2007年 F1 アメリカGP

ハミルトンの見事な連勝でしたね。今季3度目のワンツーを飾ったマクラーレンは、ある時代を思い出させてくれます。マクラーレンが後続を離して2台だけで戦うといったシチュエーション。そして、中盤の2台での一騎打ちバトル、レース終盤まで1~2秒差以内での緊迫した精神戦。1988~1989年のマクラーレン時代のあの二人を思い出すのは私だけでしょうか。ハミルトンを唯一抜くチャンスがあった中盤のストレートのシーン。あの時はタイヤ選択からアロンソがタイムを伸ばせる状況だったので、抜けないのはフラストレーションが溜まっていたでしょう。翌周のメインストレートでピット方面に思い切り寄せていきましたが、色んな思いが複雑に絡み合った中でのアピールだったのかもしれません。表彰台では仲良さそうにしていた二人ですが、アロンソの真の心中やいかに。
今回もハミルトンは全くミスを犯しませんでした。完勝といっていい内容でしたが、今後ハミルトンが後方から追い上げるシチュエーションを見てみたいですね。でも、ハミルトンの真骨頂が見れるのは、後方追い上げの際の凄まじい速さみたいですね。早くそんなシーンを見てみたいです。

レース展開そのものは各所でバトルもあって面白いシーンもありました。その中でフィジケラのパフォーマンスが良かっただけに1コーナーで大きく順位を下げたのはもったいなかったですね。十分ポイント圏内でゴールできていたでし、チームメイトのほうがここ最近好調の波に乗れてきているので、つくづく彼の不運に言葉を失います・・。
フェラーリ2台は久々に2台上位完走でしたね。終盤の2人のバトルも見ごたえありましたし。しかし序盤戦にあった速さは完全に身を潜めてしまいましたね。というよりもマクラーレンの開発速度がフェラーリより勝っているといったほうが正確でしょうか。優位になるだとうと予想されていた北米2ラウンドが完敗ですからね。これは開発のスピードを上げていかないと、このままマクラーレンに逃げられるでしょうし、シーズンそのものも面白さが少なくなりますので(ある意味面白いのですが)、フェラーリにはシーズンを盛り上げる為にも頑張ってもらいたいですね。

あと今回特筆すべきは、クビサに変わってBMWで初レースとなったベッテルのパフォーマンスです。去年のモンツァGPの記事でここでも書きましたが、あの時もトルコGPでフリー2トップ。イタリアGPのフリー1/2もトップタイムを出している19歳の若きドイツ人です。ミハエルの支援を受けてフォーミュラBMWデビューした経歴ですが、昨晩のCSでは面白い話をしていましたね。F1デビューした新人で予選7位になったドイツ人って誰か分かる?って川井ちゃんから聞かれて、「そんなの分からないよ。その時まだ小さかったから」って答えたそうですね(笑)。勿論本人は分かっているはずですが、はぐらかしたようです。勿論その後、「もしその人と同じだというなら、決勝はマシントラブルで止まるから嫌だな」って言ってましたので(笑)。
1991年、ジョーダンチームのガショー(使用禁止のイギリスで催涙スプレーを使い逮捕されてしまった)の代わりにF1デビューを果たしたミハエル・シューマッハは、デビューレースでいきなり予選7位。今回のベッテルも奇しくも予選7位でしたね。決勝はミハエルがトラブルで半周も走れずリタイアとなりましたが、ベッテルは見事チャンスを掴み8位1ポイント獲得。この時点でミハエルに勝ちましたね(笑)。しかし、この当時ベッテルはまだ3歳だったんですよね・・。時の経つのを改めて実感してしまいます。
しかしベッテルもそうですし、クビサやハミルトン、ロズベルグなど若い世代がどんどん台頭してきましたね。ハミルトンは別格としても、この中ではベッテルが一番可能性がありそうな気がします。昨年のフリー走行時の速さや、今回の結果を見ても必ず将来頭角を現してくるでしょう。

