ウェバー初優勝! - 2009年 F1 第9戦 ドイツGP

おめでとう、マーク。遂に表彰台の真ん中に乗りましたねー。初優勝を飾ったドライバーのレースというのは何時見ても感動しますね。チェッカーを受けた時のウェバーの無線での絶叫は、何時も冷静で強面(笑)な彼からはあまりイメージできない感じで、ちょっと感動的でした。
それにしてもスタート直後のあの幅寄せでペナルティを受けてのポールトゥウィンは、今回だけは運が見方したとしか言いようがないですねー。3位コバライネンが後続を相当抑えてしまったので、明らかにライバルとなりえたヴェッテルがペースを上げられなかったのと、ブラウン勢の作戦ミス(結果的にですが)が勝利を呼び込んだと思います。チャンピオンシップに関してはレッドブルの2人が2位/3位に上昇し、コンストラクターポイントも20ポイントを切るところまで追い上げてきた形となります。まだまだシーズンは折り返しを過ぎたところですし、今後のコースコンディションも関係するかな、と思っていましたが、現状のレッドブルのポテンシャルを見る限り、今後かなり際どいところまで追い上げてきそうな気がします。後述しますが、ブラウン勢もチーム的に何か暗雲垂れ込めてきた感じですし、チャンピオン争いはともかく、コンストラクタータイトルはヘタすればレッドブルに持って行かれそうな雰囲気すらある気がします。

さて今回のブラウン勢ですが、3ストップは結果的に間違った戦略だったっぽい気がしますね。タイヤの問題もありましたので、もともと燃料を少なく走っていた絡みから、ソフト/ハード/ハードという形の2ストップでも良かったのかもしれません。ただタイヤ温度を上げるのにかなり苦労していたみたいですし(映像でもかなりウェービングしていたので)、CSでも言ってましたが今回のブラウン勢にとっては、コンディションとマシンに合致したタイヤが無かったような気さえします。

それにしても今回バリチェロの優勝という可能性が高かっただけに(ウェバーのペナルティがあった時点で)、その後の作戦ミスや給油トラブル、そして最後にタイヤをバトンと選択を変え(これはどちらも同じようなタイムでしたが)、先にピットに入ったバリチェロがバトンにすら抜かれてしまうという悲惨な結果に。これは怒ってるだろうな・・と思ってましたが、レース後に怒りを爆発させてたみたいですね。「チームの人間とは話したくない、どうせ言い訳ばかりだろうから。本当にむかついているんだ」と強烈なコメントを残しているみたいです(笑)。
まあバリチェロの言い分もわかりますが、ここで協調性をなくしてしまうと本当にどちらのチャンピオンも失ってしまいかねませんからね・・。フェラーリ時代にも相当嫌な思いをしてたでしょうから、言いたい事を言わないといけないと思っているのかもしれませんが、ここでこのような発言をしちゃうと、尚更バトン重視のチームになってしまうと思いますけどね・・。シーズン途中でドライバー交代(要するに「もう辞めた」と引退)なんていう最悪の事態が起こらなければいいのですが。とにかくレッドブル勢がここまで戦闘力を上げてきて、どんどん迫ってきている状況なので、いずれにしてもそろそろチャンピオンを取る為のレース展開や戦略をしていかなければいけないと思います。その時、サポート役に回るくらいなら直ぐドライバーを辞めるって公言していたバリチェロはどうするんでしょうね・・。

今回のレースの驚きはスーティルですね・・。Q3進出したのも驚きでしたが、予選後の燃料搭載量がビックリでした。フェラーリよりも燃料を積んでのあの順位ですから、予選だけを見ればフェラーリ勢を凌駕していた事になるのですからね。決勝も良い感じだったのにピットアウト時にライコネンと絡んでウィングを壊してしまって万事休す。昨年のモナコもそうですが、ライコネンと相性が悪いですね(笑)。まあそれにしても、今回のレースはあそこでレースを無駄にする事は無いんじゃないかなーって思ったりもしましたが・・。荒れたコンディションで才能の片鱗を見せる辺り、ポテンシャルはかなりのものがありそうですが、どうもポカミスが多いといいますか・・。何とも勿体ないなーと今回のレースは特に思いましたが、フォースインディアのマシンがここまで良くなってきたというのはホントに驚きですね。

