バルセロナでも強かった - 2009年 F1 第5戦 スペインGP

    6



記事を書くのが遅くなりました・・。スペインGPからいよいよヨーロッパラウンド。各チームとも精力的にアップデートを加えて臨んだレースでしたが、ここでも強かったブラウンGP。といってもヴェッテルがフェラーリ(マッサ)の後ろに引っかかっていなければどうなっていたかは分からないですね。それくらいレッドブルのマシンは最速マシンに近くなってきたような気がします。ニューウェイ自らが「チャレンジ」と言い張る2層ディフューザーの搭載がいよいよ次戦モナコGPでお披露目されるかもしれませんが、果たしてその時にレッドブルのマシンがどうなるかが見モノですね。
今回のレース、そしてレース前と色々ありましたので、後ほどゆっくり書き綴っていこうとおもっておりますが、まずはバトンの優勝で5戦中4勝。数字だけみれば圧倒的な強さといえますが、レース展開を振り返るとそれほど余裕のレースって無いんですよね。バトンには色々と想いがあって(2004~2005年シーズンを思い出したりすると・・)イマイチ好きにはなれないんですが、悔しいけど彼の才能が如何なく発揮されているシーズンになってますね。タイヤマネージメントの上手さは以前から定評がありますが、レース運びもそうですけどミスも殆ど無く完璧にやるべきことをやってのけてます。この強さとブラウンの安定したマシンがまさにマッチしているシーズンですよね・・。ここバルセロナで速いマシンはシーズン通して速いといわれますが、各チームがアップデートしてきた中、今も安定して速さを見せてきているだけに、いよいよシーズンの行方が見えてきたかな?という感じでしょうか。CSでも言ってましたが、ここで勝つとワールドチャンピオンになる確率が非常に高いといわれてますので、後はレッドブルがどれだけ追いかけてくるか、これだけが今シーズンの焦点かと思います。




■チームオーダー疑惑
好調なチームほど色んな問題が出てきますね(笑)。バリチェロの発言が話題となっていますが、やはりフェラーリ時代に実体験しているだけに、今回のバトンの作戦変更は疑問に思うのかもしれませんね。ただ、今回ようやくNEXT初視聴となりラップチャートと共に見ていましたが、バリチェロの3スティント目のペースダウンが無ければ間違いなく勝っていたと思います。タイヤの問題があったという事みたいですが、あのペースの悪さは致命的でしたよね・・。何が起こったのかわかりませんが、今回は何人かのドライバーがグリップ低下(しかも原因不明の)を訴えていたので、何らかの問題がコース上にあったのかもと思います。考えられるのはあのスタート直後のアクシデントでしょうか。いずれにしてもこういう時に勝てないというのはチームオーダー云々以前に「運」という部分なんじゃないかなと思うんですよね。その運がバリチェロには無かったということなんでしょう。
逆にバトンの方は、ラップタイムがかなり悪くなるハードタイヤでもかなり良いペースでコンスタントに周回を重ねていましたし、2ストップのデメリット(ハードタイヤで長く走る)を上手く解消していたという印象を受けます。まあ暫くはこの話題が騒がしいとは思いますが、ロス・ブラウンならバリチェロの後ろで引っかかっていたバトンを作戦変更させるのは当然のことかなと思いますし、むしろチャンピオンを取るためには、両ドライバーを平等に戦わせて上手くいった過去は殆どないような気がしますので、今後のシーズンはある程度のコントロールをしていくんじゃないかなと思うんですけどね・・。ただバリチェロはそれに従わないと公言したみたいですし(笑)、シーズン中盤頃に問題が起こりそうな予感がしますね・・。


■フェラーリは白旗か
いやー、今シーズンのフェラーリの低迷は酷いものがありますね・・。ブラウンが登場する前までは最速と思われていたチームがこのようなシーズンを向かえるとは誰が予想したでしょうか。相変わらず信頼性が不足していて不要なミスを重ね、遂にはドメニカリの辞任問題まで発展しそうな勢いです。まさに80年代~90年代中盤までのフェラーリを見ているようで懐かしさすら覚えます(笑)。あの頃もチーム代表のクビを何度すげかえた事でしょうか。ピッチニーニからフィオリオ、ロンバルディと迷走していた時代、結局チームが良くなる事はありませんでしたからね・・。現状はそれ以前の問題のように思えます。
今回もライコネンはトラブルからリタイア、マッサもKERSが不調だったにも拘らず何とか上位フィニッシュできそうだったのに燃料が足りないという情けない状況からペースダウンを余儀なくし、2つ順位を落としてのチェッカー。流石に最終戦までチャンプ争いをしていたマッサも諦めの言葉が出てしまうのも当然でしょうね。マシンそのものは開幕戦から比べて驚くべき進歩を遂げてますし、決して中団以降に埋もれるようなマシンじゃありませんので、とにかく信頼性の確保とチームのミステイクを無くす事が先決でしょう。現状、ブラウンとレッドブルの次に来るくらいの力にはなってきているように思えますので・・。


■SAF1復活?
久々にこんな話題が出てきましたね。予算キャップ制導入となりそうな2010年シーズンですが、予算低減となるという事で亜久里氏に話が及んだんだと思いますが、リップサービス的なコメントが大きな騒ぎになりましたね(笑)。流石に翌年の参戦を考えているとは思えなかったのですが、ここに来て改めて参戦の意思は無いというコメントを発表して騒ぎの沈静化を図ってきたようです・・。勿論SAF1が再び表舞台に立つなんて事があれば凄く嬉しいニュースでしょうが、現状ではかなり厳しいでしょう。資金的に負担減となったとはいえ、それでも50億レベルのカネが必要となりますし、肝心のホンダは撤退してしまいましたからね。ホンダが助けてくれるとは到底思えませんし(悪い意味ではなく、撤退翌年にF1に再びカネを投資する事は額の大小問わず許されないでしょう)。
勿論何かのチャンスがあり、それ以外の問題がクリアになりそうな様々な要因が参戦可能な状況になりそうだと想定できたとしたら、再びやってみようか・・と考えるかもしれませんね、という軽いコメントだったんだと思います。本音はまたやって欲しいですけどね・・。

それにしても予算キャップ制度、どうなるんでしょうね。2010年エントリー締め切りは今月末くらいだったかと思いますが、現状だとウィリアムズ以外参戦すると発表しているチームはありませんし、このまますんなりいくとは到底思えませんね(笑)。今月中旬頃から下旬に掛けて、この話題のニュースがかなり盛り上がりそうな予感です。


■琢磨アメリカへ
インディ500を観戦しに渡米している琢磨。いよいよアメリカを新天地として考えているのかなという印象を受けますが、とりあえず悪い事ではないかなと思います。レース勘という部分において、F1以外のカテゴリを走るのでも全然違うんじゃないかなと思いますし、とにかくレースをやっている姿を見たいと思いますしね・・。
来期以降も勿論F1を最優先に考えているでしょうし、ピケJrの方はまだどうなるか分かりませんが、とにかくF1に戻れる為ならどんな小さいチャンスも貪欲に飛びついてきて欲しいと思います。