GTR2 ROC 第五戦 菅生

    8



ROCは5戦目、スポーツランド菅生に舞台を移してきました。




記事の順番が逆となってますが、このレースが終わった後にガンダムに行ってきた次第です(笑)。12時半位に布団に入ったのですが、興奮のあまり2時過ぎまで寝られず、結局3時間も寝てない状況で東京に行ってきまして(笑)、ホント死ぬかと思いました・・・。未だに体中が筋肉痛なんですけど(笑)。

余談はさておき、ROCです。今回菅生という事で、1週間くらい前にセッティング出しをしていたのですが、まず車のアップデートが施されて、今までのようにリアの神経質な挙動が鳴りを潜め、かなり踏める車に変貌してました。正直今までのNSXとは別物のように走りやすくなりましたねー。なので、今回の菅生は期待が持てそうです。
早速JOINして22時半までのプラクティスを走ります。セッティングは問題ありませんが、やはり課題の最終コーナーがどうしても遅い感じです。セクタータイムを色々見ても最終コーナーだけで結構遅れているのが目立っていましたので、他の方の走り方やラインを見て研究・・。少しヒントを得て走り始めて16秒9が出て悪くない感じに。
しかし予選に入ると途端にタイムが出なくなります・・。自分自身では悪くない感じだったのですが、極端に燃料を減らしたのが影響したのか、イマイチ上手く走れません。結局16秒8台と、プラクティスと殆ど変わらないタイムしか出せませんでした;;。結局予選は11番手。セクター2で0.6秒遅れだったので(最後はミスってコースオフしちゃいましたが・・)、感覚的には16秒前半くらいは行けたんじゃないかと思ってたのですが、かなり不本意な予選となってしまいました・・。ウェイト30kgが効いてたのかなぁ・・・とそっちのせいにしておきます(笑)。



そんな感じで決勝です。タイヤをどうしようか悩みましたが、前後ソフトタイヤを履く事に。吉と出るか凶と出るか。スタートはzerosikiさんのコネロスから・・・。PPスタートだったのにホント勿体無かったですね;;。ROCシリーズでは本当に運が逃げていってるような気がします・・・。私の方はかなり後方だったので、混乱に巻き込まれないよう慎重に走ります。インベタを通過していきますがmaxiさんと若干接触してしまったみたいで、ちょっとご迷惑をお掛けしたかもです・・。




S字進入でラインが苦しかったTORAOUさんを上手くオーバーテイク。




ソフトタイヤの威力で序盤はかなりペースが良かったみたいで、あっという間にwhitetailさんに追いつきます。




後方からTORAOUさんをパスし追いついてきたmaxiさんでしたが、1コーナーでオーバーラン。順位を守りますが、この後も結構色々とあったみたいで、かなり残念なレースになっておられたみたいでした;;。




その後、takkamさんとwhitetailさんに再び追いつきます。7位まで順位を上げていきます。今回ROCH参戦組の3名はポイント対象外になるみたいなので、実質もう少し順位が上でしたが、考えてる余裕はありませんでした(笑)。




タイヤの差が出ていたのか、序盤はスープラ勢より速く走れそうな感じでしたが、最終コーナーが上手く走れず追い抜きを仕掛けるチャンスがなかなかありませんでした。




2位を走行されていたMinami51さんがミスされて私達の集団の後方に。SAMURAI STYLEさんも後方から。私の方はソフトタイヤが垂れてきて、少し厳しい展開に・・。




最終コーナーがかなり速く、一気に1コーナーで仕掛けてくるMinami51さん。私も順位は関係ないけども、バトルに応酬して前に行かせません(笑)。でも後から考えれば先に行ってもらった方が良かったのかも・・と考えたりしました;;。Minami51さんもここで前に出ていればもう少し順位を上げられたかもしれませんしね・・。




その後、Minami51さんが私に手間取っている間に、SAMURAI STYLEさんがパスされ、私の後方からガンガン迫ってきます。SAMURAI STYLEさんって、あの侍さんなんでしょうか?(笑)。




必死の攻防むなしくタイヤが限界に近付いてきて、クリップを通過できなくなってきます。その隙を見逃さずにズバっと抜かれてしまいます。




最終コーナー、ターンしている最中からインに回り込まれるという始末;;。私のこのコーナーでの遅さはちょっと酷かったですね・・。セッティングというよりも私の走らせ方が根本的に間違っているような気がします・・。関係ありませんが、このアングルだとRAYBRIGの鏡面部分が綺麗です(笑)。




ズバっと抜かれてしまいましたが、今度はSAMURAI STYLEさんが1コーナーでミス。まだまだこの争いは終わりそうもないです(笑)。




と思ったのも束の間、あっという間にパスされてジエンド(笑)。




結局8位でチェッカー。ROC順位としては、5位フィニッシュとなったみたいでした。レースはEmperor-Dさんが優勝、ROC順位としては、Rodgersさんが初優勝です、いやーお二方オメでした!




--------------------------------------------------


今回の予選順位を考えても、ポイントを取れただけラッキーという感じでしょうか。レース内容的にはやはりtakkamさんとwhitetailさんに付いていっていなければいけない展開だったと思うので、大きく差を広げられてしまったのは、やはりタイヤチョイスがミスだったと言わざるを得ないかもです。
特に走りやすくなったNSXですが、私個人的な走らせ方として、リアを積極的にスライドさせて向きを変えていくという感じなので、それが富士ではピタリハマったという気がします。ただ今回のアップデートで乗りやすくなった半面、リアが積極的に使えなくなったので、どうしてもステア操作で無理やり曲げようとする感じが出てしまい、必要以上にフロントタイヤを攻撃しているような気がします。
今回も残り4~5周の時点でフロントタイヤの消耗が酷く、最終コーナーではヘタクソが更に加速度を増して遅かったという感じでした(笑)。ウェイト30kgも結構効いてたと思いますが、次戦のポッカ1000km(ホントに1000km走るんじゃないですよね?(笑))では、その辺りを考えてセッティングを作っていかなければ・・と思っています。

参加された皆さん、運営の方々、お疲れでした!





■リザルトデータ

日時:2009/08/01
コース:SUGO SGT2008
車種:HONDA NSX RAYBRIG NSX
予選:11位 1:16.854(+1.261)
決勝:8位 23:59.352 LAP17(+24.043)
レースラップ:9位 1:17.796 LAP6(+0.965)

詳細データ:http://www.jods.jp/roc/schedule.html



■ポイントランキング

Pos Drivers Name Total
Point
岡山 鈴鹿 富士 セパン 菅生 鈴鹿
耐久
オート
ポリス
富士
耐久
5/2 5/23 6/6 6/27 8/1 8/29 9/19 10/3
1  xanavi-yuuki 20 2 DNF 2 10 6      
2  white tail 20 6 6 4 DNF 4      
3  Rodgers 18 4 4 0 0 10      
4  SYORI 15 0 DNE 10 3 2      
5  ZERO1 13 10 0 0 2 1      
6  TORAOU 12 DNE 0 6 6 0      
7  maxi 11 DNF 10 1 0 0      
8  Yakkun 9 3 2 0 4 DNE      
9  takkam 8 1 1 3 0 3      
10  zerosiki 3 DQ 3 0 DNF DNF      
11  pjm 1 0 0 0 1 0      
12  HunkyDory 0 DNF 0 0 DNE DNE      
13  gole7412 0 0 0 DNE DNE DNE      
 
※DNF:決勝リタイア DQ:失格 DNE:決勝未出走