フォースインディアもそうですが、マクラーレンのポテンシャルアップもびっくりです。今回も大幅なアップデートを施してきましたが、これで0.7~0.8秒速くなったといいますから、やはりトップチームの開発力はすさまじいものがありますね。やはりメルセデスの地元だけに気合が入っていたのでしょうか(笑)。しかしスタート直後にKERSを使って一気にトップまで浮上したものの(凄かった)、オーバーランしてタイヤがパンク、あっという間に戦線離脱という状況でしたが、次戦以降、マクラーレンの位置がレース結果に大きく左右されそうな気がします。今回のコバライネンもそうですがペースが完全に遅いにもかかわらずKERSで順位をずっと守り切っていましたからね。それを考えると、次戦以降ペースが上がってきたマクラーレンの位置次第でレース展開が大きく変わってしまう可能性もある訳ですので、ある意味目が離せない存在になってきたような気がします(笑)。

最後に日本勢というか中嶋について・・。今回もスタートで接触があったみたいで大きく出遅れて・・というレースだったみたいです。ロズベルグが4位に入ってるだけに、この運の無さは何と言いますか・・。
来季以降もウィリアムズ残留が濃厚と言われていますが、これもロズベルグのマクラーレン移籍の噂があるのと、トヨタエンジンを無償で使えるチームの思惑が大きいと思われますので、そういう事情抜きで来季も残ってほしいと思われるような結果が欲しいですよね。マシンは間違いなくどんなコースでも適応力が高いので、いつかはチャンスが来ると思ってはいるのですが・・・。
トヨタはだんだん力が落ちてきた(周りが上がってきた事による後退)ような気がします。今シーズンに賭けていた部分もあるかと思いますので、富士でのF1開催撤退といい、ネガティブな状況が続いているように思えます。頑張ってもらいたいですが、結局今シーズンもダメだったから・・・という最悪の結果を迎える事だけは見たくないですね・・。個人的にはこれから毎年鈴鹿開催になれば嬉しいと思う一人ですが、富士撤退のコメントを見る限り、利益が出ないから辞めますみたいにしか聞こえないんですよね・・・。F1という文化に参加しているのでしたら、損得よりも日本のF1を隔年とはいえ背負っていたという責任という部分に比重を置いてもらいたかったなぁというのが率直な感想です。まあ、昨年撤退したホンダも同じような事だったかもしれませんが、ホンダがF1に残した貢献度は比較になりませんからね。

久々にF1で長文を書いた気が(笑)。

ウェバー初優勝! - 2009年 F1 第9戦 ドイツGP” に対して6件のコメントがあります。

  1. たー より:

    KERSってレース中には非常に使えますね。特に自分より速い車を抑える事にメリットがありますね。
    ただ根本的に車を早く走らせる為のシステムじゃないように感じます。
    マクラーレンとフェラーリは開発力が高過ぎた為に今年はこれに振り回され、辛いレースを強いられてますね。
    ハミルトンがあれくらいでレースを諦めるというのは、コース上でタイム的には大した変わらなくても、他のマシンを抜くポテンシャルは無くて、順位を守る能力しかメリットが無いのかと思わせましたね。
    だから1、2周で無理矢理順位を上げる事ができれば、表彰台のチャンスが期待できたかもしれないのかな?フェラーリはブラウンをつぶせば3位は転がりこんでくる(笑)という作戦だったかわかりませんが、上出来だったでしょうがマッサのストレスは溜まりまくってますね。
    でも腐らないのは昨シーズンが彼を成長させたんでしょうね。
    何事も諦めたら終わりなんですよね。

  2. SYORI より:

    たーさんどうもです。KERSはCSでも良く言ってましたが、オフェンスとディフェンスに使えますよね。ただ最近は搭載車が少なくなってきて、いずれもパフォーマンスが劣るマシンですので(笑)、その効果というのがディフェンス側でしか見られないというのも大きいような気がします・・・。これがレッドブルやブラウンに付いていたら、追い上げ時にガンガンオーバーテイクしていくような気がしますけどね。ただ今季もコーナリング中に前方車に近づくとかなりダウンフォースを失うみたいですから(今GPの中嶋も最終コーナーで思い切り失ってカウンターを当ててるシーンがありましたよね)、その辺りがどうなるかですが・・。ホイールカバーも多少影響しているとか・・・。
    ハミルトンはエンジンとギアボックスを温存したくて止めようと思ったみたいですが、流石にメルセデスのお膝元ではヤバイ発言だったなぁと(笑)。まあ気持ちは分かりますけどね。そういえば最近ハミルトンがF1ドライバーの自由について発言してましたが(レース直後の自由をもっと与えてほしいと)、確かにMotoGPですとフィニッシュ後のパフォーマンスは特にV・ロッシなど見てて楽しいですが、F1ではドーナツターンとか色んな事が禁止されてますよね。それに言及したみたいですけど、なるほどなと納得したコメントでした。シルバーストンで厳重注意された事が背景にあると思いますが、あれのYoutube(客席から撮った素人映像)を見ましたけど、ハミルトンがドーナツしてる時結構盛り上がってましたからねー。やっぱりそういう部分って今のF1に欠けてる部分だなぁと思います。
    マッサ、本来なら腐りきってもおかしくないでしょうが(笑)、今のところ前向きな発言が多いですよね。決勝後インタビューではレッドブルとマシン交換しようといってましたけど(笑)。むしろライコネンは来期ラリー参戦か?みたいな記事も出てたりと、ライコネンの方が嫌気がさしてきているような気がします・・。

