2006年 F1 第12戦 ドイツGP

    8


お待ちかねのSA06Aでの初戦が遂に始まりました。亜久里代表も第2の開幕戦と言っているようにここからが本当の戦いになると思います。なお、今回はSA06Aデビュー記念という事で(笑)、フリー・予選・決勝と、投稿に追記していく感じで書いていこうと思います。
(フリー1/2更新:7/29)
(フリー3/公式予選更新:7/30)
(決勝更新:7/31)


勿論今回のSA06Aはご存知の通りサス形状もツインキールのまま、フロントウィング形状もノーズもフロントセクションはSA05とほぼ同じなので、タイム的には計算どおりの数値が出ないと思いますけど、主にリアエンドの大改修でSA05と比べられないくらいの操縦安定性が出ていると思いますし、ホンダ製シームレスギアボックスによる低重心化も影響大です。良くなる事はあっても悪くなる事は無いと思います。ただしSA06Bよりは良くはならないとおもいますので(ある意味SA06AはSA05+SA06ハイブリッドマシンなので)、現実的には今回MF1を上回れば上出来と思っています。

あと怖いのが、新車故のマイナートラブルですね。決勝で完走出来るかどうか不安ですが、それまでにある程度出し尽くして欲しいです。



■フリー走行1/2

昨日のフリー1はLTモニターでずっと見ていましたが、「タイムの出方」がSA05の時よりも若干マシな気がしました。「マシ」という事はかなり良いという事ではないでしょうか。何故ならシェイクダウンを行った後、ぶっつけ本番で今回持ち込んでいるからです。
琢磨はシルバーストンのストウコーナーを使った三角形のコースを回っただけ、左近は滑走路の直線を走っただけです。そういう意味ではようやくまともにコーナーを回り、ブレーキングもハードに行い、セッティングを初期レベルに詰めていく作業を行う段階で、マシと感じたという事はかなり素性が良いマシンと個人的には思えます。フリー2では雨の影響でセッティングが進まず、2台とも油圧系トラブルが出ましたが、ある意味今のうちに出ていた方が良いでしょう。

昨日は新品タイヤでアタックを行っていないようですので、まだまだ行けると期待出来ます。よってMF1とのタイム差は特に気にしなくていいかなって思ってます。が、タイム差は今までのレースとそれほど違いがありませんので、フリー3の状況に注目です。

・フリー1
1 ブルツ 1'16.349 26周
2 デビッドソン 1'16.523 29周
15 琢磨 1'20.102 14周 +3.753
19 左近 1'21.218 21周 +4.869

・フリー2
1 クビカ 1'16.225 18周
2 シューマッハ 1'16.502 14周
26 琢磨 1'19.365 8周 +3.140
27 左近 0'00.000 2周

------------------------------------------------------------------

■フリー走行3/公式予選

フリー3はCSで見ていたため、詳細なラップタイムを見ていませんでしたが左近が琢磨を若干凌ぐ速さを見せたため、おお!と思っていた瞬間、最終コーナーでやってしまいました・・。
オーバースピードによるものだと思いますけど、バランスを崩しマシンサイドからタイヤバリアの無いコンクリートウォールに激突してしまいました。2時間後の予選に間に合うような程度の破損状況ではなかったので予選は旧車SA05で望むことになってしまいました。マシンが無い状況なので無理をしなくても・・と思いましたが、まだドライバーのコメントが無い状況なのでミスなのかトラブルなのかは不明です。この時点でのトップとのタイム差及び直近のライバルであるMF1との差は1秒近くありますので、今までのSA05の時の状況とそれ程変わらず、といったところでしょうか。しかしマシンは明らかに安定している感じです。

