ブラウンGP 1-2フィニッシュ - 2009年F1開幕戦オーストラリアGP

    16



エンジンが違うとはいえ、元ホンダF1の関係者は今日のレースを見てどう思ったのでしょうか。圧巻のPPから決勝では1-2フィニッシュ。ジェンソン・バトンは今週末まさに完璧なレースを見せてくれました。バリチェロはスタートミスから1コーナーでのアクシデントでポイント圏内フィニッシュが精一杯と思ってみてましたが、最後の最後でクビサとヴェッテルが接触・そして2台ともクラッシュというまさかの状況が発生し、一気に2位までポジションアップ。ブラウンGPのワンツーを飾るという運まで引き寄せた感じでした。
いやしかし・・・開幕前テストからその速さを見せ付けてきたブラウンGPでしたが、予選Q2でも圧倒的な速さを見せていましたし、予想されたとはいえ本当にフロントロー独占を果たすとはビックリしたのが正直なところでした。決勝も何もなければ勝てるのではと思いましたが、SC中にタイヤ温度が下がりバイブレーションが出て苦労したというバトンの優勝会見の言葉で分かるように決して楽勝ではなかったみたいです。しかし最後の最後でSCが入りそのまま優勝。SSタイヤで最終スティントを走っていたので、どうなるかと思いましたが。ホンダの中本氏から電話が入ったというコメントがレース終了後にCS放送で言われてましたが、どういった心境でこのレースを眺めていたんでしょうね・・。シャシーは去年1年を棒に振って開発したマシン、ギアボックスに至っては現時点もホンダ製ですからね。
3番手にトヨタのトゥルーリ。これまたピットスタートという最後尾からの追い上げで表彰台獲得ですから、本当に驚きでした。勿論クビサ、ヴェッテルのアクシデントがあっての事ではありますが、やはり表彰台の顔ぶれを見ると、あーなるほどなーと思わざるを得ませんね(笑)。まあその辺りは後述で・・・。





■タイヤ
しかし今年のF1はタイヤが相当影響を及ぼしそうな感じに思います。ソフトタイヤとスーパーソフトタイヤの性能差があまりにも極端すぎるといいますか・・。これはたまたま今GPだけそうだったのか、これからもこういうことが起こりえるのかわかりませんが、今回のレースを見る限り、SSタイヤは10周が限度といった感じでした。タイム差的に10秒近いラップ差がありましたので、終盤4番手が確実か?と思われたニコ・ロズベルグもあっという間にポイント圏外まで落ちていったという驚きの展開でしたし(最終的にはクビサ、ヴェッテルのリタイアで7位でしたが)。
こうなると、決勝では予選で超軽タンで1スティント目を超ショート、今回のレースのように最終スティントを10周未満といった超ショートで行くというような使い方しか出来ない感じですね。今後のレースでどういう風になるか、全てのレースでこんな感じになるのかは分かりませんが、少なくとも今シーズンは何レースもこういうタイヤの性能差が物凄く現れるレースがあるのは間違いないでしょうね・・。それは見ている方にとっては面白いかもしれませんが(笑)。

■KERS
このデバイスはまだ半数以下のマシンしか使われていませんが、このまま使わずシーズンを走りきるドライバー・チームもあると思いますし、アロンソのように「KERS大好き」と公言する(笑)ドライバーは積極的に利用していくかもしれませんね。レースを見る限り、オーバーテイクに有効活用されているようなシーンを何度も見ましたし、KERS搭載車が前にいる時は、抜かれまいとKERS使用して蓋になるという状況もあるみたいです。その辺りを見てもこのデバイスがあることでレース展開に結構大きな影響を及ぼしそうな感じがしますね。
オーバーテイクを増やす為に、という事で見所が増えそうな感じですが、ストレートの長いコースだともっと影響がありそうな感じなので、今回のアルバートパークよりももっと効果がはっきりするようなコースも多いかもしれません。80馬力近い出力アップの効果はテレビで見ていてもはっきりわかりますよねー。なんだかGT4時代にブーストボタンを使ってのTAとかありましたが、それを思い出させてくれますね(笑)。あれは立ち上がりでいかに上手く使うかがポイントだと思いますので。

■去年のトップチームは・・
マクラーレンの不調は予選にも現れていました。決勝はハミルトンがほぼ最後尾付近から4位まで上昇と、さすがディフェンディングチャンプだけあります。周りの脱落にも助けられたと思いますが、開幕戦のチーム予想以上の結果をもたらしたんじゃないでしょうか。コバライネンはあっという間にリタイアでしたしイマイチよく分かりませんが、やはりポイント圏内フィニッシュするのが精一杯くらいじゃないかなというポテンシャルみたいですね、現状のマクラーレンは。
フェラーリもブラウンGPが出てくるまではほぼトップチームと思われていましたが、今回の予選・決勝を見る限り、そういう感じからは程遠いような雰囲気でしたね・・。予選もイマイチでしたし、決勝ではトラブルとアクシデントで両ドライバーともリタイアと散々な結果に・・。去年の主役だったこの2チーム(特にマクラーレン)は相当頑張らなければ厳しいかもしれないですね。

■日本勢
期待の中嶋はホント残念な結果でした・・・。予選も僅かなミスでQ3進出を逃しましたし、決勝では恐らく彼自身のミスでクラッシュリタイア・・。良い位置を走っていただけにポイント獲得は可能性が高かっただけに本当に勿体無かったですね・・。やはり唯一の日本人ドライバーですし、中嶋悟の息子だけにどうしても贔屓目に見てしまうので(笑)、頑張って欲しいです。でもマシンのポテンシャルからしても今後まだまだチャンスはあるでしょうし、そのあたりは期待できますけどね!
トヨタはやはりマシンのポテンシャルからトゥルーリの3位表彰台ですから、今シーズンはかなり良い結果が出るんじゃないでしょうか。ブラウンGPに何かあれば優勝も狙える位置にありそうですし、チームとしても今年は必勝みたいですので(来期以降の参戦継続がかかっているっぽいので)、今年も君が代が聞けるかもしれませんね。

■表彰台の顔ぶれを見て
やはり例のディフューザーを使っているチームが上位独占といった事でしたね・・。この辺りはシーズン開幕後から提訴だの抗議だのムチャクチャな状況になっていましたが、一体どうなるんでしょうね・・。結局スチュワードは合法としましたが、この辺りは国際控訴裁判所での判断にゆだねられる事になりましたが、判定がクロになってしまうと今回のレースは無になってしまいますし、そういう風に順位が操作されるのを望むファンは少ないと思います。ただ合法になったら、恐らく全チームが模倣していくと思いますけど、ただ単に同じようなパーツをつければ良いという事では無さそうですので、恐らくボディワーク後方を大幅に修正しなければ、例のディフューザーの効果は生まれる事はないのかもしれません。 いずれにしても、判定がシロであれば今シーズンはブラウンGPが両タイトルを取る可能性が高く、判定がクロであれば、今の勢力図が再び大きく変動する可能性がありますね。特にブラウンGP・トヨタ・ウィリアムズが本来居るであろう位置に後退してしまう可能性が高いんじゃないでしょうか。なので、テレビでも言ってるように新たな勢力図、というのはまだ早計な気がしますね・・。国際控訴裁判所での裁定後どうなるかで本当の勢力図が見えてくると思います。
でもレースとしてはかなり楽しい要素が増えていますし、今シーズンは久々に雨以外のファクターでも面白そうなレースが見られそうです。