IA-4アタック その3

    8


連載3回目(笑)ということで、本日は最終コーナーを解説してみたいと思っております。が、昨晩コメント欄にも書き込みしておりましたがビックリタイムが登録されておりました。32.8秒台半ばのタイムで現在ブッチギリのトップとなったタイムですので、全員トロフィー圏外となっております;; このパターンは以前どこかで見た記憶があるのですが(笑)現時点では私自身このタイムを出せるような理論値?は持っておりません。出せても32秒台にマグレで(笑)何とか入れるかどうかというところでしょう。なのでタイムの推移は今後も見守るつもりです。ただ現時点では私には32.8秒台半ばのタイムは99%出せないと自信を持って言えます(笑)。
今後皆さんのタイム推移が32.8秒台に突入されてくるのであれば、1週間ほど山にこもってGT4修行し直してきます(笑)。

では、最後の最終コーナーといきますか(ちょっと意気消沈ですが;;)。



さて最終コーナーはシケインから全開で立ち上がっていくところからのアプローチとなりますが、ある意味切れ込むタイミングだけの問題かと思います(笑)。といいつつ、そうでもないのが難しいところなんですよね。
ここはアンダーと終始戦うといった感じですので、切れ込むタイミングが良くてもアンダーが出ると100%回りきることが出来ません。ただここのコーナーを難しくさせている(考えてしまう)のは、シケインの脱出速度に大きく左右されるということです。速度があまり乗っていなければ比較的容易に最終コーナーを回ることは可能ですが、シケインが決まったときは速度も乗っているので、あまり速度が乗ってなかったときに回る感覚でいってしまうとほぼ曲がりきれません。曲がれたとしてもクルマを無理に曲げている影響で速度ロスが大きくなりますし、アンダーで外に膨らむ分タイムは落ちてしまいます。なのでここはいかにコンパクトにアンダーを出さず、なおかつ車速を乗せて脱出できるかにかかってくると思います。

私の場合ですが、シケインが決まったときはシケイン立ち上がりの際に右側に見える縁石が画面から見えなくなるまでに3速アップポイントまで到達します。そしてそのまま加速していくわけですが、弱アンダーな特性のクルマと思われますので感覚よりも若干早めに切り込んでいくといった感じです。また最初のステア切り込みの際は若干多めに切り始めるといった感じでしょうか。そこでアンダーが出ると思いますが、早めにステアを切り込んでいるので若干はらむ分は最初に織り込み済みなのでそれで良いかとおもいます。でそのままラインをトレースしていった先がインべたであることが非常に重要です。概ね最終コーナー出口ではみ出て失格のパターンが多いと思いますので、出来る限りインに寄りたいわけです。インべたに寄る為にはコーナー進入後からでは間に合わない(無理に寄せる為タイムロスが大きい)ので、最初の進入時のタイミングが非常に重要と改めていっておきます。
そしてインべた(クリッピングポイント)に寄る直前くらいに僅かに減速します。これは私もまだ完全に詰められていませんが、全開のまま一瞬だけブレーキちょい掛けか、一瞬アクセルを僅かにオフします。上手くいくと加重移動でフロント側のグリップが増しノーズの向きが若干イン側に向くかと思います。そうなったらシメたものです(笑)。後は出来るだけアンダー(スキール音)を出さずに最終コーナー立ち上がりの縁石までラインをトレースします。もしこの方法でノーズの向きが変わらなければ無理やり曲げないと曲がりきれません(無理やりやると余計にアンダーが出て曲がりきれないときも多々あります)ので、コースアウトを免れたとしてもどのみちそのアタックは失敗ということですが(笑)。私もこれでかなり泣いています;;。
最終コーナーが上手く回れたときはゴール地点で167~8km/hくらい出ています。もしかしたら上手く回れている方ですともっと上かもしれませんが(笑)私では現在170km/hまで到達したことはありませんので、参考程度で思っていただければ幸いです。

ちなみに168km/hでゴールしたとして、0.01秒で約47cm差となります。0.05秒縮めようと思えば2.35m差(約クルマ半分位の差)となります。参考にしてください。なお今のトップとの差が私自身のタイム差と比較して約0.2秒ありますので、約9.4m差(クルマ2台分近く)です。

-------------------------------------------

連載3回目でようやく終了しました(笑)。最終コーナーは数行で終わるといっておきながら結局長々となってしまいました;; まあこれで皆さんの攻略のヒントにでもなれば幸いと思っております。私は何とか32秒台に入れるよう鍛錬いたします(笑)。ここからが非常に厳しいですが・・。