FIA GT Championships 2018

    0

20181120.jpg

今は殆どゲーム(というかレースシムというか)をしない生活になりまして、趣味と言えばバンド活動とバイク、クルマやバイクの弄りなどといった日々を送っている訳ですが、今から7~8年前まではアホみたいな深夜まで起きてはレース参戦したりTA(タイムアタック)をしたり、それらをブログにまとめたりと良く倒れなかったなと今更ながら思います(笑)。

最近はバイクの記事ばかりのブログになってますが、レースシム業界やGTの事などの情報はずっと追ってきていた訳で、時代の流れと進化にはただただ驚かされる最近です。自分が必死で走ってた当時はまだ小さかった息子も来年高校卒業して就職するというのですから、どれだけ時間が経ったのかという事ですよね(笑)


レースシムと言えば現在はVRが主流になりつつあり、私も数回経験しましたけど、あの臨場感は本当にその場に居てる感覚で、Gを感じないだけに速攻車酔い?したんですけど(笑)、もうゲームとは言えない時代になってきてるなーという実感です。現実的にレース業界でもシミュレータートレーニングは最早常識的な事になってきていますし、当時に比べても更に精度が上がってきているんだろうなーという実感があります。以前このブログでも良くコメント頂いててGT5やGTR2で一緒に走ってた方が、今やシミュレーター屋さんになっているというのも凄いなと思いましたし!

前置きが長くなってしまいましたが、そんな中でグランツーリスモも長い時間をかけて進化していき、今では映像はともかくシミュレーターとしての領域に迫るところまで辿り着いているんじゃないのかなと思ってます(プレイしたことが無いのであくまで想像ですけど)。
オンライン対戦の仕組みを軽く見ても、昔に課題点だと思われていたところはほぼカバーされていると思いますし、現在実際プレイしている人は更に細かい課題などあるんだと思いますけど、GT4~5、6の初期時代しか知らない自分にはほぼ完成の行きまで達しているんじゃないかという気持ちです。

そしてFIAと手を組んで始まるという世界大会。優勝者にはFIA表彰式に参加できるというニュースは以前見ていましたが、この大会が先週に終わったみたいです。
世界各国で予選が行われ、勝ち上がった世界中の猛者が集った決戦の場所はモナコ。そこで世界一を決めるという戦いでしたが、本当に凄い事が行われているなというのが素直な感想です。その大会にやまどぅさん(yamado_racing38)が参加されていて、多分このブログにコメントされていた頃は中学生とか高校生だったんじゃないかなと思うんですけど、今や仕事と両立しながら世界で戦えるまでの実力を身に着け活躍されています。本当に凄いです。
しかもゲストにルイス・ハミルトンが来ていて(今F1でも被っているキャップにGRANTURISMOのロゴがありますよね)写真撮ったりしてましたし、凄い事になってるなと思わざるをえません。
他にもRestさんなど、過去にこのブログを見てくださってた方が東京大会(だったかな)に参加されていたりと皆さん日本を背負って戦われてるんだなーと親みたいな目で見ていました(笑)

決勝戦では何レースかの総合ポイントで争われ、最終レース前までにポイントトップで迎えていたそうですが、最終的にはブラジルのフラガ選手に逆転されてしまい、初代世界王者には残念ながらなれなかったみたいでした。でも映像を後から見て、各所で繰り広げられた凄いレース展開やドラマに、これはもうゲームじゃない、スポーツなんだという気持ちでした。

継続は力なり。でも本当にレースをやろうとしたら、多少レースの世界を仕事柄接する事のある私からしても継続するためには資金が必要です。アルバイトして稼ぐレベルでは到底集められない大金が。才能があってもそこで断念してしまう人はこれまで数え切れないくらいいたと思います。しかしこのような大会に頭角を現す為には、PS4とGTSportさえあればいい(笑)。極論ですけど、数万円の投資とあとは時間と努力のみ。それで世界を相手に戦えるチャンスが来るかもしれない。世界中に名前を知ってもらえ、もしかしたらリアルの世界への誘いがあるかもしれない。そんなスポーツは世界どこを探しても無いと思います。

あと10年こんな世界が来ていたら良かったのに・・と最近よく思います(笑)。当時は自分の生活をどうやって切り詰めて走る時間を作るかという事ばかり考えてたレベルでしたし。それでも勝てなかった人が沢山いました(C.1さんやYAMさんを筆頭に)。10年前にこんな世界があったとしても、こんな舞台に辿り着いたか分かりませんけど、意識の持ち方としては全然違ったでしょうね。当時は自分の中ではあくまで「ゲーム」というカテゴリでしたが、今プレイされている世代で特にこういうシリーズの上を目指している人にとっては「ゲーム」ではなく「スポーツ」という気持ちなのかもしれません。努力した後に待っている光景があまりに違いすぎますしね(苦笑)。

羨ましいなあーと思いつつ、自分ももうええ歳したオッサンですし見守る事しか出来ませんけど、10年ほど前ですか、オフ会した際にこられたFFRさん(懐かしい・・)は今の自分よりもっと年配の方だったと記憶してます。そう考えると自分ももう一回情熱燃やしてやったろうかな!という気持ちになったりもしますけど身体が付いてこない気もしたりして(笑)、こんな事ではあかんなーという感じです。

自分がGT4を始めたきっかけでこのブログを開設したのが13年前。ものすごい時代の進化を感じる年月が経ってしまいましたが、GT4からGT4オンライン、GTHDからGT5Pなどの進化の過程で、少しでも今に繋がる時代の一部として担っていたのなら本望やなあと思いますし、これからももっと色んな夢を今の若い子達に見させてもらいたいなと思い、久々にGT関連の投稿をしてみました。