GTR2 毎夜鯖@Nordschleife

    4



昨晩はあのニュル北でのレースでした。先々週くらいから気になっていたレースですが、GT4オンライン以来のニュルでのレースという事で、凄く楽しみでした。コースレイアウトは流石に完璧に頭に入ってはいましたが、GTR2で走る事は殆ど無かったので先週とレース前に少しだけ走行してセッティングを決めておきました。フリー走行40分とはいえ、普通に走ったら5LAPくらいしか走れないし、予選に至っては20分なので2LAPいけるかどうかという際どい時間です。セッティングを当日に出す時間の余裕は全くないと思いましたので・・。
早速フリー走行から。アウトラップはGPコース最終コーナーからショートカットしてタイムアタックOKと事前に確認していたので、早速アタック開始。とにかくミスらないよう慎重に走ってタイムを出します。セッティングはウイング2/9、タイヤS/M、車高8.5/9.5、デフ30/45、ギア比は相当ワイドにしてました。

予選は2LAPいけるくらいですが、1周目は大分ミスって8分43秒台。タイムチャートを見るとこのコースを得意とされているNigel Hikouさんが8分42秒台でトップに。気合入れつつミスらないよう2LAP目をアタックしますが、アーレムベルグでブレーキロックしてしまい止りきれずアウト側にコースオフorz。ダートに出て失速し相当ロスしたのでこれはダメだと思いつつ諦めずにアタック継続。フィニッシュライン通過でビックリの40秒7台でPP獲得。あのミスがなければ37~38秒台は確実に出てたっぽいです。



レースはスタンディングスタートですが、万が一出遅れてしまったら抜きどころが殆ど無い(最終のストレートくらいでしょうか)ので、スタートだけは慎重かつ確実に決めなければいけません。タイヤはM/Hに変更、1周辺り11Lちょいの消費でしたが、一応多めに65L積みます。レブは最大から1個下げてラジエターダクトを4に。とにかくミスは禁物、レース時間も40分超なのでエンジンを労わってとにかく完走を考えます。


PPは私、2番手にNigel Hikouさん、3番手はSyuu956Fさんでしたがピットアウトできず?。4番手にJINTEIさんと続きます。



スタート。何時ものようにスタートはバッチリ決まってトップで1コーナーへ。2番手にロケットスタートでRothmansさんが上がってきます。この1コーナーはミスるとそのまま直進していってしまうので、慎重にブレーキングしますが・・・。



慎重に行き過ぎてしまいアウトからRothmansさんが迫ってきます。そのままインアウトの関係が逆になって抜かれてしまいます・・。



2番手になって、さあここからどうしようか考えます。とりあえず長丁場なのでチャンスは必ず来るだろうと焦らず、後ろを付いていきます。



後方では激しいクラッシュが・・。



北コースに入ります。Rothmansさん、私、Nigel Hikouさん、xanavi-yuukiさんと続きます。



スリップが効く範囲で離されないよう慎重についていきます。



カーレンハード入り口。ここは下りながらのブレーキングかつ、右のヘアピンなので気持ち手前からブレーキングを開始するのですが、ちょっと突っ込みすぎてしまい・・



やってもうた・・。ドアンダーで壁に突っ込んでしまいます;;。大きなトラブルにならず良かったです。しかしNigel Hikouさんに前に出られてしまいます・・。



エクスミューレは壁のように見えるといいますが、本当に凄い登りながらの右コーナーです。



4台がダンゴ状態となってトップ集団を形成。





RothmansさんのRSRが怪しい挙動を見せ始めた中盤(笑)。この辺りから4台の差が一気に詰まってきます。



カルッセル手前で一気に勝負に出たNigel Hikouさん。私も真後ろから一気に仕掛けます。



Rothmansさんがかなりオラオラされている図(笑)。



しかしニュル北でのオーバーテイクは本当に難しい・・。結局順位は変わらず。しかしまだまだ序盤。焦らずじっくりと走ります。



5番手にryunosuke753さん、6番手にmaxiさんが続いています。



後半のコースレイアウトがあまり頭に入っていなかったというRothmansさんは苦しい走行が続いていますが何とかコース上に留まっている感じです。



しかし遂にコースオフ・・。この隙にNigel Hikouさんと私が続こうとしましたが・・・



そこそこ速度が出ている区間なので、ダートに出て止まらない感じ・・。これはまずいかも、と一瞬身構えたら・・



両者接触・・・。Nigel Hikouさんはコース外に飛んで消えていかれましたorz



私とxanavi-yuukiさんは寸でのところで回避しました。運が良かったです;;



ここからはマッチレースになる予感でした。xanavi-yuukiさんもGTでニュルは走りこまれているはずですので、前方もクリアになったので必死で飛ばします。



後半の高速セクションで唯一怖いジャンピングスポット。着地時にかなりコントロールが難しかったので慎重に通過します。



細かいミスがあったxanavi-yuukiさんとの差が結構開いてきたので、更に飛ばします。



xanavi-yuukiさんがホーエンライン後のS字で止まりきれずクラッシュ。この後にryunosuke753さんとmaxiさんにかわされてしまいます。



オープニングラップ終了。後続とは相当差があったので、これ以降はかなり慎重にラップを進めます。







2番手争いは熾烈でした。ryunosuke753さんとmaxiさんが2~3周に渡ってバトルを繰り広げられていたようでした。





私の方は集中力を途切れさせないよう走ります。











しかし人知れずこんなこともやってましたorz





















後方のxanavi-yuukiさんがまたクラッシュされていてコース外に・・



コース外で彷徨うxanaviさん(笑)。坂を上られていたら・・



転落orz



一般道?のような道を走られて何とかコース復帰を模索されていたようですが・・



ジャンプ台でした(笑)



またぐちゃぐちゃに・・



更に彷徨って・・



遂に脱出場所を発見されるものの上れず・・後ろに下がって助走を付けて・・



遂に復帰



見事北コースピット出口からコース復帰されました。このリプレイを見ていて、失礼ながら夜中にかなり笑ってしまいました・・。まるでドリフのようでしたので(笑)。



私の方は、皆さんの色々なドラマ?の間も走行を続け、何とかトップチェッカー。ニュルオールドコースでの優勝は凄く嬉しいです。



-----------------------------------------------------------------------------------


今回のレースは1周目のアクシデントに巻き込まれなかったのが全てだったかもしれません。またあの場所でNigel Hikouさんが無事通過出来ていたら、私とペース的に殆ど変わらなかったでしょうから、かなり厳しい戦いになっていたと想像できます。前回のゾルダーといいトップ争いに顔を出されてきてますので今後も楽しみです。

このコースはGT4時代のロジクールタイムアタック(NSX-R)、そしてGTTAのCカーでのアタックと、本当に走りこんだコースです。特にロジクールTAの時は1ヶ月半ほど毎晩数時間ニュルを走り続けていたので(笑)、そういう部分でのメリットが少なからず私にあったことは確かかと思いますが、この難コースで勝てたというのは個人的には凄く嬉しい出来事でした。


■リザルトデータ

日時:2008/05/16 21戦目
コース:Nordschleife
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:1位 8:40.779(-1.759)
決勝:1位 44:07.943 LAP5(-55.756)
レースラップ:1位 8:45.340 LAP2(-8.637)
詳細データ&ポイント:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all/Maiyo_000.html