GT7 栃木国体 - エリアH選抜戦 終了

いや~終わりました。
全国都道府県対抗eスポーツ選手権2022 TOCHIGI(栃木国体)のエリアH選抜戦が8月21日に行われたのですが、何とか戦い抜きました(笑)。先に結果をお伝えすると、栃木本大会への出場は叶わなかった訳ですが、それでも28都道府県のトップばかりが集まったレースでそれなりに戦えた事はこれからのちょっとした自信にはなりました。

それにしてもエリア選抜戦までは長かったです。決まったのが7月4日だったんですが、約1か月半。キッチリ練習しないといけないと頭の中には常にあったんですが、まだいいか・・みたいな感じでなかなか練習もせず。ようやく本腰入れ始めたのが1週間前と言う感じでしたが(笑)、このコースと車の組み合わせは国体予選で1万キロ以上走り込んでいるのであまり焦りはなかったのと、模擬練習で走ってた時に明らかに予選勝負になるなと思っていたので、どちらかというとそちらの方に重点を置いていたような感じではありました。


さて覚えてる限り、当日の模様を記していこうかと思いますが、当日は早めに起きて(9時頃?)午前中は練習しようと思ってたんですが、目が覚めたら10時40分と焦りました(笑)。その後色々な雑務を終わらせて、さあ練習しよかなとスイッチオン。暫く走ってたらtorafugu(PSNID:shyvana-OP)さんが部屋を建てて練習されていたので、一人で集中して走られるのかな・・と思いつつ強引にIN(笑)。その後ボイチャしながら予選想定や決勝想定などで色々と練習を繰り返しました。その時も話をしていましたが、これまでの決勝模擬レースで感じた限り、決勝レースでのオーバーテイクはかなり難しいこと。抜けるポイントはメインストレートエンドしか無さそうな感じでしたし、あとトラックリミットでペナルティを受けると確実に順位を複数落とす感じなので、まずそれを絶対注意しないといけないこと、逆に言えば自分自身がペナルティを犯さず最終ヘアピンをミスさえしなければ抜かれる事も難しいのでは、と思っていました。
その辺りをかなり意識しながら練習を続け、当日の本番(グループAのレースは14時から。グループBのレースは15時から。私は15時からのグループB出走だったので、14時50分過ぎまで練習していました)を迎えます。

一応本大会出場の条件ですが、
・Aグループ決勝の上位2名が本大会進出
・Bグループ決勝の上位2名が本大会進出
・敗者復活戦(各グループ3位~9位までの方が参加)での優勝者が本大会進出

と狭き門です・・なんせ28都道府県のトップタイムを出した方だけでのレースとなりますので、相当レベルが高いのは確実な上、2位までに入るというのは難易度高すぎです(笑)。敗者復活戦も優勝しか道が無いので、感覚的にはグループ決勝で勝ちあがれなければチャンスは絶対ないなと思っていました。

あと直接レースには関係ありませんが、今回の参加にあたって標準リバリーでの参加義務が課されておりました。
以前の記事でも写真アップしてた、予選TAで1万キロ以上走ったカーボン柄のマクラーレンMP4/6風スポンサーデカールを貼った愛機で走りたかったんですけどね・・・


エリア選抜戦の進行はDiscordを使って、運営さんが声で指示をしてくれる形です。スマホの方で接続し音を出して声を聴きながら走る感じでしたが、多くの皆さんはヘッドセットを使って走られているかと思いましたので、PSNのボイスチャットを使ってくれた方が利便性良かったのになとは思いましたが、まあ何とか聞こえてましたので問題はなさそうでした。

