカーは毎回つまらない問題が出てきますね。何故1位の前で必ず入らないのか不可解ですが、あの微妙な状況ならペナルティよりも流して走っても20秒以上の価値は絶対にありますから、アロンソ、マッサもハミルトンに付いて行くべきでしたね、黄色信号は行っとけ赤信号になっても3秒は大丈夫なんだし(笑)
    綺麗ごとだけじゃ勝負の世界は生き残れないのは知ってるはずなのに、アロンソは最近綺麗すぎ、ハミルトンぐらいやらないと(笑)

  7. SYORI より:

    keyさん、おひさしぶりです。お返事遅くなりました・・。
    最終コーナーの飛び込みはチェッカー後のリプレイで映されましたけど、最終コーナーを可夢偉がブエミの前で立ち上がってきた時は感動しましたねー。
    国際映像も可夢偉を映しまくってましたし、このレースは可夢偉のキャリアでターニングポイントとなるべきレースになって欲しいものです。ペーター・ザウバーは可夢偉と契約したのは正しかったとえらい褒めようでしたが(笑)、この調子を残りのレースでも見せてもらいたいですね。順位はともかく魅せるレースを何回か繰り返せば、きっと明るい未来が待っているような気がします。

  8. SYORI より:

    ビルさんどうもです。お返事遅くなりました・・。
    あのクラッシュは本当に危なかったですね。一番危険な状態でしたので怪我が無かったのが何よりです。可夢偉に関しては世界中で評価されてるだけに、この調子で頑張ってもらいたいですよね。7位でも優勝するより注目されるというのは素晴らしいと感じますし。
    F1公式サイトの「THIS WEEK'S POLL」というアンケートもヴェッテル、ハミルトンを抑えて可夢偉がトップですからねー。素晴らしいです・・。

  9. SYORI より:

    MVAGUさんどうもです。お返事遅くなりました・・。
    ラップタイムペース的には大きな落ち込みがありませんでしたし、個人的には最後まで引っ張ったら前に出れたのかもしれませんが、周回遅れの絡みでもし前に出られなければファイナルラップのみの勝負では前に出られない、という判断だったかもしれませんが、MVAGUさんが仰るようにミハエルのタイムを見て早めに入れるという判断を行った可能性は十分にあり得ますねー。しかし、その後しっかりとチームの期待に応える走りを見せれたというのが更に素晴らしかったですよね。万が一あれでクラッシュでもしていたらとんでもない事になってたかもしれませんけど;;。

  10. SYORI より:

    Randy134さん、お久しぶりです。お返事遅くなりました・・。
    ザウバーは戦略を2人で分けたようですが、これが可夢偉にとって追い風になりましたよね。私自身も3位で再スタートした後は、可夢偉の後方が大変な渋滞になると思ってましたけど(笑)、バトンが抜けなくてイライラするような状態でも無かったですし、むしろ若干ずつ差が開いていくような感じでしたからねー。それでいてハード側タイヤとはいえ、あそこまでタイヤを温存しつつ素晴らしいラップタイムで走り続けていた訳ですし、昨年のトヨタで走行した時もそうでしたが、可夢偉のタイヤマネージメントの上手さは一級品と言わざるをえないですね。しかし可夢偉はバトンと何かと縁がありますよね(笑)。

  11. SYORI より:

    Kinnanさんどうもです。お返事遅くなりました・・。
    可夢偉、カナダGPの時の借りを返してオツリが来るくらいの活躍でしたね。次戦はザウバーのマシンと相性が良いと言われてるシルバーストンですし、非常に楽しみです。
    レッドブルも勢いを復活させてきましたね。マクラーレン有利と言われたこのコースでレッドブルが勝ったのは結構大きな意味があるかもしれません。フェラーリも決勝はSCの影響で下位に沈みましたが、戦闘力は上がってきていると思いますし、3強がこの後どうなるかでしょうか。メルセデスは今回ぱっとしませんでしたが、新パーツの設計ミスもあったようですし、巻き返してくれるでしょう。なにはともあれミハエルの表彰台を見たいですねー。

  12. SYORI より:

    たーさんどうもです。お返事おそくなりました。
    可夢偉のラスト3周はフレッシュタイヤが大きな役割を果たしたのは事実でしょうが、それ以上に「抜いてやる」という信念が無ければ、あそこまでズバっとオーバーテイクは出来ませんからねー。抜きにくいとい言われるこのコースで2台抜いて順位を上げたというのは、素晴らしい事であると同時に、ファイターである可夢偉を改めて魅せてくれた、そして、タイヤマネージメントもしっかり出来る非凡な才能も見せつけてくれた、という2重のスーパーな部分を世界中にアピールしたんじゃないかと思っています。
    セーフティカーのレギュレーションはだんだん難解になってきていますよね;;。今回の件も話し合いを持つみたいですけど、ハミルトンもわざとやった訳ではないでしょうけど、結果オーライになりましたからね(笑)。確かに仰るとおり、この世界は上に居る奴が偉い訳ですし、綺麗事だけではダメですね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です