7戦中6勝 - 2009年 F1 第7戦 トルコGP

いやいや・・もう強いを通り越して神懸かってますね。強さもそうですが、運やツキすら何もかも見方しているような雰囲気です。8月にはチャンプ決定だろうと言われていますけど、今シーズン前に騒がれていた「優勝回数で決める」方式だったら7月に決まってたかもしれませんね。それくらい今のバトンはノリにノってる感じです。多少のトラブルがあっても最終的には勝つんじゃないか?という位でしょうか。今シーズン初めてレース中に睡魔が襲いました(笑)。
今シーズンは退屈なものになるかと思われがちですが、やはり見どころはこれからもあるでしょう。特にレッドブルの躍進は確実ですし、ブラウンGPはFOTAとFIAでトラブってる予算制限案のとばっちりを受けてスポンサーの交渉が出来ないみたいな状況なので、今シーズンの開発次第ではレッドブルがブラウンGPを凌駕するところまで見れるかも・・ですね。マクラーレンはもはや風前の灯ですし、フェラーリがどれくらい復調してくるかですが、今シーズンは完全にブラウンGPとレッドブルという2強が最後まで争ってくれるような感じです。チャンプ争いとは別の次元で。
それにしてもバリチェロはツイてませんね・・。今回も最悪表彰台は確実だったと思われますが、クラッチトラブルやなんやかんやで結局リタイアですし・・。レース前にロス・ブラウンのところでホントにチームオーダーは無いかどうかを確認しに行ったという事ですが、何と言いますか、もはやそういう次元の話ではなく、チャンピオンになる為に必要な「運」の要素を決定的に持ち合わせていないドライバーだったのかな・・って思います。速さは申し分ないんですけどね;;。
それと、中嶋のツキの無さも何とかしてもらいたいものです。今シーズン初入賞は確実だなーと思って見てましたが、ピットでまさかの大幅ロス。あれはホント可哀想でした・・。初ポイントはいつになるんでしょうね。
最後に。FOTAとFIAの争いはだんだん泥沼化してきてますね・・。ついにドライバーの離脱発言も飛び出してきましたし、この問題の落とし所はどこにあるんででしょうか。3年かかって段階的に予算を落としていきたいFOTA側、翌年から直ぐ実行したいFIA側、そしてウィリアムズとフォースインディアの2チームの思惑。この辺りもシーズン中の興味の対象ですが、さてどうなることやら・・。

7戦中6勝 - 2009年 F1 第7戦 トルコGP” に対して2件のコメントがあります。

  1. きんなん より:

    こんにちは、きんなんです。
    今回も観ました。
    F1も徐々にバトン一人勝ちの様相を見せ始め、毎週のレース観戦が徐々にダレてきました(^^;)。
    何かこうなると「バトンをやっつけるのは誰か」、「バトン対19人」みたいな図式に見えてきました。とりあえず私はベッテルに期待します(笑)。
    さて、スペイン、モナコの流れでもう駄目かと思っていたトヨタですが、また復活してきました。それに対してフェラーリは少し失速した感があります。トヨタは高速コースに強く、フェラーリは低速コースに強いという感じでしょうか。
    ところで中島の不調ぶりは何とかならないのでしょうか。もう何か疫病神かなんかでも取り付いてるんじゃないかってくらいの不運ぶりで気の毒になってきました(´Д`;) 。レース後のインタビュー時の顔がやや疲れ気味に見えたのは私の気のせいでしょうか?(笑)

  2. SYORI より:

    きんなんさんどうもです。確かにバトンを止めるのはヴェッテルか?バリチェロか?って感じになってきましたね;;。レースそのものは睡魔を誘う展開ですけど(笑)、こういうシーズンがあったというのも後から思えば良い思いでになると思って我慢してますけどね(笑)。
    トヨタは予想通りモナコのような特殊なコースだと全く性能が生かせませんね・・。逆に考えると2層ディフューザーを相当使ったデザインになっているのかもしれません。
    中嶋・・確かにお祓いを受けた方がいいかもですね;;。いつかは運が向いてくると思いますが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です