練習を行ったとは言え、本番はやはり緊張します・・
GT7ではロビーで予選モードが無くなったと聞いてましたが(GTsportはあった)、今回はちゃんと予選モードがありましたので、まだ実装されてないだけなのかな?と思いました。出走順は事前に聞いており、ボイチャで順に名前が呼ばれてピットアウトしていく段取りでした。時間的に10秒間隔で出走しますが、前半6人・後半7人でタイムアタック終了後に前後グループを分けて出走・アタックしていたので、危惧していたコース上でのトラフィックや前走車に追いついてスリップが効いてしまうといった事は特にありませんでしたので良かったです。

私の方は前半でアタック。
消耗は燃料・タイヤとも無しで、これまでの練習の感じからは国体TAの時より若干グリップ感が落ちるような印象で、タイム的には18秒7~8台が出れば御の字と思ってましたが、実際は1'19.244。自分的にはかなり保守的に走った感じだったのですが、前半グループを終えた時点で自分のタイムを破られることが無く暫定トップのまま(笑)。これにはびっくりしました。意外とタイムが伸びてないのかミスされてるのかだと思いますが、待機中に他の方の走りを見る事が出来ず、チャット欄のところに出てくるベストラップ更新の部分で判断するしかない感じでしたが、多分この時点では自分がトップでした(笑)

後半アタックが始まりタイム推移を見てましたが、流石に18秒台を出して来る方が出てきました。とは言え18秒中盤や前半に届く方は誰もおらず、最終的には18秒7台がトップに。予選5番手で終える事に。1LAPのみで決めきる方々はほんと流石だと思います。

そして同組で出場されていたtorafuguさんとcosmicさん。アタックを見れないので状況はこの時点ではわかりませんでしたが、お二方共まさかの20秒台。ミスされたかトラックリミットでペナを食らったかのどちらかだと思いますが(後から二人共ペナルティだったと聞きました)、これは厳しい展開に。前述通りレースで抜くのはかなり難しいと分かってましたので、予選が全てといって過言ではないくらい重要だと思ってましたが、最後尾付近になってしまうと3位~9位チェッカーで参加資格が得らえる敗者復活戦も厳しくなってしまう可能性があります。果たしてどうなるか。
私の方は予想してたより上位で予選を終えられたことに安堵というより意外な感じでした。5位だったら上位陣に何かあれば・・みたいな考えも浮かんできましたが(笑)、とりあえずは自分がミスせずしっかり走り切った後にどうなるか、という感じのレースになるだろうなと思いましたし、とにかくペナルティを受けない・ミスしない、という事だけを注意してレースを走ろうと思いました。

一応参加者の予選順位とラップタイムです。

グループB 予選

順位名前(PSNID)予選タイム
1ttg-usk_1'18.729
2DOJO_Racing_shun1'18.756
3nishi_0241'18.953
4yononaka_0011'19.030
5Gucchi19181'19.244
6T-okshu_s05141'19.284
7YesA_meipru1'19.475
8shu81801'19.758
9SNOWSCOOTPOWER1'19.937
10ko_sirrus871'20.037
11VOLTEX011'20.234
12shyvana-OP1'20.325
13Cosmic_1751'21.068
敬称略

そしていよいよグループB決勝です。
予選5番手からのスタート。スタートはサイドブレーキで止めつつブースト1.0あたりで止まるようにアクセル調節・シグナル消灯と同時にサイドブレーキボタンを離してアクセルコントロールでトラクションをかける、という話を練習で聞いていて、そんなこと出来るのかなと思ってましたが(笑)何となく感覚は掴めてきていたので本番でも使う事に。
ただ緊張?年寄り?だからか、ブースト1.0で止めるにはアクセル開度を80~85%くらいで止める必要があり、練習時でもそうでしたが凄まじく足がプルプル震えていたので(笑)大丈夫かなと思ってましたが、それ以前に開度キープする事も忘れてて直前になんとかアクセルを安定させ何とかスタートは無事決まりました。結構ヒヤヒヤでしたが。