さて、歓喜に沸いたカナダGPから1週間。SAF1は琢磨に関しては今回残念な結果でした。というよりは、今回のUSGPは琢磨にとって、最初から終わりまでずっと流れが良くなかったですね。予選ではターン1でのミスでQ1落ちしてしまいましたし、決勝ではオーバーテイクを見せて順位を上げていったのですが、これも琢磨のミスだと思いますが、アウト側に膨らみすぎてスピンオフ。そのままグラベルから脱出できずにリタイア。ここ最近では殆ど見なくなった琢磨自身のミスでレースを終えましたね。しかも残念なのは、リタイアする前にイエロー区間の追い越しがあったという事でペナルティが出ていた事です。恐らく1コーナーのアクシデントのあと数周イエローが出ていましたので、その時にどこかで追い抜きがあったのだと思いますが、これまた珍しいです。今宮さんも言ってましたがこの辺りは非常に慎重に見ている琢磨ですので、何らかの本人の誤解があったのかもしれませんが・・。
何にしても、これで順位は大きく下げてしまうな、と思った矢先にスピンリタイアでしたので、ペナルティもクソもないな・・とガッカリしていましたが、そのペナルティを今レースで消化しなかったので、その分を次戦繰越にされてしまいましたね・・。予選10グリッド降格です。これは非常に痛いです・・。Q3に残ったとしてもほぼ最下位辺りの予選となってしまいます。しかしこればかりは仕方ありませんので、気分を切り替えて頑張って欲しいと思います。
デヴィッドソンは今回良いレースでポイントこそなりませんでしたが、11位完走。ずっとバトルしているような接近戦の中、終盤にバトンをターン1でオーバーテイクしたのはSAF1にとって唯一の見所だったのではないでしょうか(笑)。アレはなかなか見ていて気持ちいいパッシングでした。ホンダ陣営にとっては複雑だったでしょうが・・。

2007年 F1 アメリカGP” に対して8件のコメントがあります。

  1. いんぷれっさ より:

    こんばんは!
    いや~、ホントにハミルトンすごいですね~。
    アロンソをブロックするシーンなんてびっくりしました!
    本当にコレからが楽しみですね~。
    さて、我らが琢磨ですが・・・
    本当に残念でしたね。泣
    次回のレースにペナルティ持越しは
    相当重い部類に入るんじゃないでしょうか。
    次回も、素晴らしいオーバーテイクが見たいです。
    そういえば、今日、塾のフリースペースで友達と暇していたとき
    レッドブルの缶の形したリュックを背負ったおねーさんが二人・・・
    何かと思いきや、レッドブルの無料配布でした!!
    友達はレッドブルを知りませんでしたので、
    「レッドブル不味いから飲まないほうがいい!!!」
    と、おねーさん達を追い返してあげました笑。
    だって、スーパーアグリの直接のライバルが、
    儲かっては困りますからね笑

  2. myst_stream より:

    こんばんは。
    昨日もリアルタイムで見ようとテレビの前にスタンバイしてましたが、
    いつの間にか寝てしまってました。気が付いたら4時過ぎ。
    見るつもりだったので録画もなし。最悪だぁ!
    それにしてもハミルトンすごいですね。
    個人的にアロンソは好きではないですが、マクラーレンが大好きなので
    がんばってほしいです。

  3. いやぁ・・・
    ハミルトンさすがですね~
    でもなんだかハミルトンがルーキーということを忘れかけているのは俺だけ・・・・・・?
    ハミルトンとミハエルのバトルもみてみたいような気もしますね。
    チーム内のバトルって本当に難しいですね。
    下手すれば巻き添えってことになりかねませんし。
    チームオーダーを疑われちゃったりすることもありますし。
    琢磨も残念でしたけど、デビッドソンのオーバーテイクは興奮しました!
    そろそろ彼にもポイントを取らせて上げたいですね。

