GTR2 毎夜鯖@Monza

    3



いよいよシーズン2の開幕です。今シーズンはポルシェからセアトにチェンジ。コースによっては戦闘力がありそうですが、タイヤに厳しいコースだとダンロップタイヤのタイヤ特性から考えて苦戦を強いられそうです。が、それら含めて楽しんでいこうと思ってます。
今回はモンツァ。ストレートスピードの速いセアトには有利なコースと言えそうです。とりあえずセッティングから作り始めますが、車高7.0/7.5にした以外は足回りは完全デフォのまま。ウイングだけとりあえず1-1にして様子を見る事に。ギアが全然合ってなかったので微調整しながら走りこみますが、ウイング1-1のRSRの時のようなブレーキング時の不安定な挙動はあまり感じなく、メインストレートエンドでのマシン挙動は比較的安定しているように思えました。しかしコーナー区間ではフロントが食いついている感じが薄く、フロント荷重を意識しないと曲がってくれない感じです。またクリップ後からアクセルオンする時も、パワーが急激に立ち上がるトルクカーブっぽく、慎重に操作しないと直ぐ回ってしまいそうな挙動です。なかなかクセがあって面白そうです。
フリーでは48秒台に入るものの、予選では47秒台を狙おうと攻めすぎてまとまりません。最後の最後で48秒4台に入れて4番手にギリギリ滑り込みます。



ギア比はバッチリ決まっていたのですが、スリップ効果とエンジン負担を考えて6速だけ1クリックワイドにします。ウイングは1-1のまま。タイヤはS/Mをチョイス。燃料消費は2.8L/周くらいでしたので、14周+FL1周分(42L+保険の3L=45L)を搭載。レブはMAXから1個下げてダクトはブレーキ3/ラジエター4、デフや足回りは車高以外デフォのままで挑みます。

決勝はローリングスタートですが、セアトはエンジン回転が下がっていると全く加速しないので、それだけ気をつけてタイミングを計ります。タイミングはドンピシャ決まってM3勢のZEAL-Rさんとxanavi-yuukiさんをかわして2番手で1コーナーのシケインへ。トップはBeh2007さん。しかしシケイン出口へのアプローチでアクセルを少し不用意に開けてしまい、反対側へマシンが流れます・・。何とかスピンは免れたもののここで順位を4~5番手くらいまで下げます。しかしトップのBeh2007さんがアスカリでクラッシュ、そこにEldrickさんとサイドバイサイドで進入した私のラインが空いてた幸運もあって、一気に3位まで上昇します。

前のxanavi-yuukiさんと暫く順位を入れ替えてのバトル状態が続きます。メインストレートではM3のスリップから抜け出せ気味なくらいトップスピードが伸びていたのですが、コーナーで少し遅いので(笑)攻め立てられます。この間にZEAL-Rさんはどんどん差を広げて逃げていく状況に。追いつくことは困難と思い、何とか2位を死守しようと必死で走ります。

暫くこう着状態が続いた10周目に真後ろにいたxanavi-yuukiさんがピットイン。燃料搭載のミスか?と一瞬思ったのですが、シケインカットによる10秒ストップのペナルティだったそうです・・。これで精神的に一気にラクになりましたが、終盤にフロントタイヤが厳しくなってきます。
Sタイヤでしたが、それほど消耗が進んでいる訳ではないのですが、急激にグリップダウンを起こしてきます。コーナーではフロント荷重を心がけ、飛び出さないよう慎重に走り続けて2位チェッカー。

優勝はブッチギリでZEAL-Rさん。以前からモンツァはかなり速いですねー。私の方は燃料残2Lちょいでしたのでほぼ計算通りでした。エンジンヘルスは比較的減りが早いですね・・。回転数が低いので回ってないような錯覚に陥ります。気が付いたらレッドブン回しとかあったので(笑)気をつけないといけません。


■リザルトデータ

日時:2008/06/23 49戦目
コース:Monza GP 2004
車種:Seat Toledo GT Darro Motorsport
予選:4位 1:48.475(+0.492)
決勝:2位 25:49.944 LAP14(+13.498)
レースラップ:3位 1:48.902 LAP5(+0.947)