  3. たー より:

    来年はKERS必須でフェラーリが存在するなら、ぶっちぎりに強いかもしれませんが、周りにバランスのいいマシンがいたらKERSの効き目がもうちょっとゲームのようにハッキリでないと、高い開発費をかけてるメリットが少なすぎに感じますね。
    F1はひたすら速さを追求してほしいですね、Fニッポンのマシンに負けるんじゃないでしょうか。
    そういえばトヨタがいつの間にか中断グループに落ち着いてますね(笑)

  4. SYORI より:

    たーさんどうもです。来年はKERSどうなるんでしょうね。なんかもう無くなりそうな予感さえしますが、チームも開発コストが掛かり過ぎるということと、メリットがあまりないという事で、FIAの思惑だったコスト削減・市販車の応用、が全く生かされていないような・・。
    今のKERSの効果を考えると、全車使うと結局抜きにくいというか追い抜こうとKERSを使うマシンに対して守ろうとKERSを使うマシン、という感じで結局何も変わらないような気がしますが(笑)。
    F1は仰る通り技術開発の場であってほしいですね。以前のGP500(2輪)のように、確かにマシンが高性能過ぎて人が操るには限界に達してきたという事もありますが、そういうマシンを極限で操る方がドライバーの力量が見れて良いのかもしれません。その分安全対策をしっかりやればいいと思いますし・・。
    トヨタ、これからが正念場ですね・・。まあニュルでも2番目のファステスト(トゥルーリ)でしたから、速さはあるマシンだと思いますが、問題は戦略と多少の運といったところでしょうか。

  5. きんなん より:

    こんにちは、きんなんです。
    今回のレースは・・・。
    残念ながら見逃してしまいました・・・。
    どうやら今までは毎週レースがあって、つまらなかろうが面白かろうが観るのが習慣化していたのですが、今回2週間間が空き、その習慣が消えてしまったようです。
    今回はウェバーが初優勝、マクラーレン、フォースインディアの躍進と是非見たい内容でした。
    なんだか見逃したレースに限って面白い展開になっているような気がするのは気のせいでしょうか・・・?
    ブラウンGPも失速してきたようですね。ただ前回も今回も性能差で負けてるって言うよりかは、ついてないだけと言う感じですね。付いてないと言えば私は観ていないので分かりませんが、中島はまた駄目だったようですね。これ以上言及するのはもうなんだか気の毒なのでこれ以上は言いません(笑)。
    まあバトン一人勝ちの状況からシーズンの流れが変わってきたのはいい傾向ですね。これから面白くなりそうです。
    ところでF1と全然関係ありませんが、3年間愛用していたGTF-proが壊れてしまいました・・・。
    症状は通電されず、PCやPS2などに接続しても認識されず、左側のLEDが虚しく点滅するのみとなってしまいました・・・(´Д`;)  おそらくACアダプタのハンダが取れたのかと思われます。買った当初からACアダプタはぐらぐらしていて頼りなかったですが・・・。
    愛用していたので、壊れたのは大変ショックです。レースシム等が出来ないのも痛いです。また将来PS3+GT5を買うつもりでいましたが、これにG25(同じ様なハンコンを買う気はないし、どうせ買うならこれと決めている。)が入るとなると7万オーバーの出費となります。これは私の財布に改心の一撃を与えてくれるでしょう(笑)。
    まあF1は見逃すわ、ハンコンは壊れるわで最悪の一週間でした(泣)。

  6. SYORI より:

    きんなんさんどうもです。今回のレースは見所も多く、ウェバーの初優勝と結構おもしろかったので、見逃されたのは残念でしたね・・。
    次戦はハンガリーですので、気温的には多少ブラウン勢に有利とされるコンディションになると思います。そこでレッドブルがどれくらいの位置に居るか、これが非常に興味あります。ここでブラウンがレッドブルに負けるような事になれば、今シーズンは全く分からない状況になると思われますので。
    GTFPが故障されたとの事・・。症状的にACアダプターが刺さっていない認識になっているっぽいので、本体側のAC差し込み口の内部が断線(ハンダ剥がれ)してるのかもですね。まあトータル金額はデカいですが(笑)、特にG25に関しては購入されても決して後悔しない逸品だと思います。ただ現状、並行モノしか無さそうですが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です