2007年 F1 マレーシアGP

早くもマクラーレン+アロンソがやりましたね。 冬のテストであれだけ強かったフェラーリ+マッサでしたから、マクラーレンがこれほど力強い走りで勝つなんで、想像もしていませんでした。特に開幕戦でのマッサの不運がありましたし、代わりにライコネンが優勝した関係で、今度はオレの番!とマッサもかなり気合が入っていたと思います。予選を見てもそれは明らかでしょう。フェラーリは数戦様子を見て、ファーストドライバーを決める方針のようなので、ここで勝つことは今後のチームのサポートにも影響があるでしょうから。しかし勝てませんでしたね・・。ハミルトンが殊勲の2位、ライコネンはきっちり3位とポイントを稼ぎました。しかし今回はマッサが先行できず、ハミルトンに捕まった故の結果であり、まだフェラーリの力は上だと思います。新型パーツが投入しにくい2週連戦となる次戦バーレーンGPでは、やはりフェラーリ優位は変わらないでしょう。

さて、今回はやっぱりハミルトンですね。見所がそれほど多くなかった今回のレースですが、序盤の攻防は素晴らしかったです。スタートもフェラーリを抜いてワンツー体制を築いたかと思えば、マッサをベテランのようなブロックラインやクロスラインで抜き返すなど、どっちが経験者なのか分からなくなるような展開で抑え込むシーンは、本当に印象的でした。
勿論幼少の頃からレースをしていて、全てのカテゴリーでチャンピオン経験を持ってF1に上がってきているので、キャリアは長いし経験豊富かと思いますが、あれほどのレース展開を出来るとは、物凄いことだと思います。しかもシーズンで一番キツいと言われる高温多湿のマレーシアGPで、ミスらしいミスもなく2位を守りきっているのですから。チェッカーを受けた後、無線会話を川井ちゃんが解説していましたが、2位でもそんなに嬉しくないみたいなんですよね。開幕戦と今レースで3位、2位、ときましたから、次は勝ちたいといってたようです。その辺りが大物を感じさせるところですよね。お父さんがパルクフェルメで涙を流しながら息子を見ていたシーンは感動的でした。ホント嬉しいんでしょうね・・。

マッサはあのコースアウトが全てでした・・。確かにあそこで無理してでも抜かなければアロンソに逃げられてしまうし、明らかにペースは速い感じでしたので焦りもあったのでしょう。が、チャンピオンになるべくしてなる人は、ああいうところでの重要なところでは、決してミスを犯さないんですよね・・。あのミスのお陰でハイドフェルドの後ろにつかまり、結果最後まで抜く事が出来ませんでした。こういうのは非常にもったいないですし、チームの流れにも左右してしまいます。速さは十分あるのですが、チャンピオンを目指す為には独走で勝つだけではなく、後方から抜き上がってくるというレースもモノに出来なければいけないと思います。
逆にハイドフェルドは、マッサのプレッシャーに負けず4位をゲットしたのは素晴らしいですね。BMWザウバーの戦闘力は冬のテスト通りかなり良いペースですし、クビサは不運が続いていますがBMW勢が2強の一角を崩したと言う事は十分価値があります。来年のシート状況で色々言われていますが、苦労人だけに頑張って欲しいです。

ホンダは今回も散々たる結果でした・・。RA107の空力的問題はかなり深刻なようですね。噂では、フロントウィングの角度を上げてコーナーを良くしようとしても全く変わらない、トップスピードすら同じまま、といった状況のようです。こうなると何をして改善すればいいのかすら分かりませんよね。違いが出ないのですから。LTでずっと見ていましたが、バトンにしてもレースペースに非常にバラツキがありました。概ね39秒台とSAF1勢と変わりませんでしたが、突然38秒台に入ったりとおかしなペースでした。燃料が少なくなってだんだんと速くなっていくという感じではありませんでした。深い迷路に入り込んでいる感じですし、新型風洞での計測が根本的に間違っていたまま設計してしまったという、にわか信じられない噂もあります。
SAF1に対して「去年のホンダだからウチより速くて当然!」とバトンが失言してしまったという話もあったりで、完全に迷走状態ですが、現在あのロス・ブラウンをホンダがスカウトしていると言う話もありますし、このまま終わるとは思えません(思いたくないですし)。栄光の日々を取り戻す為、頑張って欲しいです。

