2008年 F1 第9戦 イギリスGP

    8



まさにハミルトンの為のイギリスGPといった感じでしたね。予選でのミスはいただけませんでしたが、昨年の日本GPと同じようなウェット時のレース運びは本当にルーキーとは言えない落ち着いたレース運びでしたので、今回もスタート数周はコバライネンに抑えられたものの、明らかにペース差がありましたし、トップに立った時点で彼の優勝は間違いないなと確信していました。細かいミスはあったものの危なげない走りで大量リードを保って、見事地元GP優勝。PPスタートだったコバライネンはタイヤに問題があったのか中盤全くペースが上がらず、ミスも重なって決勝は残念な結果でした。今回はフリー・予選の流れから初優勝も十分ありえると予想していたので、不運もあったかと思いますがちょっと勿体無いなと思いました・・。
それにしても雨のレースになると現代F1マシンのセンシティブな挙動が途端に牙をむきますね。TCSの有無が相当扱いにくさを出しているのだと思いますが、TCSを使ってないGP2世代のドライバーやTCS無しマシンを経験しているとベテランドライバーが上位に来ているのは、そういう事も影響しているのかもしれませんね。



それにしても今回の雨で翻弄されたのはフェラーリでしたね。マッサは何回スピンしたかわからないくらいでしたが(笑)、彼はTCS無しのマシンに相当苦労しているんでしょうかね・・。ドライだと優勝も重ねている今シーズンですが、セパンでは不可解なスピンを喫していますし、今回もそうです。また若干(大分?)評価を落としたような気がするマッサですが、ポイントランキング上は熾烈を極めてきました(笑)。ハミルトン・マッサ・ライコネンの3人が48ポイントで並んでトップに、クビサが46ポイントと2点差で追いかける展開に。

そうそう今回クルサードの引退が発表されましたね。セナ亡き後、ウィリアムズに抜擢された彼も引退というのは月日が経つのを感じさせてくれます。ウィリアムズ・マクラーレン・レッドブルと彼の乗ったマシンは全てエイドリアン・ニューウェイ作だったというのも不思議なものですね。またF1の歴史を感じさせる人物が引退という事でお疲れ様と言いたいのと同時に少し寂しい感じですね。

日本勢では中嶋一貴がまたポイントゲット。最後はトゥルーリに抜かれてしまって8位にポジションダウンしてしまいましたが、それでも今シーズン4度目のポイント獲得でロズベルグとポイント上も並んだ計算となります。レースでは安定した走りを見せている感じですので、あとは予選でどれだけ頑張れるかに掛かってきます。その辺りはロズベルグに遅れを取っている感じが強いので、何とか頑張ってもらいたいと思います。次戦ホッケンハイムはウィリアムズマシンに合っている方向のコースだと思いますので、是非今回以上の結果を期待したいですね。

今回はホンダが2006年シーズン以来となる表彰台を獲得しました。このレース結果はロス・ブラウンの効果がかなり合ったように思えます。バリチェロ自身はエクストリームウェットタイヤのチョイスを自身で考えたように話していましたが、ロスもきっと同じ戦略を考えていたに違いありません。この辺りの作戦参謀?の力量の違いが、フェラーリと如実に差となって現れたように思えます。
久々の表彰台という事でチームも喜びを爆発させていましたし良かったとは思いますが、何故か素直に祝福出来ないというか、自国チームという気がしないんですよね・・。最近はホント、ただのイギリス系チームがホンダの看板しょってるくらいにしか思えなくなってきてます。

まあこう考えるのも色々理由がある訳ですが(笑)、今のホンダチームに過去のホンダスピリットを全く感じなくなっているという事が一番大きな原因でしょう。今宮純氏の奥様である今宮雅子さんのブログを以前から良く読んでいるのですが、「スーパーアグリF1チーム 全戦密着現地直送ブログ」と題名されたブログは現在、SAF1チームのこれまでを振り返る連載が続いていて、次回更新で終了となるようです。

スーパーアグリF1チーム 全戦密着現地直送ブログ
http://www.motormagazinesha.co.jp/medialog/modules/nmblog/

その最新記事である「夢が潰えないために」という投稿は、本当に私の心に響きました。それと同時にホンダスピリットを持ったチームの消滅と、ホンダスピリットを失ったチームがホンダの看板を上げて走っている事に対するジレンマを痛感してます。何でこんな事になってしまったんでしょうね。

撤退発表後に投稿された「撤退発表・・・そして最後の日」の最後に書かれていた一文、それに非常に共感を覚えました。

~負けたのは、スーパーアグリではない。F1が、スーパーアグリを失ったのだ。~

今更と思われる方もいるかもしれませんけど(笑)、私にとってはこのチームが無くなった事はF1にとって大きな損失だったと思います。