決勝予想をしていた通り、やはりミスやペナが無いとまず抜くのは無理な展開。オープニングラップのグリップ不足を認識はしていたんですがセクター2で結構ミスしてしまい、前を走っていたyononakaさんから少し離れていきますが、前がクリアになると乱気流の影響?が少なくなりまた追いついていきます。その後は1.0~1.5秒くらいの差をずっとキープして走る展開でした。後方ではko_sirrus87さんが1秒前後の差でピッタリ付いてきていましたが、最終コーナーさえミスしなければ大丈夫だろうと思っていました。LAP9終わりのメインストレートで一度かなり迫られてしまいましたが、1コーナー飛び込みでイン側ラインを守り何とか耐えました・・・ファイナルラップのセクター1でyononakaさんがミスられたのかスピンされていたので、そのまま4位に上がり、そのままチェッカー。正直レース展開としては予想通り激しいバトルも無く何も起こらない感じでした。

上位や下位の方では何が起こっていたかは見ておりませんが、私の周りではほぼ何も起こらずただ淡々と周回を重ねていただけのレースでしたので(笑)、見ごたえはない感じではありましたが流石に皆さんミスもせず早いペースで走り続けていましたので流石だなーと思いました。自分も大きなミスはせずペナも受けずに走りきれましたので4位でフィニッシュ出来たんだと思います。正直想像していた結果以上の順位で終えられたのでかなり満足感はありましたね!

あと同時参戦していた方ですが、Cosmicさんは9位でギリギリ敗者復活戦へ進まれたのですが、torafuguさんは10位で届かず・・私よりも確実に速かったですし安定してましたので順位的にも私より上を想定していましたし、予選決めていたらフロントローやセカンドローからのスタートもあり得たでしょうし、そうなれば本大会も見えていただけに、予選のミスが完全に致命傷だったですね・・

最終的な決勝順位は以下のような感じです。画面上では12位までしか表示されてなかったので、最後尾の方のタイム差は不明でした・・

グループB 決勝

順位名前(PSNID)決勝タイム
1DOJO_Racing_shun15'58.156
2ttg-usk_+03.607
3nishi_024+06.777
4Gucchi1918+09.951
5ko_sirrus87+10.687
6VOLTEX01+12.254
7YesA_meipru+13.391
8yononaka_001+15.913
9Cosmic_175+16.910
10shyvana-OP+21.375
11SNOWSCOOTPOWER+24.893
12T-okshu_s0514+25.798
13shu8180タイム差不明
敬称略

私のラップタイム推移は以下のような感じでした。

決勝ラップタイム
L1:1'28.722
L2:1'20.586
L3:1'20.297
L4:1'19.707
L5:1'20.034
L6:1'19.833
L7:1'19.823
L8:1'20.138
L9:1'19.859
L10:1'19.686
L11:1'19.938
L12:1'19.494
Fastest:1'18.941(DOJO_Racing_shunさん)

最終ラップで自己ベストを出しましたが、まあスリップも効いている位置にいる事もあるのであくまで参考程度のタイムではありますが、練習の時から感じていたのは前走車が近い場所にいると乱気流?が影響するのか、コーナーでグリップ感が乏しくかなり走りにくい感じがしました。練習でも前走車が居ない時はかなり良い感じで走れてたのでトップで走れるメリットが大きい気がしていました。それだけに予選が最重要だなとは思っていたのですが、これが現時点の自分の実力でしょう。

私のオンボード視点での映像をアップしていますので参考までに。

そして敗者復活戦へ。
前述通り、優勝者以外は敗者なので(笑)、流石にここまで来たらプレッシャーからは解放されました。勝つ可能性は無きに等しいと思ってたので楽しんで終わろうみたいな感覚といいますか(笑)

