2006年 F1 第11戦 フランスGP

    2


今回は予想外の展開でした。USGPでのフェラーリ復活はあくまでBSタイヤのオーバルでの優位性+ミシュランの保守的なタイヤの差から来るものだと思っていました。ましてや今回はフランスGP。ルノーの地元であるだけでなく、ミシュランの地元でもある訳ですから、両陣営とも「必勝体勢」でやってきていたのは間違い無いはずですし、私自身以前の展開(ルノー優位)にフランスから戻ると思っていました。しかし結果だけで見れば、予選・決勝ともフェラーリに完敗でした。まさにW杯決勝を見るようでした(笑)。レース展開そのものは淡々とした退屈なレースでしたが・・。


明らかにBS/MI勢のタイヤ勢力図が今までと変わってきた感じを受けます。トヨタの復調もBSの影響を受けていると思えてきましたから。ただ今回はラルフがピットロスさえなければ表彰台はあり得た(というか確実?)はずなので、非常にもったいなかったですね・・。ヤルノも残念でした・・ホント彼はツキが無いです;;。
しかしウィリアムズはタイヤに問題を抱えていましたし、かなりピンポイントな特性に絞ったタイヤ開発をしてきているのかもしれませんね。勿論フェラーリを優先的に考えた開発をしているのは間違いないでしょうが・・。もしくはUSGP、フランスGPともかなり高かった「気温」に関係があるのかもしれません(こっちの方があり得るかも)。

SAF1は琢磨は0周リタイアと良いところがありませんでしたが、クラッチにトラブルが出てフォーメーションラップからおかしかったので仕方無いでしょうね。最後のSA05でしたが変わりにモンタニーが地元GPで完走を果たしました。殆ど見所もなかったですし、本人も淡々と走っていただけという感が強いでしょうからアピールする機会も無かったかと思いますけど、チェッカー後に歓声に応えるよう手を上げてる姿を見てホント良かったなって思いました。次回からはサード担当になりますが、頑張ってチームに貢献して欲しいと思います。
さあ、後はSA06を待つだけとなり、そろそろシェイクダウンも始まるでしょうから、映像で見る機会が出てきそうです。またブッツケ本番に近い形でしょうから、トラブル等でいきなり活躍は難しいかと思いますが、フリー・予選などのセクタータイム等だけでも今までのSA05とは違う走りを感じさせて欲しいです。またBSが上り調子なのも良い傾向ですし、相当BSに合わせてきたサスを持ち込むはずですから、この辺りも注目です。

次回ドイツGPはSA06デビュー記念ということで(笑)、変わった形で投稿しようと思っております。