GTR2 JPN-MYS鯖@WatkinsGlen(Elise)

    6



ここ最近仕事が忙しすぎで帰宅が遅すぎて参戦できませんでしたが、昨晩は少し時間に余裕があったので(といっても帰宅は22時回ってましたが・・)、急遽参戦しました。場所はワトキンスグレンでストレート後にシケインの無いコースでした。何時もあるものと思って走っていたので、最初のラップの時は少し焦りました(笑)。
車はBARエリーゼを何時ものように使いますが、今回のコースはポルシェ向きだったのか、上位勢のタイムに届く気がしませんでした;;。ストレートで差をつけられているような雰囲気だったので、ウイングは勿論1-1、とにかく抵抗を少なくしようとセッティングを作っていきます。以前のエリーゼセッティングを見ると足回りは左右非対称で作っていたみたいなので(バンク部対策)、それで走っていたのですがどうにも良いタイムが出ません。なので、左右対称に戻してみたところ、急激に走りやすくなったので(笑)、今までは一体何だったんだ・・という感じです;;。良く分からないのにヘンな事をするもんじゃないと思いました(笑)。
予選はポルシェ勢のスリップの恩恵を受けて何とかタイムを出そうと思いましたが、上手く恩恵を使えず(笑)50秒台には入れずに予選7番手から。それでも足回りを元に戻した事で走りやすさが戻りタイムも比較的アップしていたので、もしかしたら足回りで凄い抵抗を受けていたのかもしれませんねorz。エリーゼ勢のトップはbordさん。何とかその次のタイムは出せましたが、決勝は厳しい展開になりそうです・・。




決勝はタイヤ消耗から来る後半のペースダウン考えてM/Mでスタートします。何時ものようにリプレイ最初の部分が切れていたので;;、スタート後のオープニングラップ終了後くらいから。スタートは1速のギア比が高すぎて失速してしまい、若干抜かれてしまいましたが、1コーナーの混乱があったようで(直ぐ横のマシン(bordさん?)がスピンしていたので何かあったのは間違いないのですが)、6位まで浮上。前はポルシェ勢だけなので、何とかついていきたいところ。




前方では結構やりあっている感じでしたので、何とかついていけます。少しづつ差が詰まっていったので、大分スリップの恩恵でトップスピードが伸びます。後方からZEAL-Rさんがついてきていましたが、後ろにつかれるとスリップで差を詰められると思ったので、この前半は予選並みに必死で走ります。




トップのEmperor-Dさんが少し抜け出す感じですが、2位以下は良い感じに密集していたので、cnさんの後ろでスリップを使いながらついていきます。この時に自己ベストの50秒台(予選より速かった)が出ていたので、やはりポルシェ勢のストレート速度はアドバンテージがあったみたいですね。




cnさんのスリップを使って引っ張ってもらっていたので、後方のZEAL-Rさんとの差が少しづつ開いていきます。




2位集団のsatorukoさんが1コーナーでスピン。ここで一気に仕掛けていきます。




satorukoさんのスピンを避けて失速気味だったcnさんをここでオーバーテイクします。




しかし速度的にすぐ後方からオラオラされてしまいます。前のModenaさんとの差も詰まるどころがジリジリ離されていく感じでしたので、




ここは一旦引いてcnさんを前に出して、再度引っ張っていってもらう事に。




しかし今度は離されてしまって追いつけなくなります(笑)。




cnさんとModenaさんがやりあっていたのか、順位が変わりcnさんが前に出ています。その影響か差が一気に詰まって、若干スリップが効きだします。




裏ストレート入り口でModenaさんがミスって失速。そのインを飛び込んでいって4位に浮上。Modenaさんを後方から見る限りではタイヤが厳しそうな雰囲気でしたが、私のほうはM/Mで出ていたからか、殆ど消耗も無くまだまだグリップは十分です。




4位浮上してフィニッシュラインに戻ってファイナルラップ。しかし、Modenaさんのペースが一気に上がってきて後ろからガンガンきます。スキあらばいくという感じだったのでストレート前のコーナーでミスは厳禁でしたが、前の周で抜いたストレートの立ち上がりでリアをスライドさせて失速させてしまいます・・これはまずいです;;。後ろからsatorukoさんも来ています。




スリップから一気に横に並ばれます。




下りながらの右コーナーでアウト側から何とか踏ん張ります。次は左コーナーなので、位置関係的に私が有利だと思ったので、この時点で抑えきれるか・・と考えましたが、




イン側ラインからインベタで走行しますが、アウト側からModenaさんが来ていたので、苦しいラインを通る事になり結構スピードを落とします。そこに後ろから一気に追い上げて来ていたsatorukoさんが来て、




激しく突っつかれます;;。




立ち上がりでどうにも耐え切れずリアからブレイク。立て直そうとしましたがオツリを食らってアウト側に吹っ飛んでいき、真横におられたModenaさんに激突・・。




うーん・・・・。Rodgersさんはこの混乱を見事に避けきって一気に4位に。




9位でチェッカー。




--------------------------------------------------------


何であんなところでスピンしてしまったのか不思議で仕方無かったのですが、リプレイを見て状況は掴めました。が、結果的にModenaさんのレースを台無しにしてしまってホント申し訳なかったです。

サイドバイサイドで横方向から接触するのはお互い挙動を乱しにくいものですが、コーナーリング中にリアから接触されると、グリップを最大限に使っている状況であればあるほど「僅かなコツン」であっても物凄く挙動が不安定になってしまいますし一瞬でスピンに陥ってしまう事も多々あります。なので、こういうバトル時の「前後の距離感」は、相手のラインを判断しどのような速度域で通過するかをある程度推測する事が大事だと思います。ブレーキングで突っ込み過ぎた時に当たった・・という事であれば良くあることなので十分理解できるのですが、進入から出口までコーナリング中に何度も接触していた感じだったので(リプレイをみる限り)、やはり少し危険な状況であったと思います。

少々厳しい事を書いてしまったかもしれませんが、Modenaさんを巻き添えにしてしまっただけにスルーする訳にもいかず書かせてもらいました。勿論私自身も加害者側としてこういうシチュエーションが過去にも何度もあって凄く反省したりするので偉そうな事は言えませんが;;、オッサンの愛のムチと思って聞いて頂ければと思います(笑)。
この件はこれで終了という事で、また次のレースでは良いバトルをお願いしますね!


P.S.
明日は新生鈴鹿サーキットのF1キックオフパーティに行ってきます。写真をアホほど撮ってきて、ブログにアップする予定ですのでお楽しみに!


■リザルトデータ

日時:2009/04/10
コース:WatkinsGlen
車種:Lotus Elise BAR HONDA
予選:7位 1:51.163(+1.137)
決勝:9位 20:56.672 LAP11(+23.510)
レースラップ:5位 1:50.987 LAP4(+0.615)

詳細データ:https://dl.getdropbox.com/u/861344/GTR2Result%201/GTR2Season1_000.html