S・ロウブ最多勝

    0



ここでは初のWRC投稿となります。激しいレプリカを乗っていたにも関わらず(笑)一度も投稿がないのもアレですが、やはりつい最近のGT4オンライン参加という事で親近感があると同時に、なんといってもグランツーリスモ公式サイトで応援メッセージを書いて直筆サイン入りフォトが当たったというのもあります(笑)。そのロウブが単独最多勝記録を樹立したとあっては書かない訳にはいかないかと思いまして・・・。
余り詳しくないのでトンチンカンな事を書いているかもしれませんので、ご指摘頂ければ幸いですm(_ _)m



昨日昼間は庭仕事(簡単に言えば「草むしりと落ち葉燃やし(笑)」)とクルマのオイル交換等でバタバタしてまして、せっかく22時からESPNチャンネルでやっていたラリージャパン放送を居眠りによって見れませんでした・・。なので夜からニュースサイトを漁りまして結果を見たところ、S・ロウブがサインツと並んでいた通算26勝を抜き27勝目を上げ最多勝記録を樹立したようです。1987年にアラン・プロストがジャッキー・スチュワートの持つ最多勝記録27を塗り替えて28勝目を上げた時の事をふと思い出しました。
GT公式サイトで投稿した応援メッセージに「ラリージャパンで最多勝記録を更新してください!」と書いたことが実現した訳ですね(笑)。しかしル・マンではあんな速いマシンを乗りこなし、ダートでは圧倒的な強さを誇るとあってホント凄いドライバーだなって思います。次はトミ・マキネンの持つ4年連続タイトル記録を狙って欲しいですね。

最終レグではマーカス・グロンホルムの追撃を振り切ったように見えますが、タイム差を完全に把握してギャップをコントロールしていたのかもしれません。それくらいクレバーなドライバーと思ってます。また2005年PCWRCワールドチャンピオン新井敏弘が6位に入り健闘を見せたようです。今回はWRカーに乗っていたみたいですね!。また2006年ラリージャパン仕様の新井レプリカが増殖しそうな気がします(笑)。残念ながら私のインプレッサのレプリカカーであったペター・ソルベルグはトラブルの影響で下位に沈んでしまったようです。


1 Sebastien LOEB  Citroen  3:22:20.4
2 Marcus GRONHORM  Ford  +5.6
3 Mikko HIRVONEN  Ford  +2:46.5
4 Chris ATKINSON  SUBARU  +6:07.8
5 Manfred STOHL  Peugeot*  +7:10.7
6 Toshihiro ARAI  SUBARU*  +9:05.1
7 Petter SOLBERG  SUBARU  +11:43.7
8 Fumio NUTAHARA  Mitsubishi*  +22:57.4
9 Gabriel POZZO  Mitsubishi*  +23:24.8
10 Marcos LIGATO  Mitsubishi*  +23:58.6
* 非マニュファクチャラーエントリー