GTR2プレイ記25 Curitiba

    5



またもや1ヶ月ぶりのGTR2プレイ記です。最近はスクリーンショットを撮ってブログにアップするのが手間が掛かって激しく面倒臭くて(笑)全然やってなかったのですが、フリーソフトで、スクリーンショットを撮る(PrintScreenキーを押す)と同時に、ファイルネーム付けやリサイズを行ってJPGファイルに自動保存してくれる便利なものを見つけたので、今回それを使ってみましたが、一番面倒臭いスクリーンショットを加工する時間が大幅短縮できたのでかなりラクチンになりました。今までとは画像ファイルの容量が若干大きくなりましたが、ラクさには変えられません(笑)。またスクリーンショットを撮る際、マウストグル?かなにかのキーを押すと、マウスでグリグリ構図が変えられるというのも初めて知って(笑)、それも使いながら久々に記事を作ろうという気になりました。これからも記事としては初コースのものを出来るだけアップしていこうかと思っています。

前置きが長くなりましたが(笑)、今回はブラジルのCuritiba(クリチーバ)。
Autódromo Internacional de Curitiba http://www.autodromodecuritiba.com.br/

以前に一度だけエリーゼで走ったコースですが、とにかくハイスピードコーナーが続く高速サーキットと言っても良いレイアウト。今シーズンはGTR3 RSRからGT3 RSに乗り換え、マシンポテンシャルの減少分を何とか走りでカバーしようという目標?の元、頑張って参加させてもらってます。



フリー走行からセッティングを煮詰めていきますが、ウイング1-1ではマトモに走れなかったので、ウイング2-4で設定。デフは減速側を思いきり上げ、コーナー進入での安定方向に振っていきます。それなりに良い感じになってきたのですが、とにかくこのマシンはRSRに比べてリアが滑りまくりです;;。またブレーキもRSRに比べて効きが悪いのか、今までと同じ感覚でブレーキングするとあっという間にコースアウトしていきます。もしかしたらブレーキは変わらなくて、フロントの接地性能が低く知らずうちに流れていってるのかもしれません。まあ、その辺りは自分が慣れていく感じで、クルマに上手く馴染んでいけるように走ります。フリーではそこそこ上位にいけたので、予選は5番手以内を目標に挑みます。

しかし問題発生。予選で合計3回GTR2が強制終了します;;。どうも周りの方も一斉に落ちたり、私だけの問題じゃない感じです。ビクビクしながら予選を走りますが、恐らく4~5番手くらいのタイムを出していたのですが、また強制終了・・。予選残り5分くらいのところでとにかく必死で走って暫定的なタイムを出したのですが、終了1分前くらいに再度強制終了(笑)。もうどうでもいいわ、って感じで予選はノータイムの最後尾から。



PPは珍しくM3に乗ったRodgersさん。2位に最近進歩の目覚しいxanavi-yuukiさん、3位にRSRのyoshiさん、4位にRSのYu-sukeさん、といった上位グリッド。






私は最後尾(といってもノータイムの方が数名いたので、2~3台は後ろに居ましたが)。myaguchiさんが開始直前に消えたので、恐らくまた強制終了されたのかも・・。






スタート。Yu-sukeさんが良いスタートを決めたようです。しかしこの後最後尾くらいまで順位を落とされていたので、何かアクシデントがあったのかもしれません。






私はというと、スタート直後の混乱を回避し、順位を大分上げます。






混乱発生時は出来るだけアウト側からスルスルと抜けていくのが一番良い気がします。






順位を挽回するためにもガンガン攻めていきます。






まだオープニングラップですが、13番手まで順位を回復。前方も5位まで目の前ですので、上位進出も可能かも。






先頭グループも見える位置ですので、慎重に行きたいところ。






前を走るDaichaさん。配信に映してもらおうと必死で食らいつきます(笑)。






しかしその後、Daichaさん含む2台がコースアウト。これで一桁順位に。






3位のEMIRIOさん以下、大きな3位グループとなってきました。先頭のRodgersさんとxanaviさんは2台で逃げの状態に入っています。






R08さん、askrさん、私と激しいテールトゥノーズ状態に。






なかなか抜けない状態が続きましたが、askrさんがコースオフし、この隙にジャンプアップ。6位まで順位を上げます。






5位のR08さんにロックオン。コーナー立ち上がり重視で上手く加速させスリップを使って、真後ろまで迫ります。






インに飛び込む!






うおおおお(笑)






R08さんの上手いブロックラインになかなか抜くまでに至らず。M3はストレートが伸びるので、とにかくコーナーでは立ち上がり重視ラインが大事でした。






またまたスリップに。






インに飛び込むもののサイドバイサイドが続き、立ち上がりをインからコンパクトに回ろうとしたらリアからスライド開始(笑)。






やってもうた;;






一気に差が広がりましたが、ペース的にもまだまだ追いつくチャンスはありそうです。






しかし今度はこちらのタイヤがやばくなってきました。ブレーキロックする回数が増えてきて、ブラックマークを大量発生させていきます;;。後ろからはzerosikiさんが迫ってきます。






高速S時区間で恐怖のドリフト状態に(笑)。何とか耐えましたがもうちょっとで吹っ飛んでいくところでしたorz






なんとかペースを保ち、再度R08さんの後方に迫っていきます。






4位のNegiさんが見えている位置に。上手くいけば4位も見えてきました。






しかし、この難しい曲がりながら高速ブレーキングする箇所でリアが・・。激しくスライドしだしたので必死にカウンターを当てますが・・






やってもうた;;。クラッチアシストオフで初のレースだったので、クラッチボタンを完全に押し忘れ(笑)、エンジンが止まった状態で焦ってリバースに入っている写真です(笑)。






何とか再スタートを切ったものの、焦ったはずみでピットレーンリミッターを押していたようです(笑)。ボロボロです;;






前後は誰もいなくなり10位をひた走ります。






誰もいなくなって緊張感が途切れたのか再度同じところで回ります;;。しかしこの時はエンジンストールしませんでした(笑)。






ということで10位フィニッシュ。1コーナーでホント久々に弾丸のようにすっ飛んでいきました(笑)。






リザルトです。優勝はRodgersさんで予選・ファステストと完全優勝でした。おめ~






---------------------------------------------



今回は予選で予期せぬ強制終了の連発でイマイチ気合が入らなかったレースでしたが、なかなかバトルも多く、結構楽しいレースでした。しかし終盤に何時ものスピン病発生で結局5位辺りは狙えた順位も大きく下げる結果となりましたので、その辺りはいつになったら直るのか・・と;;。まあ現時点ではクルマの特性に慣れていないのもありますし、RS自体が格闘マシンと化しているので(笑)、順位よりもバトルを楽しむという感じでこれからもやっていきます。真剣勝負はやはりワンメイクのエリーゼmodの方でしょうか(笑)。

レース参加された皆さん、お疲れ様でしたー。