2人の勝者 - 2009年 F1 第12戦 ベルギーGP

    10



まさにタイトル通りのレースと言いましょうか・・。レースに勝ったライコネンと今GPで一番光っていたフィジケラと・・。抜きつ抜かれつはありませんでしたが、まさに一騎打ちといったレースでした。KERSが無ければこのレースの結果は違っていたものになっていたでしょう。それくらい、あのリスタート後のオーバーテイクが全てだったという感じです。ライコネンはアッサリ抜けたと言ってましたが、あの後チェッカーまでよくミスも無く走り切れたものです・・。あの状況下でのプレッシャーは物凄いものがあると思いますし、それを感じさせないライコネンはホント凄い人です(笑)。またフィジケラも最後の最後まで1秒以内の差で走り続けていたのが素晴らしすぎでした。多分42周目か43周目にフィジケラの自己ベストが出ていたようなので、速さは勿論体力的にもまだまだ健在というところを全世界にアピールしたんじゃないでしょうか。
レース後はモンツァでフェラーリに乗る?とインタビュアーに聞かれていましたが(笑)、フォースインディアのエンジンサプライヤーがフェラーリだったら実現するかもって思いますが、どうなんでしょうね。まあ少なくともバドエルよりは確実に速いのは間違いないでしょうが(笑)。






記念?にレースリザルトも載せておきます(笑)。しかし、フィジケラのレースペースは本当に良かったですね。惜しむは1回目のピットイン時にライコネンより僅かでも燃料を多めに積んでいれば、2回目のピットインで抜けていたかも・・という点でしょうか。SC絡みがあったとは言え、1回目のピットインタイミングが重い燃料搭載量で走っていたライコネンと同じだったというのもビックリでしたが、ここまで戦略が全く同じだったというのも凄かったです。ましてや優勝争いなんてした事もないフォースインディアのピットクルーの仕事ぶりも素晴らしかったですねー。まあジョーダン時代のクルーもいるのでしたら、その辺りは経験があるでしょうが、それにしてもピットストップの的確な送り出しは素晴らしかったですね。

決勝後の記者会見でも言ってましたが、フィジケラのペースは恐らくライコネンよりも良かったっぽいですね。後ろで引っかかっていたという表現でしたし、流石にあれ以上接近する事はダウンフォースを失って危険だったのかもしれませんね。そう考えるとリスタートで守り切れなかった(KERSの力を防ぐ事は出来なかったかと思いますが)のが本当に勿体なかったですね。それ以前に、最初のスタートでは完璧にトップを守り、しかもケメルストレートエンドではライコネンが飛び出して差が大きく開いていたので、あの多重クラッシュが無くSCも出なければ・・という思いもありますね。まあタラレバばかり言ってても仕方ありませんが(笑)、今回のレースはそれくらい勝てるチャンスがあったということでしょう。アロンソが走り切っていればまた状況も複雑になっていたかもしれませんが・・。それでもポイント獲得すらした事の無かったチームがPP獲得し、最後まで優勝争いをしていた訳ですから、今晩はチームも飲めや歌えやの大騒ぎでしょう(笑)。今回のレースを見ている限りでは、トップスピードが伸びるマシンが調子が良かったような感じなので、次戦モンツァのイタリアGPでもトップスピードの利を生かしてこの勢いが続きそうな雰囲気です。

ライコネンに話を戻すと、彼も今季初優勝ですし、チームにとってもそうです。色んな要素があったとはいえ、やはりビッグチームはシーズン後半にかけて力を取り戻してきますよね。この辺りが流石でもあり恐ろしくもあります・・。

さて、
今回ブラウン勢は最悪の週末といっても良かったかもしれませんね。バリチェロは辛うじて2ポイント獲得しましたが、バトンはまさかの0周リタイア・・。これは予想だにしませんでしたが、予選のつまづきが結果こういったアクシデントを受ける可能性を高めてしまった訳で、こればかりはバトンが頑張るしかないかとは思うのですが・・。現にバリチェロの予選を見る限りマシンのポテンシャルが下がっている訳ではないのですから。そう考えると、バトンは初のワールドチャンピオンに向けて相当なプレッシャーというか目に見えない重圧が圧し掛かってきているような感じですよね。今宮さんも言ってましたが「守り」に完全に入っているような印象ですし、攻めに転じようとして空回りしているような感じさえ受けます・・。あと一回優勝したりすれば、何となく吹っ切れてそのままチャンプになってしまう感じがしますが、今の状態だとまだまだ一波乱がありそうな感じがしますね・・。
今回のアクシデントで審議になっていますが、バトンはイン側に居たグロージャンにヒットされたような感じでしたけども、それで裁定がどうなろうとバトンが失ったものが帰ってくる事はありませんからね。幸いだったのはポイント差がそれ程詰まらなかったという点でしょうか。残り5戦で16ポイント差。普通に考えればイージーな差ではありますが、果たして今年のチャンプの行方はどうなるのでしょうか。

日本勢に目をむけると、
トヨタは優勝のチャンスをまたフイにしてしまいましたね・・。予選重量から見てもトゥルーリはかなり速い感じでしたので、このレースをリタイアで終えるというのは相当悔しかったんじゃないでしょうか。グロックも結局ポイント圏外で終わりましたし・・。11月にF1予算の承認があるという事で今はまだ分からない・来季も参戦する予定だという発言を繰り返しているハウェットですが、だんだん雲行きが怪しくなっていってるような気がして仕方が無いんですけどね。トゥルーリの離脱の噂もあったりと、なんかそっち方面の話に結びついてしまうんですよね・・。出来れば参戦継続し、一貴・可夢偉ペアみたいなものも見たいなと思ったりしますが。

その中嶋一貴は、今回も何時ものようなレースで何時ものような結果で終わりましたね・・。ロズベルグの結果を見ても今回はウィリアムズにとって厳しいレースだったかと思いますが、この出口の見えないトンネルを何時脱出してくれるんでしょうか・・・。上手くいく時は8位とかじゃなくもっと上の順位でかるーくフィニッシュしたりしそうなんですが・・。