2008年 F1 第17戦 中国GP

    8



いよいよ残り2戦となりチャンプ争いも最終コーナーに差し掛かっているといった感じでしょうか。PPのハミルトンに対して、予選2位のライコネン、3位のマッサがどのようなレースを見せてくれるのか非常に楽しみにしていましたが、激しく睡魔が襲う退屈なレース展開でしたね(笑)。スタートから逃げるハミルトンに対して追いつく事の出来ないフェラーリ。ハミルトンは全く危なげなく優勝を決め、いよいよチャンプに王手をかけました。ライコネンは終盤マッサにポジションを譲り(こんなシーンを見る事になるとはシーズン序盤は思いもしませんでしたが)、フェラーリ2-3フィニッシュでした。
ポイントは再度7ポイント差となりましたが、お互い5勝ずつというのがポイントかもしれませんね。次のレースではマッサ優勝は必須かと思いますが、ハミルトンが5位以内であれば文句なくチャンプ獲得。6位だと97ポイントで並びますが、優勝回数がマッサ優勝であれば上回りますので、マッサのチャンプ確定です。マッサ2位であれば、ハミルトンは8位だと95ポイントで並びますが2位獲得回数の多いマッサがチャンプとなりますので、7位以内が必須となります。
ハミルトンがかなり有利な状況になったと言う事は間違いなさそうですね。



いずれにしても大きな波乱がない限りハミルトンが5位以下に落ちる事は無さそうなので、チャンプに大きく近づいていますが、最終戦に何が起こるか。個人的には何かが起こりそうな予感がしていましたが、この中国での走りは素晴らしいものがありましたね。チャンプ争いのプレッシャーはかなりあったんじゃないかと思うのですが、ここで見事に勝利を飾った事は最終戦の争いでも大きく影響しそうな気がします。勝利でチャンプ獲得という形になりそうな雰囲気ですが、レースは何が起こるかわからないものです。2週間後の最終戦はブラジルなので恐らく深夜2時くらいのスタートのはずですが(笑)、気合入れて視聴しようと思っています。

まあ今回のレース結果を面白くなく見ていた方も多いかもしれませんが(笑)、走りに批判が集まったりするのも、なんだか過去の偉大なチャンプに共通する項目が多いんですよね。セナもそうでしたしシューマッハもそうでしたが、チャンプになるまでは走りの部分で批判される事が多かったように思えます。セナもマンセルとやりあって自滅させたりプロストとの接触も実は故意だったとか、色々ありましたしね。シューマッハはセナとのマニクールでの一件が有名ですし(笑)、ヒルやヴィルヌーブとのアクシデントでは大批判を浴びてましたから。それでも最後は偉大な王者として花道を飾ってますからね。あの頃と今とでは情報伝達の速度も全く違いますから、今の時代は噂も早ければデマも一瞬で世界中に広まったりと、何かと損な部分も多いと思います。
個人的には、何となくそういう歴史を踏んでいってるような気がするんです。好き嫌いは別として、23歳の若者が様々なプレッシャーに耐えながらチャンプへの階段を上っていっている姿は、素直に素晴らしいと思います。

フェラーリは今回なす術無しといったレースでしたね。全く追いつける気配もありませんでしたし、見所はライコネンがマッサに何時譲るのかといったところだけでしょう(笑)。CSではその辺りのやり取りが面白かったですが(笑)、チームオーダー禁止のルールも有って無いようなものですからねー。合言葉を決めておけば良いだけですし、ドライバーの意思ならOKとかどうやって判断するんでしょうか(笑)。まあこの辺りは暗黙の状態だとは思いますけどね(笑)。

日本勢は今回どうだったんですか?(笑)。殆ど記憶にありませんが(笑)、グロックがポイント獲得したくらいで他は目立った状況は無かったでしょう。寂しい限りですが・・。2004~2005年のBAR時代、SAF1が存在していたときのようなトキメキを感じられるようなシーズンがまた来ることを願って止みません。