GTR2 毎夜鯖@WatkinsGlen(Elise mod)

    2



大分前にエリーゼでワトキンスグレンを走った時もかなりのタイム差があったのですが、今回もフリー走行から上位のペースに全く届かず。以前はPPタイムが49秒後半くらいだったと思うのですが、今回はフリー走行から49秒前半が出ていたのでもうお話になりませんでした(笑)。セッティング、特にウイング調整を色々試してみましたが2-4の時に50秒3辺りが出ていたのでそのまま行けば良かったんですが、ここはどうしても1-1で行く方が良さそうな気がしたのでまた元に戻してデフを弱めたりと色々やっているうちにまた迷宮入り(笑)。最後はまた元に戻したものの50秒台も出なくなってしまってどうなってるのかサッパリ分かりませんでした・・。セクタータイムを見てもセクター1地点ではトップ勢と遜色なかったのですが、セクター2区間でかなり差が付いてます。セクター1通過後にある高速シケインの通過速度が明らかに遅いという事だと思います。
そのまま予選となってしまいます。予選はワンアタックなので失敗は許されません。予選時に上位の走行ラインを見ていて、シケインでの走行(ラインや減速ポイントなど明らかに違ったので)を参考に、その走り方をアウトラップで試してみると見事にスピン(笑)。これでマシンにダメージを負ったのか、それほど悪い走りではなかったにも関わらず50秒台にも入れずorz。結局予選11番手に沈みます・・。



スタートではジャンプアップを狙ってスタートを完璧に決めます。若干詰まったので一瞬アクセルオフしましたが、3台くらいは抜けたかと思います。1コーナーも無事に回ったのですが、前方で4台くらいのマシンが争っていてその中に割って入ったらシケイン出口でラインがアウトに膨らんでしまい、その間に3~4台に抜かれてしまいます・・。結局順位が元の位置くらいに戻ってしまいました。

それでも再度オーバーテイクしていき2周目には8位に。その後Daichaさんとのバトルがあったりして楽しんで走ってましたが、比較的調子よく走れます。周りのミスにも助けられて3周目には6番手まで上昇。タイムペースも予選時のタイムを上回っていて、トップ3は遥か彼方でしたが少し前に見えている4位争いに加わろうと頑張って走ります。しかし7周目に高速シケイン進入でマシンの挙動が少し乱れてしまい、カウンターを当てた瞬間制御不能になってスッ飛んでいきます・・・。リアから激しくバリアに突っ込んでしまいます・・辛うじてウイングの脱落等は無かったものの後続車が結構来ていたため復帰が遅れます。これで16位まで順位を下げてしまいます;;。

その後順位を上げるもののペースがいま一つ上がらず。その後9番手まで順位が上がるものの、今度はNigel Hikouさんが追い上げてきます。ペースはストレートで若干離すもののコーナーで追いつかれるという苦しい展開に。ブロックラインを通ったりと何とかしのいで抑え込みますがかなり苦しかったです。でも最後の最後でレースしている感じでしたし、非常に燃えました(笑)。

という事で何とか順位を守って8位チェッカー。結果的にシングル圏内でフィニッシュできましたが非常に辛いレース内容でした・・。どうしてもエリーゼ+ワトキンスでは速く走れる気がしないです。優勝はエリーゼで毎回凄まじい速さを見せるEldrickさんでした。


■リザルトデータ

日時:2008/06/19 46戦目
コース:Watkins Glen Long
車種:Lotus Elise Lotus F1 1988
予選:11位 1:51.189(+2.252)
決勝:8位 26:28.496 LAP14(+45.786)
レースラップ:8位 1:50.964 LAP5(+1.976)
詳細データ&ポイント:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all/Maiyo_000.html