GTR2 ROC 第三戦 富士スピードウェイ

    16



今日は仕事だったのですが、W杯最終予選が19時からあると勘違いして速攻帰宅したマヌケな私です(笑)。テレビ見てもやってなくて何でかなと思ったら今やってる状況です(1-0で勝ってます!)。そんな感じでしたので、今晩のROC3戦目はJOINテストもやっていませんし、ROC用富士も一度も走っていなかったので、JOIN30分前にコソ連をやることに(笑)。今までの結果はクラッシュでノーポイントと不参加という悲惨な内容ですので、今回はちょっと気合いれて走る事に。とにかくNSXの不安定な挙動を抑える為、前回鈴鹿前に結構セッティングを煮詰めていたのですが、かなり安定して走れる感じのセットを見つけれた感じでしたので、そのセッティングを元に富士で調整していきます。
とにかくストレートを速くするためウイングを結構寝かしました。3-4で走っていましたがフロントが勝っている感じでオーバー挙動が唐突に出る感じでしたので、2-4にて調整。ストレートエンドで300km/hを僅かに超えるくらいの速度が出ていたので、良い感じかな?と(スープラやZがどれくらい出るのか分かりませんけど・・)。あとはギア比やデフの調整は勿論でしたが、数周走ってはタイヤ温度を見て、キャンバー角や空気圧などの設定を施したりトーやアンチロールバーなどを弄ったりと、今までにない細かい部分を煮詰めていきました。感覚的にアクセルをラフに踏み込めば流石にリアが出ますが、今までよりはかなり安定している感じに・・。さあこれでいざ勝負と(笑)、鯖にJOINします。




オフラインでは31秒台に入ってたので、1秒遅れとしても32秒台には入れそうな感じでしたが、意外と周りのペースが上がっていない感じで、早速32秒台に入るものの差を詰めてくるマシンがなかなか現れません。やはりこの2戦で上位入賞している各ドライバーのウェイトハンデがジワジワ効いて来ている感じです・・。ZERO1さんやmaxiさん、Rodgersさんにwhite tailさんと、ウエイトを3~40kg積んでるマシンは軒並み1秒以上遅れている感じでした。これは遂にチャンスが来たのか!?とプラクティスを走りながら緊張してきました(笑)。
タイム的には問題無さそうでしたので、燃料をレース距離分積んでタイヤ消費を見ながらロングランを敢行したり、色々と走りこみを続けてデータを取っていきます。ソフトタイヤでは15周のレース距離は結構厳しいかな・・という感じでしたので、前後ミディアムで決勝は走ろうと決定。あとは予選想定で空タンアタックを何度か行います。32秒前半まで出たので、予選は31秒台を狙います。

予選開始早々アタック開始。最初のアタックラップで32秒8を出して暫定トップ。しかしかなりミスっていたので、まだまだタイムが詰められると思っていましたが、何故か2周目以降のタイムが計測されません・・。おかしいなーと思ってチャットを見ると皆さんも同じような症状に・・。これってもしかしてワンアタック設定になってるのでは?と思いましたがやはりそのようでした(笑)。早速鯖を立て直して10分予選の仕切り直しです。
再び精神を集中してアタック。最初のアタックで32秒フラットまでタイムを詰めますが、セクター3で若干ミスってしまってたので、確実に31秒台は狙える感じでした。しかし最後のアタックはミスったりしてタイム更新ならず。それでもROCでは初のPP獲得。ウェイトハンデの影響が大きかったとは言え、かなり嬉しい結果でした。



PPからのスタートをどうしたらいいのか分からず少し焦りましたが(笑)、後方からやってきたペースカーを先頭にFLスタート。タイヤはM/M、燃料は50L積んでスタートです。タイヤは十分持つと思いますが、序盤のペースを上げるためにもブレーキは勿論タイヤをしっかり温めます。




その直後、今回予選2番手とかなり手ごわい存在になりそうだったtakkamさんがまさかのスピン・・。レギュレーションで最後方へ下がる形となってしまったみたいで、個人的にはプレッシャーが和らぎましたがご本人にとっては非常に残念な結果だったと思います;;。




最終コーナーを立ち上がってスタート合図を待ちます。かなり遅れてアクセルオンしてしまったので、抜かれるかと思いましたが何とか無事に・・。後ろからはtakkamさんに代わって2番手スタートとなったxanavi-yuukiさん。




1コーナーを守って先頭で走行。xanavi-yuukiさんがアウトに膨らんだ間にTORAOUさんがインからポジションアップ。私は少しでも差を広げようと全開で飛ばします。




序盤はずっとこのような感じ。TORAOUさんとxanavi-yuukiさんがバトル状態になればその間に差を広げられるかなと思いつつ、自分がミスを絶対しないようかなり集中して走ります。