SAF1勢は惜しいレースでした。琢磨とトロロッソ間でイザコザがあったのか、順位を大きく下げて追い上げたものの13位。デヴィッドソンはインフルエンザの病み上がりということで、マレーシアのコンディションではあれが目一杯だったでしょう。琢磨に関しては2回目のピットインの前まではホンダ勢に対してどんどん差を縮めていっていたので、コレはピットインのタイミングでは抜けるのでは?と思ってました。しかしピットインで7~8秒くらいロスしたと思います(LT上での確認)。あれで団子状態の9位集団の後ろに埋もれてしまいましたよね・・。レースペースは悪くなかっただけに非常に勿体無かったです。ピットクルーも今年は昨年以上に頑張ってほしいです。去年後半はそれほどピットミスは無かったんですけどね・・。また、スタート直後にアクシデントを起こして後方に落ちるという、琢磨の悪い部分も見えてしまいました。この部分だけは見ている側として、とても体に悪いので(笑)、スタート直後は慎重にいってもらいたいです。

次戦は2連戦後半のバーレーンGP。今から楽しみです!

2007年 F1 マレーシアGP” に対して2件のコメントがあります。

  1. こんにちは。
    録画してまだ最初の方しか見ていないのですが、
    ハミルトンのルーキーらしからぬ走りには
    正直びっくりしまくりでした。
    それに比べて、
    SYORIさんのおっしゃる通り、
    マッサは・・・(苦笑
    去年のあの輝きのイメージが一瞬で
    かわってしまいましたよ・・・
    あとはホンダ。
    色々と大変そうですね。
    僕はあの地球カラー、
    何で日本が中心に来ないのかだけが気になっています。笑
    あとは何も言うことはありません・・・
    スーパーアグリにはかなりの期待を持ってますので、
    いつかは必ず表彰台のてっぺんに来ると本気で信じてます!

  2. SYORI より:

    >いんぷれっささん
    どうもです。ハミルトンは本当に素晴らしいですね。ビックリしまくりですよね(笑)。2007年マクラーレンの正ドライバーに決定したとき、私はどちらかと言えばロン・デニスの判断に懐疑的だったんですよね。いきなりトップクラスのマシンで走らせることは、本人にとってはチャンスであると同時に、キャリアをブチ壊す可能性も秘めているわけですから。やはり近くで見ていたロン・デニスの目には、十分レースドライバーとしてやっていけるという風に見えていたんでしょうね。
    マッサは速さがあるだけに勿体無いです。去年ミハエルとペアを組むと決まったとき、誰もが一年での使い捨て(言い方悪いですが・・)だと思ったのではないでしょうか。それくらい印象は薄かったのですが、去年2勝と予想以上の活躍でしたし、ミハエル引退後はライコネン共々現時点ではジョイントナンバーワン扱いですし、今年は冬テストから絶好調でしたから、本当に彼にとっては最高のタイミングで最高のチーム・マシンに乗っている訳です。運はF1の世界で絶対に必要な要素ですから、今マッサは間違いなく運を掴んでこの場所に居るんですから。それを逃して欲しくないですよね。恐らく母国ブラジルでは、バリチェロよりマッサの方に人気が集まっていると思いますし、セナ亡き後のブラジルを背負って頑張ってもらいたいと思ってます。
    ホンダは、ホント大変ですね・・。何とか巻き返して欲しいと思います。日本は左サイドポンツーンの付近に書かれているそうですが、小さいですから判別不可です(笑)。バーレーンGPでは殆ど今レースと同じ状況ですから、また後方に沈みそうですが、ヨーロッパラウンドからは巻き返して欲しいですね。
    SAF1、今期は前半でポイント獲得のチャンスがありそうなんですが、レースでは今一つ上がっていけないですね。マクラーレン・フェラーリで4台は占めるでしょうが、BMWは信頼性が今一つ、ルノー・トヨタがポイント圏内付近を争う感じなので、荒れたレースなら8位以内に入れそうな気がするんですが、シーズンも進むと信頼性も上がりますし、ホンダやレッドブルあたりも上がってくるでしょうから、SAF1のマシン開発次第といった感じですね・・。でも、2008年以降は楽しみです!。そんな日が来たら泣くでしょう(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です