GTR2 EG2鯖@TI Aida(SGT500+300 MOD)

    15



深夜or毎夜鯖さん以外で走るのは多分1年ぶりくらいかもしれません。24日深夜にホッケンハイムでリリース記念?レースが毎夜鯖さんで行われましたが、今回EG2鯖さんの方でもTI Aida(岡山国際)で記念レースが行われるという事で、急遽参加させてもらいました。21時台にレース参加出来るのはホント今だけなので(笑)。鯖オープンと同時に速攻満室になってたので焦りました;;。
今回GT500+GT300の混走で27周のプチ耐久との事。いよいよ異種クラスの同時走行という事で楽しみにしていました。最初はRAYBRIGで参加しましたが、同じ車種が多かったのとGT300クラスが少なかったので、落ちたついでにRX-7に乗り換えました(笑)。確実に周回遅れになるはずなので、後方からGT500クラスの集団が迫ってきた時、恐怖を感じるのか見たかったというのもあります(笑)。フリーを20分走行した後、ワンアタック予選です。今回は最初の10分でGT300クラスの予選、後半10分でGT500クラスの予選という形で行われましたが、こういう予選も新鮮でなかなか楽しかったです。
ただ、ワンアタックだけにミスされて後方に沈むGT500クラスのマシンも居たので、リアルSGTのように完全にクラス分けのグリッドが再現される事はありませんでした。この辺りはワンアタック予選じゃない方がいいかもしれないですね。予選1回目は全クラス混走で時間の限りアタックし、予選2回目はGT500の上位10台だけでスーパーポール方式(ワンアタック)とかにするのも良いかもしれませんねー。走る方は緊張するでしょうが(笑)。



結局予選はGT300クラスの中では2番手、総合18~20番手くらいだったかと思います。

今回は27周でタイヤ・燃料消費×3の耐久仕様でしたので、しっかり燃料消費も測りたいところでしたが、全く見るのを忘れていました(笑)。7L/周くらいだったかなーと思い、100L搭載の100L給油の1ストップ、タイヤは前後ハードというストラテジーになると思います。
セッティングは以前SGT300シリーズで走った時のセッティングがありましたが、イマイチ上手く使えなかった(気温・路面温度の違いから?)ので、多少微調整して挑みます。

予選からパラパラと雨模様(路面はほぼドライ)だったので、決勝では快晴になるだろうと勝手に思ってましたが(笑)、雨+ウェット路面に・・・。さあこれはどうなるだろうとワクワクしてきます(笑)。ローリングスタートなので、パレードラップがあるのですが、タイヤを暖めるのが怖いくらいだったのでとにかくブレーキだけは念入りに熱入れします。




しかしGT500クラスには厳しい状態だったのか、アチコチでスピンやコースアウトするマシンが居たりしてました。波乱の展開が予想されます(笑)。




という事でスタートです。最終コーナー回る前にスタート合図が出ていたので、前がどうなってるのかサッパリ分かりませんでしたが、先頭集団が1コーナーを通過する頃、最終コーナーを立ち上がっていたくらいでした(SSで僅かに見えます(笑))。




ウェットなので至るところでスピン多発しています。アクセルを開けれないGT500勢をGT300クラスで追い回すのはなかなか楽しいものがありました(笑)。この画像はちょうどGT300クラスのトップ争いです。Gunboyさんを追いかける私とRothmansさん。かなりアツかったです。




ミスして後方に下がっていたGT500マシンが追いついてきますが、ストレート速度が段違いなので、結構恐怖を感じます(笑)。順位争いをしているので譲るべきか耐えるべきか悩みます・・。




GT500勢をレース中に抜いて順位を上げたりと、ウェットレースならではの面白い展開に。レース中盤には総合7位くらいまで上がっていて、このまま終えたいな・・・と思いつつ走ります。後方から上位勢と思しきGT500勢(zerosikiさん、KOBAさん)が迫ってきたので、譲ったら全部同一周回のマシンでしたorz。




13周目辺りにピットイン。しかしピット場所が分からず焦ります。メカニックが表示されてる場所にRodgersさんのインパルZが止まっていたので、そこではないと勘違いしましたがどうやらその場所だったようです;;。通り過ぎて止まってしまい、あとからバックして(笑)所定位置に戻りましたが作業はやってくれませんでしたorz。仕方なくピットアウトしますが、致命的なロスでした・・。




翌周に再度ピットイン。100L給油してタイヤは前後ハードコンパウンドのドライタイヤに変更。まだ路面がテカってたので大丈夫なのかと心配でしたが、ここでギャンブル?しないと順位回復は望めそうにありませんでしたから・・。




しかしドライタイヤは意外と走りにくくはなく、路面コンディションが徐々に乾いていく感じの中、どんどん良い感じで走れるようになっていきました。後方からトップ走行だった(と思う)zerosikiさんが迫ってきたのでサイドに避けて譲りましたが真横でスピン状態に。邪魔になってはいなかったと思いますが、ちょっと気になりました・・・。




前方にはシングル圏内を走行中のRothmansさんが。前半はペースが全く違ってチギられてしまいましたが、後半タイヤが厳しそうな雰囲気で追いついてしまいます。私は既に大幅に順位を下げて対Rothmansさんから見ても周回遅れになっていたので、どうしようか悩みましたが結局追い抜きさせてもらって前を目指します。




しかし結局こんな感じで(笑)。後半スティントはホント酷いもんでした;;




2周遅れくらいでチェッカー。




-----------------------------------------------------------------------


いやー、本格的な混走というか、300クラスで走ってみた訳ですが、かなり面白かったです。私自身のレース内容は酷い有様でしたが(笑)、ウェットだと状況次第ではGT500クラスも追い回せるというのが分かったレースでした。私とRothmansさんの二人で序盤にガンガン500勢を追い抜いて順位を上げていってた時はかなり楽しかったです(笑)。結局私は後方に沈んでしまいましたが、Rothmansさんは確かシングル圏内でチェッカーを受けられていたような。流石です。

GT500勢は2ストップだったんでしょうか?。私がNSXで最初走ってた時は1ストップでは燃料が絶対足らないと思ってましたが。そういう意味でも500と300では当然ですがピットストップ回数が違うので、レース展開次第では色んなドラマが起こり得そうですね。

これから何度も今回のような混走レースが行われるかと思いますが、GT500でガチ勝負を挑むのも面白いでしょうが、個人的には300クラスで上位500勢の恐怖に耐えながら(笑)走るのも面白いなーと思いました。ドライなら当然勝負にならないので、ウェットだったというのも大きいですけどね(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/12/25
コース:TIサーキット英田(現:岡山国際サーキット)
車種:AMEMIYA ASPARADRINK RX-7 RE AMEMIYA
予選:19位 1:28.506(+7.722)
決勝:15位 43:45.350 LAP25(+2Laps)
レースラップ:16位 1:33.644 LAP23(+7.191)
詳細データ:http://enjoygtr2.web.fc2.com/racelog.html