可夢偉6位入賞! - 2009年 F1 最終戦 アブダビGP

    12



2009年の最終戦が終わりました。いやー今回のレースは面白かったです。コースもドライバーがそれぞれ口にしているように、なかなか面白そうなレイアウトですし、オーバーテイクも十分可能なストレート区間がありますし、夕暮れから夜になるというシチュエーションも初めてでしたので、一体どんなレースになるのか始まる前から結構楽しみで居ました。
レースの方は、圧勝するだろうと思われたハミルトンがトラブルでリタイアし、レッドブルが1-2フィニッシュを飾り、最終3戦を全てレッドブルが制するという圧勝でした。シーズン中盤(ダブルディフューザーを装着してから)からの速さはブラウン勢を凌駕していましたし、レギュレーションの解釈の違いから序盤はブラウン勢に及びませんでしたが、もし最初からダブルディフューザーを装着したマシンを開発していれば、今年のチャンピオンシップは違ったものになったかもしれませんね。
いずれにしても、今年はレッドブルの速さが一番象徴的だったシーズンだったんじゃないでしょうか。ダブルタイトルを獲ったブラウンGPよりも印象的でした。それとマクラーレンの底力でしょうか。開幕時のどうしようもないマシンを最後には最速に近いマシンに作り直した訳ですからね。恐るべしです。
3位にようやくバトンが表彰台でしたね。今年中盤以降、表彰台すら立っていなかったバトンでしたが、最後の最後でチャンピオンらしく終わったと言いましょうか(笑)。しかし、ウェバーとの終盤のバトルはなかなか燃えました。チャンピオンを獲得し、何も失うものが無くなったドライバーの心境はこうも変わるものなんでしょうかねー。最後に素晴らしいドッグファイトを見せてもらいました。抜いていれば更に良かったのかもしれませんけど(笑)。




さてさて・・・
今回は何と言っても可夢偉に尽きますねー。いや、ホントにこの男は凄いですね・・。速さは勿論そうですが、僅か2戦しか走っていないのに再びバトンとやり合っての、このアピール度といい、そして今回は6位入賞ですからね。ブラジルGPの時もバトンとのバトルで全世界にその名を轟かせ、歴代のF1ドライバーがアブダビの地で「来季可夢偉を乗せるべきだ」と口々に言ってるそうですね。トヨタにしても悪い事ではありませんし、日本のF1界でも琢磨が乗らない状況が続くくらいなら、可夢偉に是非ともレギュラーシートを得て欲しいと願ってる人は多いんじゃないでしょうか。

そんな状況の中、今回のレースは見事でした。ワンストップという事を選択した可夢偉でしたが、最初のスティントのペースは素晴らしかったですから。ずっとラップタイミングモニターを見てましたが、毎周ベストラップを塗り替えていってましたし、レース途中のバトンへの無線では「今、可夢偉と争っているぞ」という耳を疑う声が(笑)。え、それって3位争いをバトンと可夢偉がしてるって事?みたいな感じで震えましたね(笑)。2ストップのバトンと1ストップの可夢偉とは走っている位置が全然違いましたが、最終的にはそうなるぞ、という無線でしたが、それくらい最初のスティントが良かったという事でしたからね。
とにかくこれだけ国際映像に映りまくってましたから。レース中盤は大部分が可夢偉が映っていたんじゃないでしょうか。それくらいこちらでも注目の走りをしていたんだと思いますし。

ピットインを終えて、ソフトタイヤで出た可夢偉でしたが、数周は若干ペースが上がらなかったのと、途中で44秒台という2秒ちょい遅いラップがあったので、その時はもしかしたらミスでもあったのかもしれません。その後ハイドフェルドとバリチェロの後ろを走っていた訳ですが、チェッカー時には2秒くらいの差でしたので、あのロスが無ければ5位になっていた可能性すらありますから。それくらい今回は素晴らしい走りだったと思います。
参戦2戦目での入賞を見て、中嶋悟を思い出しましたね・・。1987年の2戦目サンマリノGPで6位初入賞したシーンを。その時可夢偉はまだ1歳。なんて月日の経つのが早いんでしょうかね・・。そりゃ私も当時高校生でしたから(笑)。

ノートラブルのトゥルーリが参戦2戦目の可夢偉の後ろでチェッカーだった訳ですから、これが何を意味するかですよね。

来季のトヨタに可夢偉が乗るという事はほぼ確定したんじゃないでしょうか。これで乗せなければ、トヨタは狂ってるとしか思えません(笑)。可夢偉を乗せる事によってどれだけの相乗効果があるのかっていう部分ですよ。それは商売抜きにした、日本におけるF1文化の発展にも繋がる部分かと思います。さて、トヨタがどうするのか、ここは見守りたいと思います。もう一回言いますが、個人的には可夢偉を来季乗せなければ狂ってるとしか思えません(笑)。

中嶋は恐らく最後のウィリアムズでのレースを13位で終えましたが、来季はどうなるんでしょうか。あまりにも不運だった今シーズン、この結果を元にしたシート争いになる訳ですから、非常に厳しいとしか言えないですよね。トヨタが2人の日本人を乗せるとは思えませんし、新チーム辺り(ロータス?)に交渉しているという話も聞きますが、琢磨もその辺りで交渉しているみたいですし、欲を言えば、来季3人の日本人が走っていれば最高なんですけども、どうなるんでしょうか。今後数週間で結構ドライバーの移籍が発表されていくでしょうし、気になるところです。

2010年は給油禁止となり、オーバーテイクの機会が今と同じような難しいものになれば、今年以上に退屈なレース展開となる可能性もありますが、SENNAという名前が戻ってくるという事もあり、ドライバーのシャッフルも相当ありそうなので、長い冬を越えた後の新シーズンを楽しみに待ちたいと思います。


P.S.
レーススタート直後の静止映像からCGにして、どこからでも見れるようにするあの技術、ぶったまげましたね(笑)。ホント、技術の進歩には驚かされます・・。