2008年 F1 第12戦 ヨーロッパGP

    12



追い抜きが可能なストリートコースという事で、レイアウトは素晴らしいものでした。まさに近代市街地レースといった感じでしょうか。市街地コースと思えないようなランオフエリアがありましたし。というか、実際の一般道を使っているような感じに見受けられなかったのですがどうなんでしょうね。街中にクローズドコースを作ったという雰囲気がありましたが・・。
でも、初コースという事で楽しみにしていたレースですが、退屈で途中何度もウトウトしてしまいました(笑)。オーバーテイクは殆ど見られませんでしたし、ハイライトといえばライコネンのエンジンブローくらいだったんじゃないでしょうか(ミハエル恐るべし(笑))。まあストリートコースもそうですが、ラインを外すとタイヤカスやホコリだらけでしょうし、レイアウト的にはコース幅も広く追い抜き可能でもリスクが大きすぎるという部分もあるんでしょうね。
レースはPPから見事逃げ切ったマッサが優勝。2位にハミルトン、3位にクビサが入りました。懸念されていたマッサのペナルティに関しても罰金だけでレース結果が左右されるものでなかったので一安心です。それにしても今回のフェラーリはピットで命運を分けかねない失態を犯してましたね・・。そのあたりは続きでじっくりと(笑)。



CS放送でも川井ちゃんが言ってましたけど、私も以前からこのシステムは少々疑問でした。そう、ロリポップマンがドライバーの目の前に掲げるSTOPのボードを自動化しているシステムです。確かピット作業員の3人がスイッチを持っていて、それぞれの役割が終わったらスイッチを押し、3つランプが点灯したらドライバーはスタートできるというシステムで、これでピット時の僅かなタイムロスが稼げるというものらしいです。
まあ発想自体は素晴らしいですし、1/1000秒を争うレースで僅かなロスも失いたくないという気持ちは分かるのですが、仮に3人目がスイッチを押した瞬間に何か問題があって発進しようとするマシンを緊急停止させるようなシステムはあるんでしょうかね・・。詳しく分からないのですが、給油マンがリグを抜いた時点で給油部門スイッチ?が自動的に入るようなシステムだと、絶対に今回のマッサのときのような問題を防ぐ事が出来ません。

ライコネンのときはリグが抜けていなかったので、給油リグ感知型であればセンサーの誤動作でしょうし、手動で押している人物が居たならヒューマンエラーという事になるのでしょうが、結局僅かなタイムを稼ぐシステムなのに致命的なミスを犯しているようでなりません。
F1の世界ではシャークフィンのように良さそうと思われるものは、あっという間にコピーが氾濫するものですが、不思議とこのピットアウト通知マシン?はどのチームも採用していませんよね。これは他チームが冷静にそのシステムの効果を判断している何よりの証拠じゃないでしょうか(笑)。メリットとデメリットを天秤に掛ければ、採用しない方が絶対良いと私でも判断しますから・・。人為的なミス以外にも機器的なトラブルが起こる可能性だってある訳ですし、そんな時どうするんでしょうね(笑)。なんでもかんでも機械に頼ってはいけないという典型的な例じゃないでしょうか。

ライコネンのピットストップ時のチームクルーの状態が心配されましたが、足と背中に軽症を負っただけという事でホント安心しました。スロー映像でも結構無理な姿勢で飛ばされてましたし、ストレッチャーに乗せられて運ばれる姿を見るとかなり心配ですが良かったです・・。
そのライコネンもその数周後にエンジンブロー。前戦のマッサがコンロッドのトラブルという事みたいですが、ライコネンのエンジンも同じ事が起こった可能性が高そうです。これもエンジン開発凍結の弊害かと思いますが、エンジンに致命的な問題があればそれを解決すると言う名目でエンジン開発を許されています。この部分を上手く利用してエンジンパワーアップを図っているチームがあるとかないとか・・。まあ確かに「コンロッドが悪かったので、それに付随するシリンダーとピストン、クランクシャフトも変更させてもらいました~」でも通用するのかもしれませんよね(笑)。それが結果パワーアップに繋がっているかもしれませんから。一説ではメルセデスエンジンはその抜け穴?を利用して25psも高出力のエンジンを持っているという噂です。そんな事を聞くと、エンジンブローしている車を見ると「わざとやってるんじゃないか?」と勘ぐってしまうのは私だけでしょうか(笑)。

日本勢ではトヨタが3度目のダブル入賞を果たし、ホンダとの力関係がますます明確になってきました・・。来期ホンダはアロンソを本気で招こうとしているようですが、幾ら本田技研がバックに居て、ロス・ブラウンが居るとしても、ルノーよりもリスクが高いような気がして仕方が無いんですけどね。勿論来期はKERSシステムやスリックタイヤ復活など、車体空力面での大幅な変更(ダウンフォースの大幅削減など)が予定されていて、勢力図が大きく変わる可能性がありますから、もちろんホンダも来期大化けする可能性はある訳ですが、ここ数年の低迷を見ていると微妙な気がします(笑)。

ポイント争いもハミルトンが一歩抜け出した感がありますが、マッサが6ポイント差の2位。つくづく前戦のエンジンブローが痛かったですが、今後のスパとモンツァの動向でいよいよフェラーリもドライバーの優先権を与えるようになるでしょう。ライコネンとのポイント差は少ないですが、ここ最近のレース展開を見てもライコネンがタイトル争いに残るような雰囲気はあまり感じられないですよね・・。それが非常に残念ですが、予想としてはモンツァ辺りからマッサがフェラーリでのタイトルをかけて戦うような状況になるような気がします。心配なのはイギリスGPのようなグダグダレースをまたやってしまわないかという事ですね(笑)。