GTR2プレイ記8 Sepang

久々に深夜鯖のレース記をアップしたいと思います。ただ、今回は懺悔の意味を込めてです(読んでもらえれば理解できます;;)。
さて、今回のコースはSuperGTやF1でもおなじみのセパンサーキット。コースは走った事が無かったので、30分ほどセッティング出しの為に予行練習を行いました。始めはコースアウトばかりでしたが、ある程度コースを覚えてきてそれなりに走れるようにはなってきました。ただどれくらいのタイムが出れば上位グループと対等に走れるのかサッパリ分かりませんでしたので、ある程度走ったところで切り上げて、サーバーに入る準備に取り掛かります。走った感覚ですが、高速コーナーもあって結構攻めごたえのある楽しいコースだなという印象でした。

さて早速サーバーに入り、挨拶を済ませたら練習の続きです。予行練習では2分4秒台が出ていましたがさてどうなることか。フリー走行では5秒フラット付近が出ましたが、コースが混雑していてなかなかクリアラップが出ませんでした。しかしこのタイムがなかなか抜かれず、もしかして意外と良いタイムで走れているのか?と思いつつ、周回を重ねます。結局このまま1位(だったと思います)でフリーは終了。これはイケル!と思いました(笑)。

予選では出来るだけクリアラップを・・と思い速攻でコースインしましたが、案の定なかなかクリアラップが取れず半分が終了。その時点で5番手くらいだったかと思います。トップは3秒中盤くらいまで来ています。しかし、このゲームの特徴として、フリー走行と予選のゲーム内時間がちゃんとリアルに作られているため、フリーのときよりも気温や路面温度が上昇しているようで、予選の方がタイムが出やすいようです。残り4分くらいでようやくクリアラップが取れ、自分でもビックリの3秒フラットが出て、7月下旬以来通算3度目のPP獲得です。決勝はアドオンコースなのでローリングスタートではなく、スタンディングスタート(シグナル青でグリッドから一斉にスタート)なので、不安を覚えつつスタートを待ちます。

久々のPPスタートに緊張の私・・。

シグナルブルーで一斉にスタート。ホイールスピンもせず、まあまあのスタートが切れました。

インを守るため、若干イン寄りにラインを保ちつつ1コーナーに侵入していったのですが・・・

ブレーキングを何時も通りのポイントまで遅らせてしまったので、タイヤが冷えている影響からアウトに膨らんでしまいました。インから抜かれてしまいそうです・・。

焦ってアクセルオンのタイミングを早まってしまい、リアがスライド。もうこうなったら止められません・・。whitekumaさんのリアにヒット。すいませんでした・・。

TOSHIROさんのオンボード。横向きに吹っ飛んできた私が目の前にいきなり現れます。止まりきれずに私の横っ腹に激突。ホントすいませんでした・・。

スピン状態の私を避けようと、コースアウトしていくRyo-Maさん。ホントすいませんでした・・。

これ以上の被害が出なかったのが幸いでしたが、私の混乱が元か、写真上部に見える左コーナー先でも多重衝突が発生していました。

ヨロヨロとコースに復帰するものの20番手くらいまで落ちてしまいました。

気を取り直しつつ順位を挽回していきます。アチコチで混乱があったお陰で13番手くらいまで順位を復帰させることができました。

先頭集団との差はまだストレート1本分未満なので、ここから気合いれればまだ挽回のチャンスはあるかも!?と、頑張って走ります。

しかし、気合が空回りしすぎて・・・

あちこちで・・・

やっちゃいまくりで・・・

もうグダグダです(笑)。

更にもうイッチョ;;

何とかゴールしたものの、久々に酷いレースでした・・。

リザルトです。

------------------------------------------------------

まさに今回のレースは懺悔しなければいけないくらい、スタートで混乱させてしまいました。PPスタートから逃げ切りファステストも狙った完全勝利を狙っていただけに、見るも無残な結果でした・・。重ね重ねご迷惑をお掛けした方々には申し訳なく思います・・。

今回このコースを走ってみて、低速コーナーや高速コーナー、そして長いストレートと退屈しない面白いコースだと改めて実感しました。ただあの1コーナー付近は嫌いになりましたが(苦笑)。

関連記事:「GTR2 参戦記録」
http://www.pushpushpush.net/archives/2007/07/30180752.php

GTR2プレイ記8 Sepang” に対して4件のコメントがあります。

  1. TOSHIRO(TOSHIRO1046) より:

    おはようございます。
    アウト側に膨らんでいったのが見えていたので突然目の前に戻ってきたのにはビックリしました(笑)。昨晩は残念な結果でしたが、またBrnoの時のような熱い戦いをしましょう!。

  2. SYORI より:

    >TOSHIROさん
    どうもです。昨晩はお疲れ様でした。1コーナーは完全にブレーキングポイントを誤りました・・。といっても通常のタイヤ温度・ブレーキ温度では問題ないポイントだったんですが、インに飛び込まれるのを防ぎたい気持ちと、前に誰も居ない状況だったので、奥まで我慢してしまいました;;。
    スピンしながらトップ集団の方に車が飛んでいったので、もう泣きそうな気分でした・・。ほんとすいませんでした。後からリプレイみて更に泣きそうでした(笑)。
    ブルノのバトルはホント楽しかったです。クロスラインの応酬で後からリプレイ見てもかなりアツい走りでしたよねー。結局その後は追いつけずどんどん離されてしまいましたが;;。またあのような走りが出来るよう、頑張ります!。

  3. ANI16 より:

    こんばんは!今回のは読んでて胸が苦しくなりましたよ(笑)対戦格闘ゲームだと相手倒してナンボの世界ですが・・実際にレースゲームの対戦となるとワンミスが命とりになるんだなぁと感じました・・他車に影響がなければ落ち着けるんでしょうけど、接触とかあると精神的に落ち込みますよね!でも、こういうのがあるのもレースですからね!次回は1位を狙って頑張って下さい!!
    GTHDCは最近ヤル気がなくなりつつあったので、今週は原点回帰でエボ9走ってます!やはり最高に走りやすいです!エリーゼ・インテR等で苦戦しましたが・・やはり自分は4WDがあってるみたいです(笑)

  4. SYORI より:

    >ANI16さん
    どうもです。今回は大変厳しいレースでした;;。ある程度の順位は、ワンミス(コースアウトなど)があっても取り戻せたりするんですが、トップグループに追いつくのはかなり至難な業です・・。車をかわしながら前に上がっていかないといけないですし、なかなか自分の思い通りの走りが出来なくなってしまいますからね。でも、そういうのも含めて人対人のレースって面白いんだと思います。GT5プロローグではホント皆さんと走って楽しみたいですね!
    GTHDCのエボ9走られているんだなーと思いつつ、何気なくGTHDCさんのランキング見ると・・おお!私のタイムをブチ抜いているじゃないですか(笑)。しかもtrek450さんと激しい1位争い!。やはりエボオーナーのANI16さんはエボでタイムを出されると妙に納得してしまいます!(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です