IA-4アタック 終了

    29


IA-4終わりました・・・。なんとか暫定トップで終われることが出来ました!。今大会は競馬でいうところの先行逃げ切りのような感じでしょうか(笑)。こんな終わり方を迎えることが出来るなんて予想もしていなかったのでホント驚きでした。間違いなく誰かが私のタイムを抜いて、最終日あたりに必死で走りまくっている私の姿を想像していました(笑)。なので結果トップの座を最後まで(開催初日からずっと)守りぬけたという事自体は自身的にも大変嬉しく思っております。唯一の32秒台というのも気持ちよかったです(笑)。

しかし前回優勝時は暫定1位の方が失格となって結果発表までどうなんだろう?と思いながら結果繰り上げ優勝になりましたので、待っている間はかなりヤキモキしていました。今回の暫定トップはタイムリミット時点で1位でしたので「よっしゃー!」と正直嬉しかったです(RENGEさんには12時時点でタイム登録したら後から反映されるんでしょうか?と怖いことを言われましたが(笑))。



今回はやはりポイントランキングのことが正直気になっておりました。IB-14の惨敗からハイスピードリンクの登録忘れなど;;ポイントを大分失いましたのでランキングも下がり、私より上位の方とのポイント差も開いてしまいました。なんとか差を縮めなければと必死だったことは今ここで認めます(笑)。その後のR246もニュルもそれなりに上位にはいけましたがそれでも苦しかったことは確かです。今現在の私のポイント的ライバル?といえばSNACKERさんやWipeoutさん、それにTTT!さんになりますが(C.1さん、炎のロータリー乗りさんはもう無理な位置です(笑))今後は、真後ろにおられるYAMさんにもブッチぎられると思いますので、最終トップ5までには残れるよう頑張りたいと思っております。まあその前にいつまでGTTAが続くのか分かりませんけど・・(本当に2010年までしたりして;;)。

32秒台登録後のIA-4のほうですが、32秒台に入った後は一度も32秒台を拝むことが出来ませんでした。シケイン脱出までは先行することも何度かあったのですが確実に最終コーナーでしくじってエンドというパターンばかりでした。しまいには33.0秒台すら入れなくなったりで訳が分からなくなってきたりしましたね(笑)。日曜日も少々チャレンジしてみましたが32秒台に入れるような雰囲気すらなかったので;;さっさと寝てしまいました・・。
最終コーナーアプローチに関してですが私は右側タイヤを完全にダートに落としていました。そこから微妙にステアを切っていくと僅かにスライドを起こし速度ロスが発生するのですが、それが上手い具合に適切な減速コントロールとなっていたようです(ある意味B-16のダンロップと同じような感じでしょうか)。そのままアクセル全開でクリア出来ましたし、ダートに出ている分それだけ最終コーナーが「ワイドなRを描けた」ことでステア抵抗も少なく速度も乗ったのかもしれません(ゴール地点では166km/hでしたが)。しかしこれが本当に最速だったのかは微妙なところですが。

近々Web版のほうも更新が滞っておりますので(笑)、更新がてらリプレイ映像もアップしようと思っております。そちらの方も機会があればぜひご覧ください。