ライコネン フェラーリ離脱?

こんな噂が出てきているようですね。勿論信憑性の程は「?」が付くと思いますが・・。ミハエルの後継者として高額な移籍金でフェラーリにやってきたライコネンですが、今のところオーストラリアGP以外で目立った活躍をしていないという事で、引退したミハエルがライコネンの後継者になるという選択肢もある、という思わず笑ってしまうような話も出てきているみたいですね(笑)。
実際にはアロンソやニコ・ロズベルグ辺りが候補になっている、という話ですが、アロンソにしてもミハエルにしても、かなり無理のある話です(笑)。この辺りは琢磨がトヨタ移籍?というニュースと同様に、ライコネンに危機感を煽って奮起させる、という意図があると思いますけどね。

もしライコネンが離脱するとして、ライコネンはどこに行くのか?。ラルフの代わりにライコネンを呼ぼうとトヨタが考えているという噂です。しかし幾ら噂とはいえ、ドライバーを高額で引き抜いてもマシンが悪ければどうしようもないですから、もう少しお金の使い道を考えた方が良いかと思いますよね・・。今シーズン散々なラルフにも物凄い額の給料を払っていますから・・。まあそれはホンダにもいえることですが・・。

ライコネン フェラーリ離脱?” に対して2件のコメントがあります。

  1. nao06 より:

    こんにちは。
    ストーブリーグ情報色々でているようですね。たしかに??って感じの噂がありますよね。どうなるのかわかりませんが、それぞれのドライバーの今後の結果などでなにか起きそうな感じがします(笑)

  2. SYORI より:

    >nao06さん
    どうもです。ほんとストーブリーグならぬプールリーグ真っ盛りですね。この時期の噂は?っていうのが多いですが、過去の経験から火の無いところには煙は出ない、という感じで明らかに意味の無いデッチ上げという情報は無いと思います。真意は別として、その情報が出ることによって得する人間と損する人間が必ずいるからこその情報なんだと思いますので、そこからいかに真意を掴むかですねー。それを考えるのがまた面白いんですけどね(笑)。
    ただここ最近噂が絶えないラルフ辺りはいよいよ来期の去就が注目ですね。何も起こらずにトヨタ残留はまずありえないと思います。ただ予想外だったのは来期ホンダがバトン・バリチェロで継続か?という話ですね。バトンは長期契約なのですが、バリチェロは今季一杯の契約だったので、今シーズン限りで引退か?という噂が多かったので、その後釜をテストドライバーのクリエンが狙っていたというのがありました。SAF1も現ラインナップで継続という噂ですし、その辺りのホンダグループ(笑)の動向も非常に気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です