GTR2 毎夜鯖@Spa-Francorchamps(SGT300 MOD)

    4



残り2戦、いよいよ大詰めとなったSGT300シリーズseason2です。今回は得意コースのスパ・フランコルシャン。RX-7で走るのは初めてだったのとチャンプ争いの山場という意識もあり、思わずレース前に15分ほどセッティング出しのコソ連をしてしまいました(笑)。RSRなら18秒台なのにセブンだと20秒台に入れるかどうかという感じだったので、セッティングの方向性を間違えてるのかな・・と結構心配しながらJOIN・・。フリー走行では何とか20秒台には入れましたが、周りのタイムを見ると私のタイムが浮いてるくらいブッチギリのトップタイムだったので、コソ連しなければ良かったと少し後悔;;。
セッティングはウイング2-2でも走れない事は無かったのですが、スライドする分加速が鈍る感じでしたので2-4で走ると一気にタイムが縮まりました。車高はオールージュ対策で何時もより上げ目の7.5/7.5。デフは加速・減速側どちらもワンクリック上げてプリロードは2に。足回りはデフォのままでリアアンチロールバーのみ最弱の何時ものパターンで。ギア比はかなり慎重に設定。特に3速を使うコーナーが多いので、その立ち上がりで失速しないよう回転数を高めにキープできるように。またオールージュは一切減速せずの5速全開で突っ込めるよう設定。なので2~6速までは結構変則的な設定にしていました。
そんな感じで予選はワンアタック。終盤にピットアウトし21秒フラットと少し慎重になってしまいましたが、2位に約1.7秒離してのPP獲得です。



今回はレースの作戦をかなり練ってました。まずライバルとなるRodgersさんとは10ポイント差を付けられているので、前でチェッカーを受ける事は必須。またPPとFL獲得で各1ポイントずつ加算されるので、これもどちらも獲る事は必須と考えていました。PPは獲得したのでFLを獲ってRodgersさんの前でチェッカーを受けるという事ですが、問題は次戦のウェイトハンデです。優勝すると100kgの重量加算となりかなり厳しい戦いになるのは目に見えてますので、ここの兼ね合いをどうするか・・。Rodgersさんの前でチェッカーを受ければポイント差は詰まるので、もしRodgersさんが3位なら無理して優勝する必要は無い訳です。少しでも最終戦にWHが軽い方が良い訳ですので。
しかしRodgersさんは予選2番手;;。3~4番手辺りであれば優勝は捨ててでも目の前で壁となって走れればポイント差は詰まりWHも若干軽くなるな・・とすら考えていたのですが(笑)、こうなるとトップ走行して様子を見るしかないなぁと決勝前を迎えます。


レースはとにかくトップでオールージュを通過、そしてレ・コンブまでのストレートで絶対に抜かれてはいけないという信念の元(笑)、絶妙のスタートを切ります。ホイールスピンが多いように見えますが、これくらいしないとロータリー故か失速してエライ事になるからです(笑)。




予定通りオールージュ、レ・コンブまでトップを守りきり、ここから逃げに入ります。オープニングラップで2秒以上の差を築き、2周目でとにかくFLを狙います。22秒2台が出たので、まずこれでFLは獲っただろうと考え、3周目からはペースを落とします。




急激に落としすぎてミスしそうになってやばかったのですが(笑)、3秒前後の差まで落として後続の様子を見ながらの走行に。2番手は変わらずRodgersさん、そして3番手にtakkamさんが食らい付いてきています。良い展開だと思いつつ(笑)、その差をキープしながら走行を続けます。




レース終盤までそのような状況が続きましたが、残り2周で順位に変動が。Rodgersさんが3番手に落ちてtakkamさんが2番手に上がっています。この時点で非常に悩みました。このまま優勝するより2番手に下がってWHを80kgにした方が得策ではなかろうかと・・。
しかしもうファイナルラップに突入する状況に。あからさまにペースを落として優勝を譲るなんて何時ぞやのシューマッハとバリチェロみたいですし(笑)、takkamさんももしかしたらチャンピオンシップの事を考えて私のサポートになればと頑張ってくれたのかもしれないなと思うと、やっぱりこのまま走り続けようと。20kg変わったくらいで辛いのは変わらんだろうと安易に考え(笑)、ファイナルラップはFL更新する勢いで攻めました(笑)。結局タイム更新はなりませんでしたが、そのままトップチェッカー。




----------------------------------------------


フィニッシュ前にKOBAさんにも抜かれてRodgersさんは4番手に落ちていました。後からリプレイを見ましたが何とも微妙な走りのような気が(笑)。これが前回レース時のコメントで話していた三味線なのかもしれません(笑)。でもチャンプ争いを考えると当然の戦略ですから全然NPなのですが、私が優勝するのを織り込み済みで4位狙いだったような気がしますねー(笑)。なんだか今回は私の方がやられてしまったような気がして仕方がありませんorz。

これでポイント差が6ポイント詰まり、PP+FLの分を加えると計8ポイント詰まって、Rodgersさんとは2ポイント差に。しかしWHが私100kgとRodgersさん50kgになるのはかなり影響がありそうです。でも泣いても笑っても来週が最終戦です。8/31から始まった今シーズンも約3ヶ月半の道のりを経て最後となります。ポイント差から、私が4位以上でRodgersさんの1つ前でフィニッシュ、5位以下だと2つ後ろの順位であればポイントは並ぶものの優勝回数でチャンプ確定。しかし5位以下に沈まれる事は無いと思われるので、とにかく前でチェッカーを受けなければ意味がありません。

奇跡は起こるのか、それとも負けてしまうのか(笑)。来週の決戦を楽しみにしたいと思います。でも、それよりもまずはヘンな飲み会とかが入らない事を祈ります(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/12/06
コース:Spa-Francorchamps
車種:AMEMIYA ASPARADRINK RX-7 RE AMEMIYA
予選:1位 2:21.007(-1.686)
決勝:1位 19:22.035 LAP8(-8.604)
レースラップ:1位 2:22.237 LAP2(-1.274)
詳細データ/ポイントランキング:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_sgt2/Japan_SGT300_Series2.html