2010年 F1 第9戦 ヨーロッパGP

    12



ヨーロッパGPは波乱、そして混乱、そして隊列レース、そして興奮と、様々な状況が起こったレースでしたね。特に序盤のウェバーのアクシデントは、ベルガーに追突したパトレーゼを思い出しました・・・。ああいったアクシデントは死亡事故になる事例もあるだけに、ウェバーが無傷でコクピットから降りた時は本当に安心しました。特にタイヤバリアーに突っ込んだ時のインパクトも結構あったと思いますし、あの状況で過去にハッキネンが大変な怪我を負った事もありましたので、本当に良かったです。レッドブルはこのサーキットでまともに結果を出していない悪いジンクスばかりだったので、今回もか・・と思いましたが、ヴェッテルがしっかり結果を残して今季2勝目。

さて今回は何と言っても可夢偉ですよ!。そのウェバーのアクシデントで一斉にピットインしたマシンですが、可夢偉はピットに入らずそのままコース上に。そのお陰で3位までポジションアップします。勿論別コンパウンドのタイヤ交換しなければいけないレギュレーションなので、レース終了までにピットインしなければいけません。なので、3位以下が大渋滞になるのかと思いきや、かなり良いペースで走り続けます。特にレース終盤にはファステストラップと遜色ないタイムを出していましたので、タイヤの使い方も素晴らしかったのでしょうね。10位を走っていたヒュルケンベルグがリタイアしたので、ピットインしても9位は確定、レース終了の1周前までピットインを引っ張れば、ブエミとアロンソの前に出られる可能性がかなり高かったのですが、チームは終了3周前にピットイン。これにはCS解説陣もそうでしたが、私も「何で!!!!」って感じでしたよ・・。明らかに可夢偉のぺースはブエミ・アロンソを超えてましたから、ファイナルラップ前まで引っ張らないのは何故??と不可解極まりなかったのですが、ここから可夢偉の真骨頂が・・・。フレッシュタイヤを得て一気に差を詰めた可夢偉は、アロンソを残り2周でオーバーテイク。そしてブエミをファイナルラップの最終コーナーでインに飛び込んでオーバーテイク。7位フィニッシュを決めてくれました。

チームとしては、ファイナルラップ直前にタイヤ交換をさせるまでの間にブエミとアロンソの前に出られるかどうかは、何が起こるかわからないレースですし、あえて可夢偉のアグレッシブさに賭けたのでしょうかね。そしてチームの期待にしっかり応えた可夢偉。前回のカナダGPの借りを返したどころか有り余る活躍です。国際映像にも映りまくりでしたし、チームのアピールにもなりましたし、2台揃って完走しダブルポイントゲットとペーター・ザウバーもさぞかしご満悦でしょう。最高に燃えたレース終盤でした。

SC中のペースに問題があるとして、7台のマシンにレース後の審議が予定されており、結果如何では可夢偉が4位になる可能性があります。こちらもどうなるか気になりますが、あまりレース後のコントロールで順位が変動になるのはあまり好きではないんですけども・・。ただ今回のスチュワードの判断はちょっと・・と思える事がありましたよね。ハミルトンのペナルティ(SCを追い越す)にしても結局順位は変わらなかったですし、あれではペナルティと呼べないんじゃないかと・・。

まあいずれにしましても、サッカーといいF1といい、日本が活躍してくれて最高の気分には変わりありません(笑)。