GT5最新情報公開

    8



2010年6月15日のE3(Electronic Entertainment Expo)で発表されたGT5の最新情報が公式サイトのほうで紹介されてました。上記画像を見ても、その再現度は驚異的としか思えません(笑)。GT4から6年?は経っていると思いますので、途中GTHDやプロローグなどがあったものの、本当に長かったですね。初代PS3を買ったのも、元はといえばGT5がやりたい為だけでしたが、今では部屋のオブジェと化してますので(笑)。皆さんがされてるように、初代PS3はそこそこ良い値段で売れるみたいですし、PS2ゲームをやることももう無いでしょうから、最新PS3に買い変えても良いのかなと思ったりしますが・・。
さて、話を戻しまして(笑)、最新情報から。公式サイトの情報は、今までみたいに曖昧というかSSだけの想像の範囲を超えない情報ではなく、かなり具体的な情報となっており、待っている方々にはこういう情報を待っていたと言えるのではないでしょうか(笑)。

私自身GTから離れて暫く経ちますが、11月まではこのように大きい情報がいろいろ出てきそうなので、その都度記事を書いていければと思っています。




■車種
収録車種1000モデル以上、プレミアムカーは200車種以上収録。プレミアムカー(内装含めた限りなく実車を再現したモデル)は外装破損等も実装していますので、主に使うのはこちらの車になるのかなと思ってりしています。ちなみに公式サイトに実車とプレミアムカーの比較写真がありましたが、ヘタすればどっちが実車かわかりませんね(笑)。
スタンダードカー800車種以上収録という事で、GT4からのデータを流用しているのかと思いますが、GT4の時代からゲームで表示される以上のデータを持っていたそうですから(フォトモードでかなり綺麗に表示されていたのがその証拠?)、それなりに綺麗ではあると思いますが、プレミアムカーとスタンダードカーが混在した時に、その違いがはっきり判るのかどうかですね。個人的には綺麗に越した事はありませんけど、アツいレースが出来るなら綺麗とか荒いとかどうでもいいというか気にしてませんけど(笑)。
ちなみにスタンダードカーはインテリア視点に対応していないという事で、やはり内装データは省かれているという事でしょう。コクピ視点で走られてる方は結構大変ですね・・。プレミアムカーとスタンダードカーで走行時の視点を変更しなければいけないのかもしれませんし。


■時間経過
さて大きな変更点として挙げられるのが、夜の概念でしょうか。その為にヘッドライトも実装され、プレミアムカーに関してはヘッドライトのハイ/ロー切り替えも可能とか。G25に1本レバーを追加したいところです(笑)。
これはコースやシチュエーションによっては、ロービームだけでは見え難い状況があるということでしょう。


■NASCAR
ライセンスのお陰か完全に実名のドライバー名が表示されるみたいです。専用ソフトでないのにこのような形で収録されるというのは凄いですよね。
ジャッキアップ、タイヤ交換、燃料給油と、視覚的にも見れるみたいですし、耐久モード等があるのであれば、結構面白いレースが出来そうですね。


■コース
コースに関しては、当初はやはり少ないという印象です。20ロケーションという事は20コースが収録されていて、それらのバリエーションで70以上が作られるという意味だと思いますが、ニュル北コースの再現性等を見る限り、時間がかかるのは仕方ないのかな・・と。
2009年5月の取材時のデータをほぼ完全再現しているみたいですし、落書きですら完全再現みたいです(笑)。前日に私がコースにでっかく「SYORI」って書いてたら再現してくれたんでしょうかね(笑)。
冗談はさておき(笑)、少し前にムービーを見た感じでは、GT4時代に比べニュルも格段に綺麗でしたので、このコースをGT5で走りたい、という欲望は相変わらず高いですね(笑)。

マドリッドとローマのストリートコース、画像を見る限り本物の写真にしか見えませんね(笑)。そしてトスカーナというグラベルコース。WRカーが走っている事からダートがあるのは確定だったと思いますが、こちらも非常に楽しそうです。そしてトップ・ギア・テストトラック。ここでのTAはかなり燃えそうですねー(笑)。色んなイベントも予定されているみたいですし、まあ上位に顔を出すのは不可能でしょうけど(笑)、面白い企画には積極的に参加したいですね!


■ヴィジュアルエフェクト
視覚的効果も色々実装されているみたいです。時間変化による景色の見た目もかなりリアルな再現となっているみたいですね。画像を見てもゲーム内画像には全く見えませんし(笑)。ダート走行中の煙がブレーキランプで照らされる画像もなかなか綺麗というか、こういう観点は他のレースゲームではなかったような気がします。
タイヤスモークも相当こだわったみたいですね。ただここ最近公開されたムービーを見る限り、煙が消えるのが結構早いような気がしたんですけどね・・。もう少し煙が残って、なおかつ後方からくる車が通過する際に煙が揺らめくなどの効果があれば最高でしたが、それ以外にもコースをはみ出た時の砂埃や底を擦った時の火花などなど、細かいエフェクトが結構多くなっているので、その辺りは楽しみです。




■マシンダメージ
見た目だけでなく、走行に影響を及ぼすダメージもプレミアム/スタンダード両車に適応されるようで、この点は非常に嬉しい限りです。またスタンダードモデルもボディにキズや汚れ等が付着したり凹んだりする視覚効果は実装されているようで、この点は驚きでした。スタンダードは何をしてもピカピカの新品ボディのままだろうと思ってましたので(笑)。プレミアムカーのみ、それ以上のかなりリアルな破損効果が実装されているみたいですね。最初のGT5をプレイする時はどこまで破壊できるかやってみたいです(笑)。
また過去に色々噂されていて、実装はタブーとさえ言われていた横転も実装されたみたいで、いよいよレースにリアリティが高められてきたようです。


■フォトモード
フォトモードもかなり進化した模様です。GT4時代ではあまり使わなかった機能ですが、フルHD解像度でSS撮りまくれそうなので、壁紙制作にもかなり重宝しそうな気がします(笑)。


■オンライン
一番大事なこの部分。まだまだ一部しか発表されてませんけど、とりあえず仲間で集まり、レギュレーションを設定して走る事が可能になるのは間違いありませんね(笑)。あとは詳細がどのような形なのか、続報を期待です・・。
走行会モードもあるようですので、わいわい走りながら楽しむというのも面白そうです。

それとMSが特許を取ってるとかで実装不可能と噂されていた「観戦」モード。これが実装されるというのはびっくりです。それと同時にこの機能を熱望していた人は多いでしょうし、PCゲームでも実際に鯖に入らないと観戦は出来ませんでしたので、個人的にも非常に嬉しい機能です。

フレンド登録に連動しているようですし、チャット機能やBBS機能などでいろいろと出来るみたいですね。あとはプライベートレースがしっかり出来て、レースレギュレーションの設定が事細かく出来れば、PUSH部屋もGT5登場と同時にお役御免となりそうですね(笑)。たまにログの保存とかしないといけませんでしたし(ログファイルの容量がかなりデカくなるので)、そういう手間をこれから考えなくて済むと思うと少し楽出来るなという部分と(笑)、閉鎖というのも良い意味で嬉しいことですよね。


■3D対応とフェイストラッキング
フェイストラッキングについては以前から対応するということでしたが、3D対応はやはりという感じですね。個人的には3Dテレビとか全く興味ありませんし(家庭全員でメガネかけて観るとか笑ってしまいますよね?(笑))、対応したといっても恩恵を受けることはありませんが、より選択肢が広がることは悪いことではないでしょうし、実際3D映像のGT5というのが、どんな迫力映像になるのか、それは一度体感してみたい部分ではありますが(笑)。