  4. SYORI より:

    >いんぷれっささん
    どうもです。ハミルトン、ホント凄いドライバーですね。去年ハミルトンで決定したときにロン・デニスの決定に少し疑心暗鬼だった私は反省しなければいけません(笑)。既に風格すら漂ってきてますからね・・・。
    琢磨のペナルティですが、なんだか解釈の違いがあるみたいで揉めてるようですね。琢磨は最終コーナーから立ち上がってきた時にバトンが後方からスリップに入ってきて、メインストレート上で横並びになり少し前に出たようです。で、1コーナー付近でバトンが自ら下がっていった(恐らくイエロー区間の追い越しでぺナを受けると思ったのでしょう)のですが、オフィシャル的にはバトンがストレートで抜いたので、「バトン前・琢磨後ろ」と判断したようです。で、バトンが引いたのに琢磨が実質前に出てしまっているので、琢磨がオーバーテイクしたという解釈になっているようです(笑)。LT上や公式オフィシャル計測では1周目終了時の順位では琢磨が前なんですけどね・・。なので、今回のペナルティは明らかにおかしいと思いますし、次戦繰越のペナルティなんてそれ以前の内容ですよね。公式に抗議しているようですが、覆るかどうかは不明です・・。
    レッドブル、今凄い勢いで日本に侵攻してきてますね(笑)。CMでも宮本や三都主が出てガンガン放送してますし。飲まない方がいい!と言った話には笑えました(笑)。さすがSAF1ファンですね(笑)。

  5. SYORI より:

    >myst_streamさん
    どうもです。今回は私もレース途中で激しい睡魔が襲ってきましたので、必死で見ていました。過去に何度かそんなパターンで誰が勝ったか分からないレースを経験していますので(笑)。
    アロンソってあんまり人気ないですよね(笑)。日本ではやはりああいったタイプのドライバーは受け付けないのかもしれませんね。スペイン人ってああいった感じの人が多いと思いますが、そういえばウチの嫁もアロンソは好きじゃない!っていってます(笑)。

  6. SYORI より:

    >シルバーアロウズさん
    どうもです。いや、ホントにハミルトンがルーキーだと思って見れていない私がいますよ(笑)。あの戦いぶりはどう見てもルーキーとは思えませんからね。落ちついているしミスもありませんし。むしろアロンソのほうがミスが目立ってきていますし、凄いシーズンになってきてますよね。
    今シーズン、ミハエルが居たらどんなシーズンになっていたでしょうね。それも見てみたかったなってコメント読んで思いました。これだけ速い2人が居たらチーム運営は大変かもしれませんね。ロン・デニス自身、セナ・プロスト確執が起こった1989年は、エネルギーの大半を2人の関係修復に費やしたと述べていましたし、そんな事が起これば大変な事になりそうです。
    デヴィッドソンはテストドライバー時代で苦労していましたし、ようやく掴んだレギュラーシートの座ですから、何とかポイントを取って欲しいですね。そして琢磨と同じようにチーム全員で祝福してあげて欲しいと思います。

  7. nao06 より:

    こんにちは!みなさんが、おっしゃるとおり、ハミルトンが新人だとは思えない位の活躍ですよね。アロンソよりも若干速く、安定してる気がしちゃうので、すえ恐ろしいです。
    ミハエルが引退して、アロンソ時代の本当の幕開けかなと思ってたら、やはり速い人がでてくるんですね。
    今回は琢磨にとっては辛いレースになりましたけど、デビッドソンのオーバーテークにはしびれました!琢磨の次戦の予選は期待できませんけど、頑張って欲しいです!

  8. SYORI より:

    >nao06さん
    どうもです。ほんとそうですね、ハミルトンが新人である事を忘れるくらいの活躍を見せていますよね。でもカートからF3、GP2まで全てチャンピオンを獲得してますし、当時を知る関係者はハミルトンのこの活躍に別段驚いていないみたいですから、下位カテゴリーでも相当印象的な走りを見せていたんだと思います。私も今年はアロンソとライコネンの2強激突を予想していましたが、全く違う展開となった今シーズンに驚いています。
    SAF1の次戦は琢磨のペナルティがどうなるかによって変わるかと思いますが、頑張って欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です