敗者復活戦も予選・決勝の流れです。どうせならグループ決勝3位以下の順で並べてくれたらよかったのにと思ってましたが(笑)、決勝直後という事もあり感覚は掴んでいましたのでグループ予選よりは良いタイムが出るんじゃないかなという感覚でいました。アタックはセクター1で21.7台が出て、セクター2は忘れましたが(笑)49.0か49.1台で通過したように記憶しています。最終コーナーを上手くまとめたら18秒7あたりいけるのでは?と気合が入ったのですが、最終コーナーのヘアピン立ち上がりでリアが思い切りスライドしてしまい万事休す。最終的なタイムは忘れましたが1分20秒台の凡タイムで予選12位が確定。諦めてたとは言えがっかりでした・・

タイムは録画してなかったので不明ですが決勝グリッドはこのような形に。

敗者復活戦 予選
1.OA4life_
2.Dstinct_Hideymmt
3.ko_sirrus87
4.yononaka_001
5.Rei_GT4LM
6.Cosmic_175
7.YesA_meipru
8.VOLTEX01
9.nishi_024
10.haryo_Onaraman
11.kazuki-0626_
12.Gucchi1918
13.chaneko28
14.Rafale--M
※敬称略


敗者復活戦の決勝。
スタートからセクター1計測手前くらいまでかなりの混乱というか混雑でかなりヤバイ感じでした・・後からリプレイを見ましたが私の後方にRafale--Mさんが当たってコースアウトしていってたようで・・・横におられるのはわかっていたので出来るだけスペースを開けて走ってはいたんですが私の方に問題が無かったのなら良いのですが。

その後はCosmicさんとkazukiさん、そして私と3台が暫く走る展開に。親父杯の方が3人連なって走ってるよなあと思ってましたが、kazukiさんもレース後のツイートで同じことをおっしゃってたのでやっぱり同じこと考えてるんだと少し笑ってしまいました(笑)
Cosmicさんはその後ペナルティを受けてバックストレートで減速し、その間に前に出てその後はkazukiさんの後方で9位でレースを終えました。抜けそうでなかなか抜けなかったので色々と戦略を考えつつどこで仕掛けようかと考えながら走ってたのは楽しかったです。最終的には仕掛ける事も出来ませんでしたが(笑)

敗者復活戦 決勝
1.Dstinct_Hideymmt
2.OA4life_
3.yononaka_001
4.Rei_GT4LM
5.ko_sirrus87
6.nishi_024
7.YesA_meipru
8.kazuki-0626_
9.Gucchi1918
10.Rafale--M
11.Cosmic_175
12.chaneko28
?.VOLTEX01
?.haryo_Onaraman
※敬称略。13~14位が順位不明です

敗者復活戦もオンボードをアップしましたのでご覧いただければ。

このような感じで私の夏は終わりました。
いやー振り返ってみたら、毎年国体は参加してて今年が3回目だったんですが、今年はtorafuguさんの復帰~ケツを叩かれまくって去年までのように適当に走って終わったのと違い最後まで必死で走り続けたのが、今となっては良い思い出となっています(笑)。来年以降はU-18でも京都で自分より余裕で速い子が沢山いてましたし、その子達が一般の部に上がってきたらどんどんチャンスが無くなりそうですが(笑)、今年の選抜戦の状況をデータで振り返ってみても予選の結果が良ければとか、タラレバはダメですが、本大会へ行ける可能性というのはゼロでは無かったと思いますし、少しの運が味方してくれたらチャンスはあっただろうなーと思いましたので、そういう点でも継続は力だと改めて思いましたし、少しの自信にも繋がりました。
3年くらい前のコロナ禍が始まって自粛生活で何かすることないかな?から始まったGT生活ですが、1年くらいは感覚も掴めず周りの方のタイムに呆然とする日々ばかりでしたが(笑)、今は大分理解が進んである程度のタイムを出せるようになってきたので、もう少し頑張ってというか、やっぱりある程度走る事は継続しないといけないなと改めて実感しました。フォートナイトばかりやってたらダメですね(笑)

最後に、今回もcalcio999さんのお部屋(喫煙所)で大変お世話になりました。
既に国体予選も終わって走る必要もないのに一緒に練習に付き合ってくださったcalcio999さん、gano6318さん、moriken_1986さん、Carkichi-Rさん、k24a_cm2さんを始め、torafuguさんやcosmic_175さんといった国体エリア選抜戦参加者の方とも一緒に走れて大変勉強になりました。改めてこちらでお礼を申し上げます。ありがとうございました!そしてお疲れさまでした!

