GTR2 毎夜鯖@Road America

    2



今回は初コースとなるロードアメリカ。このコース初めて走るのですが、どこかで聞いたような・・って思ってましたが、後から調べたらダ・マッタがチャンプカーで鹿と激突して意識不明になるという事故があったコースでした。実際凄まじいハイスピードコースなので、これでいきなり飛び出してきたら避けようが無いですね・・。

さてフリー走行は初走行と言う事でセッティングデータも無かったので、とりあえずズーハイ用を使って大幅に調整していきます。コースはストップアンドゴーと言う感じですが、コースが覚えられずに膨らんだりして、その先のストレートで速度が伸びていないのが原因っぽい感じでタイムが伸びず。トップは2分10秒フラットで私は12秒4台・・。その辺りを注意して予選に挑みます。
予選は20分ですが、コース熟知の為真っ先にコースイン。最初のアタックラップで8秒4台と大幅にタイムアップ。しかしその後Rothmansさんがターボパワーを生かし6秒8台というタイムを叩き出し意気消沈(笑)。その後渾身のアタックをするものの7秒6までタイムを縮めるに留まり完敗;;。予選2番手から決勝です。



決勝はスタンディングスタート。最近はG25のクラッチアシストオフで走っているので、クラッチペダルを踏んでギアを1速に入れ、シグナルと同時にクラッチミートしてスタートするのですが、このスタート方法にも随分慣れてきて、毎回良いスタートを決めることが出来るようになりました。しかしPPはロケットスタートで定評のあるRothmansさん・・。完璧にスタートが決まったと思いましたが、ほぼ横並びからBiturboターボパワーを生かして前に出られます。このままストレート区間でスリップを生かして何とか付いていくしかありません。ストレートでは辛うじて差が保てる位の状況ですが、少しでも距離が開くと途端にスリップが効きにくくなって差が広がります。しかしコーナーでは明らかにGT3 RSRの私の方が速いのでそこで差を詰めて、立ち上がりからスリップで付いていく・・という苦しい展開に。

オープニングラップが終わった時点で、3位とは4秒くらいの差が付いていたので完全にマッチレースになりそうな予感。とにかく食らいつくしかない・・とコーナー立ち上がりで頑張った途端にリアからクルっと1回転orz。ウォールにヒットしてフロントバンパー脱落+左フロントバーストで終了(笑)。とりあえずピットまで何とか辿り着き修復するものの全車にラップダウンされダントツのビリに・・。ピットアウトして走り出しましたが、最終コーナー手前の左コーナーでアウトに膨らみすぎコースオフ→ギャップに乗り上げ空中に飛び上がって逆さまに着地orz。この時点でリタイアしました(笑)。

レースはRothmansさんのブッチギチと思いきや、ミスされたみたいでピットインされてました(笑)。終盤のトップ争いはWhitekumaさんとcnさんの争いでしたが、最終ラップでWhitekumaさんがミスされcnさんの優勝。海外の方なので英語で祝福チャットしたら「thx syori」と返事してくれて少し嬉しかったです(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/04/15 2戦目
コース:Road America
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:2位 2:07.622(+0.746)
決勝:25位 DNF LAP2(+8Laps)
レースラップ:25位 2:17.821 LAP1(+9.963)