2008年 F1 第15戦 シンガポールGP

    12



ナイトレースと言う新要素はあるものの、退屈なレースになるんだろうなと予想していたシンガポールGP。全く予想を裏切る展開でしたね・・。アロンソ優勝という事実も驚きですが、市街地コースだけに何が起こるか分からないという状況や、殆どオーバーテイクが見られないと思っていたコースで意外と追い抜きが見られた事、レース時間が長く暑さとの戦い。まさにドライバーズレースと言うのに相応しい内容でした。今季一番の面白いレースだったんじゃないでしょうか。勿論SCという不確定要素の賜物ではありますが、チームにしてみたらピットクローズドによる給油禁止というレギュレーションは正直辛いでしょうね。トランプのババ抜きみたいなもんですから(笑)。今回ババを引いたクビサとロズベルグは本当に明暗が分かれました。
それにしてもアロンソですよ。予選でストップした時のあの落胆・・。あの姿を見てもそうですし現実的に15番グリッドから勝つなんて想像すらしませんでした。今回だけはピケJrにお礼を言わなければいけませんね(笑)。フラビオがピケJrに「今だ!クラッシュしろ!」なんて言ってたりして(笑)。冗談はこれくらいにしても、本当に見事な勝利でした。最後のSC後のペースも一人神懸ってましたし(3秒速かった)、久々に元王者の風格を見せ付けられた気がします。



マクラーレンはハミルトンが3位表彰台と、最後はロズベルグに対して無理をせず確実にポイントを取ってきたのは流石でした。こういう局面で一番重要なのはポイントを確実に取ることですからね。後述しますが、フェラーリのマッサとの差が開いたので、残り3戦となった現状、マッサが3連勝しても2位に確実につけていれば1ポイント差でチャンプ確定ですからね。勿論色んな状況が予想されますし、最終的にチャンプ争いは最終戦ブラジルGPまでもつれそうですから、10月は本当に見逃せないレースが続きそうです。

さてフェラーリですが・・・。私から言える事は自動ロリポップマシン?を一刻も早く廃止すべきじゃないかと思いますね(笑)。あれで何回勝てるレースを落としたんでしょうか。今回マッサの件に関しても、初めは「何を焦ってるんだ」と思ってしまいましたが、その後オンボードリプレイを見ると明らかにブルーシグナルが点灯してますからね。直ぐに赤に変わりましたが、ドライバーとしては青で反応してしまうでしょうし。マッサに責められるべき点があるとすれば、異常を感じた時点で直ぐにストップするべきではあったと思いますが結果論ですからね・・。ただあの状態からだとピットでストップすると後方からやってくるマシンの通行妨害になりますし、一番安全な場所まで進んで止まったのもある意味では冷静な判断だったかもしれません。普通のクローズドコースであれば、周回遅れにもなっていませんし、順位挽回も可能だったかもしれませんが、あの時点で最後尾に落ちてしまったのはコース的にも致命的でした。
余談ですがマッサの事故後のライコネンのピットイン時は、通常のロリポップを使ってのスタート合図を出してましたね(笑)。あれはさすがに失笑してしまいました・・。遅すぎです(笑)。
そのライコネンも最後にクラッシュで終了という何度か見た光景でレースを台無しにしてしまいました・・。コンストラクター争いでもマクラーレンに抜かれてしまったので、このリタイアはかなり大きい気がしますね・・。チャンプ争いはもう完全に終了でしょうし、レース後コメントでも「チームのために出来る事を」という発言を行っていましたので、残り3戦のライコネンの仕事はマッサの為にもチームの為にも、とても重要なものになってくると思います。
マッサはハミルトンに7ポイントの差を付けられてしまったので、かなり厳しい状態になってしまいましたが、残り3戦ハミルトンに何かが起こる可能性もあります。まだまだ何か波乱が起きそうなシーズン終盤となりそうです。

そのライコネンのリタイアを受けて8位入賞を果たしたのが中嶋一貴。久々の入賞となりましたが、今回感じたのはタフなレース展開になればなるほど、しっかりと順位を上げて結果を残しているなーという点です。バレンシアは不運でしたが今回はコース的にも合っていたんでしょう。初のQ3進出もありましたし、ロズベルグとはそれほど差もありませんでしたからね。ウェットレースになる可能性が結構ありそうな日本凱旋レースではどのようなレースを見せてくれるか非常に楽しみです。

日本GP前のレースとして日本メーカーも気合が入っていたかと思いますが、トヨタとホンダの明暗ははっきり分かれました・・。トヨタのトゥルーリはトラブルが発生する前まではトップ走行含め良い位置を走っていましたし、グロックは4位と結果を残しました。
ホンダはまあ予想通りの展開といいましょうか・・。バリチェロはかなり良い結果を得る可能性がありましたがまさかのストップ。客席にグローブを放り投げたら反対側の隙間から川底へ落ちていったのが悲しかったです(笑)。バトンもこの荒れた展開をモノに出来ず9位。来年に向け完全に開発をシフトしているとはいえ、あまりにも酷い内容でした。

ホンダは来季アロンソを本気で呼ぼうと思っているみたいですが、これではBMWに取られても仕方ないなって思いますけどね・・。ただ今回の優勝でルノー残留という可能性もゼロではなくなったような気もしますが。