GT7 栃木国体 - エリアH選抜戦 終了” に対して2件のコメントがあります。

  1. torafugujp より:

    どうもです!
    いつもですが、詳細なレポートで読み応えがありました!ありがとうございます😊

    ただ一言、、、悔しいですっ‼️笑

    直前のSYORIさんとの予選練習で、18秒5が出たので、もしかしたら?ってな感じに考えていたのですが、やはり甘かったですね〜💦
    予選のアウトラップで、アタックラップの事を考えながら集中し過ぎてたみたいで、無意識で橋の後のトンネル手前の右側グリーンをずっと走ってましたw後からリプレイ見たのですが、完全に魔が差しちゃってる感じで、吸い込まれるようにペナルティ走行してたので、笑ってしまいましたw

    トンネル内でペナルティ告知が出た時は、頭が真っ白になり、全てが終わった〜。。。って感じで、アタックラップは朦朧と走ってた感じだったと思いますw

    決勝は、敗者復活に残ろうとかそんな気合もなく、スタートミスって最後尾になって、1周目の橋の後の左でスピンして。。。って感じで、ホント散々な内容でしたw
    スピンして最後尾になった時に、最下位⁉️やべーじゃん‼️wって思って開き直ってからは、それなりのペースで走れ、なんとか10位になることができました^ ^

    いやー、やっぱり場慣れせんといかんっすね!
    県予選突破した時点でどこか満足した自分もいましたし、本大会なんて絶対に無理‼️みたいな気持ちがどこかであって、このような結果になってしまったのかと思います。メンタルですね〜💦

    結果だけ見ると、予選も決勝も全然自分にもチャンスがあった様な内容でしたので、もっと自信が持てる様に頑張らないといけなかったです💦

    それにしても、お疲れ様でした‼️
    久しぶりでしたが、SYORIさんと同じ時間を沢山過ごすことができて、メッチャ楽しかったですし、一緒に県代表になれて、本当に良い思い出を作ることができました‼️

    喫煙所でお世話になった皆様も本当にありがとうございました😊

    次回あるかはわかりませんが、有れば是非一緒にリベンジしましょうね‼️夢ではないことが実感出来たので、次回は是非一緒に本大会出場しましょう‼️

    是非、反省会&お疲れ様飲み会🍻しましょう‼️
    本当にお疲れ様でした‼️

    1. とらさん、どうもです!おつかれさまでした!
      いや~自分がその立場なら今でも悔やんでると思いますよ。何やってるんだろ、とか、あのままちゃんと予選走っていたら、とか・・
      とらさんも書いてますけど、やっぱりある程度の平常心は必要かと思いますよね。本番なんだ、失敗したらダメだ、みたいな気負いが大きすぎると必ず?想定外の失敗をしてしまいますよね。これってゲームだけでなく普段の生活や仕事とかでもそうなのかもしれませんが、どれだけ本番を練習みたいに普段通りに出来るかだと思いますし、それにはやっぱり場慣れもそうですし絶対的な練習量も必要なのかなーと思ったりします(自分全然練習してなかったのでアレですけど)。
      まあ今更何を言っても終わった事ですし(笑)、また前を向いて頑張るしかないですが、あくまで趣味(娯楽)ですから、楽しんでやるのが一番かなと思いますし、次にどんなイベントがあるかわかりませんが、親父杯が今年開催されるのであれば是非また一緒に切磋琢磨しましょう!
      反省会兼お疲れ会是非やりましょう!またご連絡しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。