・フリー3
1 クリエン 1'15.628 14周
19 左近 1'18.643 19周 +3.015
20 琢磨 1'18.668 21周 +3.040


さていよいよ公式予選。左近はSA05で直ぐピットアウトしチェック走行を行います。今までは琢磨も直ぐ出ていって走っていたのですが、今回はすぐ出ませんでした!。これだけでも今までと状況が違いますねー。多少ラバーが乗ったところでアタックをするつもりなのでしょう。5分ほど経過した時に琢磨が出ましたが、そのタイミングでスピードが1コーナーでクラッシュ。赤旗中断となりセッションストップ。琢磨はアタックラップに入る前でしたのでそのままピットイン。
再開後琢磨はなかなか出ず、残り5分位のところでようやくピットアウト。セクタータイムもMF1との比較でT1のみ若干遅れ気味でしたがT2/T3と遜色無いタイムを出し、17秒3台を叩き出す!。やはりSA06Aは明らかに速い。しかしこの時点でQ1進出は難しいタイム差でした。でも琢磨はその次のラップも再度アタックを重ねT2/T3を更に自己ベストでまとめて17秒185を刻む。順位は変わりませんでしたが力勝負で遂にMF1モンテイロを1台上回りました・・(涙)。しかもアルバースとは0.092秒差。完全にMF1を射程距離に捕らえたといっても良いでしょう。しかもSA06Aはまだ数十キロしか走っていない新車です。これからのアップデートも考えると明らかに上を行っていると思って良いでしょう。

予選順位的には下位ではありますが、順位だけでは見えない新車の性能が見て取れる予選でした。オンボード映像でもブレーキングでの安定性、ギャップの追従性が明らかに良くなっていると解説陣も話していました。川井・今宮両氏もSA06Aの素性の良さを語ってましたし、国際映像でもSA06Aを写す機会が多かったです。LTモニターでも琢磨のことをコメント表示していましたし、なんといってもピット映像でオーデットがカメラに向かってポーズを決め満面の笑みを浮かべていたのが全てを物語っているのではないでしょうか。左近と琢磨(SA05とSA06A)でキッチリ3秒ちょい速くなってますので(笑)、まあ左近の経験などの差を差し引いても2秒は速くなっていると思っていいでしょう。SAF1チームが今まで言っていた「2秒は速くなる」は本当でしたね(笑)。

・公式予選
1 ライッコネン 1'14.070 19周
19 琢磨 1'17.185 5周 +3.115
21 左近 1'20.444 5周 +6.374

------------------------------------------------------------------

■決勝

決勝は残念な結果と終わりました。
2台リタイアとなってしまいましたが、貴重なデータは取れたと思いますので次戦ハンガリーに向けて更なる進化を進めて欲しいと思います。あと、レース中のラップが予想していたよりも速くなかったですね・・。MF1勢に比べて最速ラップで1秒前後遅かったです。アルバースを前に出してからは一気に離されましたし、モンテイロも琢磨に抑えられていた感が強かったです。T1・T2ではそれ程差が無いのですが、T3でかなり離されていました(約0.5秒)。最高速はまずまずでしたので、セッティングをこれから煮詰めていって欲しいですね。まあ、MF1はレース後車検でフレキシブルリアウィングを使っていたという事で2台失格になりましたので、実際の差はわかりにくい部分がありますけど・・。

リタイア 琢磨 ギアボックス 38周 最速LAP 1'19.413(26周目)
リタイア 左近 ドライブシャフト 1周



全体では、ミハエルの3連勝でチャンピオンシップの行方が混沌としてきましたね。見ている側としては面白い事になってきました。アロンソが連勝街道を突き進んでいた時はこんな状況になるとは思いもしませんでした。

やはりBSタイヤが性能を上げてきた(一説には今期限りで撤退するミシュランの開発スピードが遅くなったとか)のもありますし、ルノー勢のマスダンパーの使用禁止がかなり響いているという話もあります。ただフェラーリがそれ程影響が出ていないと思える好調ぶりですので、やはりBSタイヤの影響が大きいのだと思います。トヨタ・ウィリアムズなども軒並み調子を上げてきてますからね。その中でもトヨタ勢はかなり戦闘力を上げてますね。最後尾スタートのトゥルーリがポイントゲット、ドライブスルーペナルティを食らったラルフも9位でしたが、フェラーリ2台を周回遅れながらオーバーテイクしていますからね・・。非常に勿体無かったと思います。ホンダも久々にバトンが上位入賞しましたがバリチェロがエンジントラブルでリタイアするなど、相変わらず信頼性に不安を抱えています。

個人的にはアグレッシブな走りをするデ・ラ・ロサがあっというまにリタイアしてしまったのが残念でした。