2008年F1第4戦 スペインGP

    10



うーん、バルセロナでのフェラーリワンツーで今季が見えてきたような感じですねー。このコースでの優劣がシーズンの勢力図そのままになるというイメージがありますので、ここで強かったフェラーリがこのまま突っ走るような気がします。2強と言われてきたマクラーレンですが、予選でまさかの3列目。しかも問題はハミルトンが予選でのバランスやペースに問題が無かったというコメントですね。それでいて3列目に沈んだという事は、ガソリンの軽かったアロンソは別としても、もはやフェラーリの次にBMWとマクラーレンが横並びであるという事だと思います。決勝ペースを見る限りフェラーリとマクラーレンの差は予選ほど離れていなかったのが救いでしょうか。
それにしても決勝のコバライネンのクラッシュには焦りました。マシンは完全にフロント部がめりこんでおり、ドライバーに激しい衝撃が加わったと思われたからです。深刻なダメージを想像しましたが、コバライネン本人に骨折や頭部のケガが全く無かったと聞いて心底安心しました。マシンを引き上げる際、モノコックに大きな穴が開いていたように見えたので、怪我が無かったのは本当に不幸中の幸いだったのではないでしょうか。左フロントのリム破損が原因っぽい感じでしたが、リプレイ映像を見る限り、昨年バーレーンGPヨーロッパGP(訂正)でハミルトンが起こしたクラッシュとそっくりでしたよね・・。



予選で見せ場を作ったルノーのアロンソですが、燃料搭載が少なかったとはいえ、さすがです。あのマシンでフロントローを取ったというのは、明らかにマシンポテンシャル以上の力をドライバーが出したという事だと思いますので、大いに地元が沸いたと思います。とはいっても決勝では7位に入れるかどうか、と決勝前に語っていた通り、決勝は苦戦でした・・。最終的にエンジンブローっぽい終わり方でしたので、マシンが走りについていけなかったと言う感じですが、やはり今年のルノーも苦戦必至という感じでしょうか。勿論開発は進んでいるのでしょうが、レースの世界では開発速度が速いか遅いかですからね。回りの開発ペースより遅ければ、いくら進歩しているとはいえ後退しているのと同じですから、これからどれだけルノーが中盤後半と開発ペースを上げていけるかがポイントとなるでしょう。

日本勢では、ウィリアムズの一貴が2度目のポイントゲットとなりました。今回完走が約半分というサバイバルレースとなりましたので、生き残るという事が重要ではありましたが、ロズベルグがエンジンブローでリタイアしただけにチームとしても素晴らしい結果だったのではないでしょうか。ただ、着実に結果を残してきているとはいえ、まだ印象的な走りを見せているか?といえば、そうでもないような気もします。昨年もブルツのほうがポイント上では良い結果だったといえ、一貴と交換になった経緯もありますし、更に高みを目指して欲しいと思いますし、何よりも印象的な走りを見せてもらいたいと思います。

そう考えると、SAF1の琢磨は印象的な走りを見せているのかもしれません。予選・決勝とも最下位ではありましたが、クルサードとのバトルで国際映像がずっと映してくれるなど、やはり注目があるんだなと思ってしまいます。勿論決勝終盤で見所が無かったと言うのもありますが、現在のチーム状況を考えると善戦したんじゃないかなって思います。
今回も参戦が危ぶまれましたが、ヨーロッパラウンドと言う事で費用的に安かった(とはいえ3億ほど必要みたいですが)参戦費をホンダが援助してくれたみたいですね。ただ2週間後のトルコGPはまだどうなるか分からないみたいですし、マグマグループと破談になったとはいえ、まだ交渉は継続中とのことです。そう考えると買収値段を下げるための手段なんじゃないのか?と勘ぐりたくなりますが、良い買い手が現れ、シーズン中盤以降でもRA108が手に入って戦闘力大幅アップ・・となるよう祈りたいと思います。まあ、それ以前に現行のマシンの開発もしていないようなので(もっとも開発費すらないでしょうが・・)RA108頼みという部分があるでしょうが、実際ホンダはその辺りのマシン提供は考えているのか少々疑問ではありますけどね・・。