ライセンスアタックS-5

    8


社会人の皆さんは決算時期で大変忙しい事かと思います。例に漏れず私の方も3月は毎年忙しくなかなか時間が取れませんが、昨年末程ではありませんのでこうやって更新もなんとか出来ている状況です(笑)。



さて、今回2大会同時開催ということでIAパイロンジムカーナ、S-5ということですがパイロンのほうはやる前からかなり気力が萎えていた(上位に行けっこないと思ってましたので)ので、S-5から始めてみました。しかしここもキツイ大会です;; マシンはフォードGTですが、どうもこのクルマの挙動は好きになれません。凄まじいトルクでぐいぐい加速するので2~3速だけでも凄い速度が出ます。なので速度感覚がマヒするんでしょうね。だからかもしれませんがブレーキは利いてる気がしませんし(笑)、ステア操作だけでは全然曲がってくれません・・・。このあたりをどうやって操るかで、タイムも変わってくると思います。

こちらの大会は先述したとおりフォードGTを使ってシアトル街を走る大会です。このコースは以前からありますのでコース自体は頭に入っていますが、かなり嫌いなコースです(笑)。私はどうも直角コーナーの多い市街地は好きになれないのかもしれません。
まず最初の右ヘアピンコーナーですが感覚的に相当前からブレーキする感じですね。ブレーキング完了したかな?と思う直前くらいにアクセルを離してリアがクルっと回るような感覚で向きを変えてから全開です。以前ニスモさんがコメントしていたように言葉にし難い微妙な感覚でクルマの向きを変えます。上手くいけばその向きを変えている状況の時にアクセルを開ければさらに向きを変えてくれますので、さらに早く加速を開始する事も可能です。しかしここはそれほど重要なポイントではないでしょう。

上り坂後の直角右コーナー。ここは結構重要ポイントですね。当初は私もここで曲がれずクラッシュばかりでした(笑)。とにかくブレーキをかけて減速している間は全然曲がりません。ブレーキング中で荷重移動が行われているのでしょうが、前上がりになっているため通常通りにフロント荷重になりきれてないのが原因ではないでしょうか。私は上り坂終盤手前のちょっとだけフラットになっているところへ着地?する直前からフルブレーキ開始して、坂に入ったところからステアを右に切り始めています。ここは自分のイメージ通りにいけることがあまりありません・・。

その後も直角コーナーが続くのですが、私の鬼門となっているのが後半のストレート区間に入る手前の左直角コーナーです。ここの手前がいやらしいコーナーが続いており、壁接触も多発するんですが、まずブレーキング開始する時の姿勢が乱れていることがかなり多く、減速がスムーズにいかない場合が殆どです。よって無理なステア操作によるアンダー発生でクリップにつけずタイムロスしてしまいます。またクリップ後のコース幅がかなり広い為、上手くライン取りを行えばかなり早めのアクセルオンから良い加速で抜けられます。ゴーストはクリップにつけず奥から回ってきていますので、ここを上手く通過するとゴーストを一瞬で追い越してしまいます(笑)。しかしそのラインを上手にトレースするためには初期ブレーキングの状態からクリップに入っていくラインがかなり重要になってきます。ただしここが上手くいくことが今のところ殆どありません(笑)。現状ではここだけでもかなりロス(感覚的には0.3~0.4秒くらい?)していると思っております。

ストレート後の右直角コーナーですが、ここもかなり難しいですね。というか未だにベストな走り方がどういうものなのかよく分かりません(笑)。というのもこのコーナー後に再度右・左とコーナーが続くのですが、ここは一筆書きのようにクリアしないといけないと個人的には思うのです。が、最初の右直角コーナーで突っ込み気味に進入し、後のコーナーをラクにしたほうがいいのか、コンパクトに回り続くコーナーを調節気味に走るほうがいいのか、決めかねています・・。まあ、ここもブレーキングで横向いたりして思い通りに走れていないので比較も困難なのですが(笑)。ここもタイムアップには重要なポイントと思っております。

そして最終手前の右コーナーですが、クリップが見難くブレーキング開始後からのライン取りが良くわかりません・・。ここもかなりロスしている現状ですが、上手くラインをトレースできたときはその分だけ加速も早められますので、登録タイムのゴーストにあっという間に追いついてしまいます。分かっているんですが上手くいかない歯がゆさが残る箇所です(笑)。

そして最終シケインですが、ここでシケインの壁に刺さってENDのケース、クリアはしてもスライドが止まらずケツからストレート左側の壁に当たってENDというパターンが非常に多いです(笑)。慎重にいきたいところなのですが、ここでもそれなりの速度でクリア出来るのは間違いないはずですので、上手く行けた時はゴースト比較でもここで一気に差が詰まります。ただ慎重になりすぎるとかなりロスしてしまいますので、どうしても無理してしまうんでしょう。ここのクリア率は極めて低い現状です(笑)。

--------------------------------

現在、がっけんさんが唯一31秒台に入られております。上記ポイントを上手くまとめれば十分可能なタイムなのですが、手堅くまとめてそれなりのタイムを出すということも困難な大会だと思っております(笑)。T2で0.5秒程上回ってこれることも何度かあったのですが、殆ど最終シケインで刺さって死んでいます(笑)。今のトップタイムですと31秒台~32秒台前半に入ればゴールドは取れるでしょうから(このまま驚異的タイムが登録されなければ・・)、順位はともかくゴールド範囲内で終われれば、と思っております。かなりキツイですが;;、残り期間内頑張ってみようと思っております。