ブラウン復活 - 2009年 F1 第13戦 イタリアGP

    2



ブラウン勢が久々の1-2フィニッシュでしたねー。しかもバリチェロの2勝目。フェラーリ時代から結構ここでは勝っていましたが、見事な勝利でした。それにしても今回はロス・ブラウンの作戦勝ちと言っても良いのでしょうね。KERS勢に先に行かれるくらいなら最初から重く予選を走ってワンストップで走り切る、という作戦がドンピシャはまったという感じでしょうか。いやいやホント見事でした。
これでチャンピオンシップを争うドライバーはレッドブル勢の2人とブラウン勢の2人に絞られました(ハミルトンとライコネンは残りレースの兼ね合いでチャンプは不可能)。しかし現実的にはレッドブル勢の2人は大きく水をあけられてしまいましたし、レッドブル有利と言われるのはあと鈴鹿だけという感じらしいので、実質的にはバトンとバリチェロの一騎打ちという感じです。しかし何か起こらない限りバトン有利な状況は変わりませんので、新チームによるダブルタイトル獲得への歴史的瞬間を見られる日を待つだけでしょう。
ラストのハミルトンのクラッシュは驚きでしたが、レズモ1発目はGTR2で走っていても思いますが、あの場所でああいうクラッシュって結構あるんですよね。リプレイを見たら「あるあるー」って思わず思ってしまいました(笑)。