少しづつ差を広げて1.5秒差くらいの間隔で走行。しかしタイムが詰まったり広がったりと1.2~1.8秒くらいの差で行ったり来たりとします。




だんだんとタイヤが厳しくなってきて若干アンダー気味になってきます。しかしアクセルを開けすぎると唐突にオーバーが出るといった非常に怪しい挙動を示してきます(笑)。TORAOUさんも全く離れずむしろ差を詰めてくる感じに。その差が1秒を切る事もあり、プレッシャーは相当なものでした;;。感覚的にウイング角が私よりついてるのか、高速コーナーで差を詰めてくる感じ。しかしセクター3では少し差を広げるといった感じでしたので、実際どうだったのか分かりませんが・・。




後方でxanavi-yuukiさんとRodgersさんのバトル。実況でもかなり映っていましたが(笑)、レース後に拝見してもかなりのバトルでしたねー。ホント見ごたえがありました!




レース終盤。1秒を切るくらいの差に近づいてくるTORAOUさん。ワンミスで確実にやられる状態ですので、本当にプレッシャーが凄かったです。抜きつ抜かれつといったバトルも良いですが、こういう緊迫した状態が永遠と続くのも最高のバトルと言えると思います。何時もはプレッシャーに押しつぶされてやっちまうのですが(笑)、今回はどうなるか・・。




ファイナルラップ。お互いノーポイントでウェイトハンデ無しの2台でしたが、やはり後続を離してのマッチレースとなりました。セクター3区間は緊張でヤバいくらいでしたが、インを閉めつつミスを絶対しないよう慎重に走ります。




最終コーナーを立ち上がってトップチェッカー。




1周ウイニングランを走ってピットへ戻ります。皆さんパッシングありがとうでしたー。ピット内で手荒い祝福をしてくれた(笑)Rodgersさんもthxでした!




-----------------------------------------------


いやー、ホント嬉しかったです。何度も言うようにウェイトハンデの要素がかなり効いたと思いますが、何となくNSXで勝てるチャンスが今後もあまり無いかも・・と思っていましたので、今回はそのチャンスをミスなくモノに出来たという事が、かなり嬉しい感じでした。それにしてもこれだけレースで疲れたのは久しぶりです;;。

開幕戦、2戦目鈴鹿と見てきてNSXで勝つのは不可能かも?と思っていましたが、ROCで何とか1勝する事が出来て安心しました・・。終盤はタイヤがかなりキツくて曲がらない状況が続いていたので、その都度TORAOUさんに詰めてこられるのがホント恐怖でした(笑)。でもこういうレースはホント精神戦という感じで素晴らしいバトルだったと思います。改めてTORAOUさんバトルthxでした!。

NSX勢での初優勝はzarosikiさんに確実に持ってかれるだろうなと思ってましたが(笑)、私であったという事はホントラッキーでした(笑)。それにしてもNSX勢は今回も振るわなかったですが、やはりセッティング的に私がピタリとハマったんでしょうかね・・。その辺りが気になるところですが・・。
次戦6/27(土)はセパンラウンド。得意コースですがいよいよ私もウェイトを積むので、出来るだけ上位でフィニッシュ出来れば・・と思っております。参加された皆さんお疲れでした!


何時ものように今回の実況解説付きの動画を貼っておきます。



RACE OF CHAMPIONS http://www.jods.jp/roc/


■リザルトデータ

日時:2009/06/06
コース:FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
車種:HONDA NSX RAYBRIG NSX
予選:1位 1:32.069(-0.472)
決勝:1位 25:02.084 LAP15(+0.977)
レースラップ:3位 1:33.600 LAP4(+0.091)

詳細データ:http://www.jods.jp/roc/schedule.html



■ポイントランキング

Pos Drivers Name Total
Point
岡山 鈴鹿 富士 セパン 菅生 鈴鹿
耐久
オート
ポリス
富士
耐久
5/2 5/23 6/6 6/27 8/1 8/29 9/19 10/3
1  white tail 16 6 6 4          
2  maxi 11 DNF 10 1          
3  ZERO1 10 10 0 0          
4  SYORI 10 0 DNE 10          
5  Rodgers 8 4 4 0          
6  TORAOU 6 DNE 0 6          
7  Yakkun 5 3 2 0          
8  takkam 5 1 1 3          
9  xanavi-yuuki 4 2 DNF 2          
10  zerosiki 3 DQ 3 0          
11  pjm 0 0 0 0          
12  HunkyDory 0 DNF 0 0          
13  gole7412 0 0 0 DNE          
 
※DNF:決勝リタイア DQ:失格 DNE:決勝未出走