バトンと可夢偉 - 2009年 F1 第16戦 ブラジルGP

予選から大波乱の今回のブラジルGP。生中継で見てましたが、Q2の途中で意識を失って結局見れませんでした(笑)。決勝はそんな事が無いよう21時くらいから仮眠を取り、GTR2のレースもして時間を調整し(笑)、今回のレースを観戦しました。
レースはオープニングラップから上位陣の波乱もあり、混乱した序盤でしたが、キーポイントとなる2人のうち、ヴェッテルが予選で下位に沈んだだけに4位まで浮上するのが精一杯。優勝が絶対条件だっただけに、本人も悔しかったでしょうが、こればかりは仕方が無いですね。予選が上手く行ってれば勝てたレースだったかもしれませんが・・・。そしてもう一人のバリチェロも序盤はトップ走行をするものの、ウェバーとクビサにかわされ、終盤はハミルトンとの接触でポジションダウン。8位でチェッカーを受けます。結局5位でチェッカーを受けたバトンが文句無くチャンピオンになりましたね。
個人的には2004~2005年の件、そして今回の可夢偉への無線の件と併せて、日本人を低能扱いしてるっぽい気がして何となく素直に祝福出来ませんが(笑)、世間的にはどうなんでしょうね。前半戦の強さは文句無しでしたが、後半戦のグダグダぶりは何とも見てて味気ないというか、印象に残らないというか・・。まあそれでも、正しい時期に正しい場所に居て、しっかりそのチャンスを掴んだという点では、チャンプになるべくしてなったという事ですし、来年以降がディフェンディングチャンピオンとしての真価が問われるシーズンになるんじゃないかなっていう気がします。

さて、それはそうと、今回はバトンよりも燃えましたよね(笑)。レース序盤、戦略の違いがあるとはいえ、気がつけば可夢偉が3位を走行しているというビックリな状況で思わず興奮しました。今回チャンプになったバトンを抑え込む走り、そして中嶋とのバトル(ペナルティはありませんでしたが、ちょっとひやっとしました)、そして終盤のフィジケラを切れ味鋭いオーバーテイクを見せたり、国際映像にあれだけ映るとは思いませんでした。
川井ちゃんも言ってましたけど、頻繁にラインを変えるというのはあまりよろしくないといったF1の世界では暗黙のルールでもあるんですかね。その辺りをまだ初GPだから知らないんでしょう的な事を言ってましたが、私からすれば同一ラップの争いに暗黙のルールもクソも無いやんって思って見てましたけど(笑)。

琢磨の時も思ってましたが、こういったファイターなレーサーってホントに少ないじゃないですか。今回のバトンを抑え込むだけじゃなく、クロスラインを使って抜き返すシーン、フィジケラをオーバーテイクするシーン、もう素晴らしいなーと思って見てました。
今シーズン、テストドライバーからレースドライバーになったドライバーは何人もいますが、初戦でここまで活躍出来たのは他に居ないんじゃないでしょうか。予選もあの難しいコンディションでもう少しでQ3進出しそうでしたし、決勝に関しては、トップ10フィニッシュですし、何よりも結果よりも国際映像にあれだけ映っていたというのが、今レースで注目が高かった証拠じゃないでしょうか。

中嶋との接触はちょっと何とも言えませんでしたが、あの辺りはやはり経験不足から来る部分でしょうし、正直危険な状況を生んでしまいましたが、中嶋も名指しで非難する事もありませんでしたし、ペナルティも審議も無かったので、問題無かったという判断で良いんではないでしょうか。

個人的には、来季ライコネンが来るかもしれないというトヨタのセカンドドライバーとして、是非可夢偉に乗ってもらいたいなと思いました。喋りも関西弁ですし(笑)、結構面白い事を言うキャラクターなんで、日本人的にも面白いドライバーじゃないかなって思います。あわよくば琢磨が復活してくれれば、最高のシーズンになるでしょうが・・。
中嶋に関しては、来季非常に厳しい状況になってきたと思います・・。トヨタのシートが可夢偉と争う形になっていた状況で、こういう形で結果が出てしまうと更に厳しくなったんじゃないかと。あまりにも印象が違いすぎましたので・・。ウィリアムズや新チーム辺りもどうなるか分かりませんけども、何とかシートを確保してもらいたいものです。

バトンと可夢偉 - 2009年 F1 第16戦 ブラジルGP” に対して8件のコメントがあります。

  1. Shin-1972 より:

    こんばんはー。
    この度の可夢偉選手のアグレッシブな走りを見て、手に汗握りながらマンセルやアレジを応援してた頃を思い出しました。
    他のドライバーには申し訳ないですが、視聴者としては、ぜひ今後もこの調子で走ってもらいたいですww
    いつもバトンのピット交信って少し泣きべそ風に聞こえるので、チェッカーの時には号泣するかな~って楽しみにしてたんですが歌ってましたね。
    もらい泣きが好きな自分としてはちょっと残念でした(笑)

  2. たー より:

    バトンは初めてチャンピオンを取る事の見えないプレッシャーに勝った来年が真価を問われる時かもしれませんね。
    中嶋はもう来季シートがなくても不思議ではなくなってきましたね、限られたドライバーしか座れないF1のシートはどんなマシンであれ何かしら期待できそうな結果を残さないと…。
    カムイは遠慮なく対等に走ってレギュラーシートまでたった1戦で見えそうな感じですが、トヨタは来季に琢磨とカムイの2名体制なんて案は無いのかな?
    危険だと思わせるドライバーは当たりだと思うんですけどねぇ~。
    来季の各チームのドライバー構成がみえてきませんが、鍵はライコネンがどこに行くのかで一気に動き出すのかな、楽しみだな~。

