GT7 栃木国体 TA終了 - 京都代表に!

長い長い3週間が終わりました。

最終日はF1イギリスGPもあり、22時過ぎには終わりだと思っていたので日中~夜にかけてアホの子みたいに(笑)走り続けました。昨日1日だけで実に1342km走破、栃木国体での総走行距離は10631kmと50過ぎのオッサンらしくない走り込みで気合を見せました(笑)

前回投稿時のタイムを最終的には超える事が出来ませんでしたが、2位以下の追い上げが殆どない状態だったので、先週半ばくらいの時点で「これはいけるかも」とは内心思っていましたが、昨晩23時59分をもってタイムアタック期間が終了し、何とか1位での通過・京都代表となってしまいました!

昨年は3位、一昨年は4位でしたので、今年はそれよりも上で、と思っていましたが、過去大会全て京都トップ通過だった方が今年は他府県での登録(引っ越しされたのですかね)となっており、それもかなり大きかったと思います。また期間中にじわじわとトップの方に迫っていき、途中で抜いてからも手を緩めず少しずつ差を広げていったんですが、2位以下の方が間近に迫ってくるような状況もなく、他の都道府県のような辛い状況ではなかったのも幸いかと。愛知県とかヤバい状況でしたし(笑)

昨日までの結果というか考察ですが、最終タイムは前回投稿と同じ1'18.496でした。最後の最後までセクター3を攻略する事が出来なかったのがタイムアップを果たせなかった理由ですかね・・

タイムが出た時の感覚とタイムが出なかった感覚、これが特にセクター3で分かりにくく、何が原因で速かったのか・遅かったのかを理解するのが本当に難しかった。最終日夜にもしかしてこうかも?という部分を見つけられたような気もしましたが、セクター3は最後まで安定しませんでしたね。

最終的なOPT(セクター自己ベスト)ですが、

セクター1:21.636
セクター2:27.135
セクター3:29.470
OPT計:1'18.241

セクター3の29.470ですが、唯一の29.4台を昨晩出したんですがそれ以降出る事もありませんでしたし、何でそのタイムが出たのかもわかりませんでした(笑)

OPTから考えて、セクター1とセクター2は概ねどうすればこのタイムに近い所が出るかという理屈が分かっていたので、セクター3で0.15遅れたとしても18.3秒台は見えてただけに、最後までまとめきれなかったのは悔しいなあというのが素直な感想です。数えていないのでわかりませんが恐らく全国上位10人くらい?はこのOPTよりも速いタイムを出してる訳ですから、1周をまとめられる力はほんと凄いなと言わざるをえません・・

まあそんな感じで京都代表となってしまい、8月21日にエリア選抜戦が行われますが、これに参加決定となってしまいました。詳細はまだわかりませんが、オンラインでレースを行い上位5人が本大会栃木の地へ向かう事になるようです。GTSの時からそうですが、オンラインレースは何時も上手くいかないんですよね・・安定して速いラップを刻み続けるのが大事かと思いますが、その安定感が昔からあまりない人ですので(笑)

まあTAで速くてもレースではまた違うかもしれませんし、何が起こるか分からない不確定要素が多いのもレースの醍醐味。自分が起因とするアクシデントは絶対避けないといけないですし周りをよく見た走りをしようと思ってますが、混乱があればそれに乗じてするするっと上位に上がっていければなーと考えています。

暫くはフォートナイトでもして遊んで(笑)、レギュレーションがはっきりしたら少しづつ練習を始めようかなーと思ってます。Torafugujpさんも岡山県トップ通過なので一緒に戦えるのが楽しみです!

参加されていた全ての方々、お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。