ホンダF1=ブラウンレーシング?

    4



ようやく動きがつかめてきたような感じですね。ホンダF1の行き先がどうなるのか気になっていましたが、どうやら近日中にロス・ブラウンによる「ブラウンレーシング F1チーム」のような名称で発表があるものと見られています。先月末にBAR HONDA及びHRF1の弁護士だった女性がbrawnracing.com、brawnracing.co.ukというドメインを登録したみたいなのですが、その女性がHRF1の総務部長に任命されたという事のようです。この流れから、近日中(今週中?)にチーム名称が正式に変わって、2009年参戦決定というニュースがかなり確立の高いものになってきたという事のようです。
ここ最近ニック・フライの声を全く聞きませんが、チームに参加しないか役を退くかのいずれかになるっぽいですねー。これは良い事だと思います(笑)。

ドライバーはブルーノ・セナの可能性もあったようですが、やはりここまでマシン開発が遅れてしまった影響で、新人を乗せるより経験豊富なベテランを乗せた方が得策という事でバリチェロの残留が濃厚みたいですねー。この辺りは少々残念ではありますが・・。

また琢磨がレッドブルのリザーブドライバーとして交渉しているとのニュースがありましたが、どうやら正式に決定になりそうな雰囲気みたいですねー。F1に残るにはこれしか方法が無かったのでしょうが、レギュラードライバーに何かあればレースも出場できますし、開幕前の最後の合同テストも参加するかもしれませんので、何とかアピールしてもらいたいですね。とにかく開幕までもうすぐです!