  3. potenza-z1 より:

    どうもです。
    かなり久しぶりのコメントです(笑)
    今回のブラジルGPは、なかなか面白かったです!
    もともとF1を見るきっかけとなったのが、スーパーアグリの琢磨の走りが、アグレッシブでTVを通して何か伝わってくるものがあったからです(⌒~⌒)
    日本チーム、日本ドライバーっていうパッケージングも影響してたと思いますが(笑)
    スーパーアグリ撤退後、琢磨の走りも見れなくなって、ただF1を見ているだけでした。
    しかし!
    今回カムイの走りを見て、何か胸に熱いものを感じました(笑)
    アグレッシブなドライビングは、琢磨の大和魂みたいなものと同じように感じました(^w^)
    これからも、何かのチャンスをモノにしてカムイには頑張ってもらいたいです(*^o^*)
    もちろん、琢磨も早くF1に戻ってきてもらいたいです(≧∇≦)
    一貴との接触は、なんともいえないですね‥(∋_∈)
    私的には、スピード差があったのをカムイが強引にラインをシメた風に見えましたが(ρ_;)
    まぁでも、あれはレーシングアクシデントなんでしょうね(*_*)
    一貴も調子がマズマズだっただけに残念です。

  4. きんなん より:

    こんにちは、きんなんです。
     2年連続でブラジルGPを見逃していましたが、今回は観ることが出来ました(笑)。
    今回のレースでバトンのワールドチャンピオンが決定してしまいましたね。私としてはバリチェロ、ベッテルに頑張って欲しかったところですが、バトンが実力で勝ち得た勝利だから文句は言えません。
    後今回のレースのもう一人の主役はなんてったってカムイでしょう。彼のようなアグレッシブなドライバーは近年では珍しいですね。デビュー当初のドライバーは無難に走ってそこそこのポジションに落ち着くよりも、闘志むき出しの限界走行を見せて、一時的に上位を走って勢いあまったクラッシュするくらいの方が見込みがありますからね。そういう意味では今回のカムイの走りは大いに期待できるものだったんじゃないでしょうか。来年が楽しみですね!
     ところで、今は新型インフルエンザが猛威を振るっていますが、ついに私もかかってしまいました(´Д`;) 。
    インフルエンザはおろか、風邪すらほとんどかからない私ですが、最近の新型インフルエンザ大流行の流れに打ち勝つことは出来ませんでした(^^;)。とりあえず家で安静にします...。

  5. SYORI より:

    Shin-1972さんどうもです。いやー今回は可夢偉の走りがアツかったですよねー。海外メディア的にどういう印象なのか分かりませんが、バトンは文句いってますけど(笑)、私はかなり燃えましたねー。こういうドライバーが少ないのは周知の事実なんですから、是非来年も同じような攻撃的なドライビングでレギュラードライバーとして走ってもらいたいですね。
    バトン、無線の第一声がWe are the Championのちょっとオンチな唄だったのは笑いました(笑)。

  6. SYORI より:

    たーさんどうもです。私もホントそう思いますね。来季が真価を問われるシーズンになると・・。車の出来次第というのもありますが、本当に偉大なチャンピオンはどんなマシンでも必ず1~2度は光る走りを見せますからねー。それがあるのかどうかといったところでしょうか。
    ウィリアムズのシートを失う事がほぼ確定かと思われる一貴にとって、今回のレースは可夢偉とのトヨタのセカンドシート争いという側面もあったと思いますが、かなり厳しい状況になった事だけは確かじゃないでしょうか。まあ日本人2人体制なんて最高な状況になれば別ですが(笑)。
    ライコネンがどうするかでしょうが、マクラーレン復帰が濃厚っぽい気がするので、トヨタがどうするかでしょうねー。いずれにしても来季はかなりのシャッフルがありそうなので、今から楽しみですね。

  7. SYORI より:

    ポテンザさんどうも御無沙汰しております。
    スーパーアグリ・・懐かしい響きですよね。といっても、今でも寝る時にSAF1の記録文庫を読んでたりしてますが(笑)。私もそうですが、特に2004年の琢磨の走りにホント10年以上ぶりにF1に燃える状況になりました。それはやっぱりアグレッシブな琢磨の走りだったからこそで、今回の可夢偉にはそのイメージが蘇ってくるようでした。やっぱりこういうドライバーが居ないと面白くありませんから。何とかチャンスを掴んでもらいたいですねー。
    来季、琢磨と一貴、そして可夢偉と3人揃ったら・・最高なんですけどね。

  8. SYORI より:

    きんなんさんどうもです。
    バトンに決まりましたねー。まあ思う事は色々ありますが(笑)、今回は記事にも書きましたけど、良いチャンスを掴んだというタイミングと、やはり前半のあの強さが全てだったでしょうね。後半戦にもあの強さを1~2度見せてくれてれば、もう少し評価が高かったような気がするんですけど。
    可夢偉はもう上でも書いてますが、ああいうアグレッシブな走りをこれからもずっと続けてもらいたいですね。順位はともかく見る者をアツくさせるドライビングはやっぱり見ていて気持ちがいいですから。
    インフルエンザですか・・。私の周りではまだ大丈夫ですが、仕事疲れと寝不足で免疫が落ちてるのか、風邪をひいたみたいで結構辛い状況です・・。私も安静にしなければ・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です