伝統のモナコ - 2009年F1第6戦モナコGP

    10



いよいよブラウンGPのダブルチャンピオンが現実的になってきましたねー。ヨーロッパラウンドが始まれば開幕時のような強さは周りの追い上げによって混戦もしくは強豪チームに追い抜かれると予想していた私ですが、こうも予想が裏切られるとは思いもしなかったですね・・。
マシンのベンチマーク的なコースであるバルセロナでの勝利、そして今回のモナコと全く正反対といえる特性のコースで勝ててしまうのですから、もう現状として苦手なコースが一切無いということですからね・・。唯一不確定要素といえば、レッドブル勢でしょうか。今回モナコでは殆ど効果が分かりませんでしたが、遂に2層式ディフューザーを持ち込んできました。本来の戦闘力に正常進化させているとすれば、次戦トルコGPではもしかしたらブラウン勢を追い詰めるかもしれません。その辺りの状況次第ではまだどうなるか分かりませんけど、トルコGPでもブラウン勢が1-2で勝つようなことがあれば、チャンピオンシップは夏頃に決定と言う形になってしまうでしょうね。つくづくこれがホンダだったら・・・と思うのですが(笑)、メルセデスエンジンのパフォーマンスも相当影響していると思いますので、単純にホンダだけの力ではここまでの結果は残せなかったでしょうが。

それにしてもチェッカー後、マシン停車位置を間違えて、慌ててメインストレートを「自分の足で」走るバトンを見て、タフだなーと思うと同時に、まさにこれがホントのウイニングランだなぁと(笑)。方々から歓声を受けて気持ちいいだろうなーと思ってしまいました。






■ブラウンGPの強さ
マシンがこれだけ素晴らしいパッケージであることは勿論ですが、やはりバトンのドライビングスタイルとのマッチングが完璧と言えるんでしょうね。バリチェロの速いが一貫性の無いラップタイムと、どんなタイヤでも常に安定してラップを刻めるバトンとの差が決勝結果にも現れているんだと思います。
元々タイヤに優しいドライビングをするバトンですが、今年のタイヤレギュレーションで片方のコンパウンドがコースに合わずにすぐタレてくるといったケースが多い中、バトンのスムーズなドライビングはもの凄いメリットになっているんだと思います。

マシン自体も今年はレギュレーション変更やKERS、そして特にスリックタイヤの影響でフロントグリップが勝り、かなりのオーバーステア傾向にあるマシン特性ですが、ブラウンGPのマシンだけは元からかなりのアンダーステア傾向のマシンだそうです。なのでバラストによる重量配分のセッティングも幅が広がり、そしてバトンにも好みのマシン挙動と言う事も今期の強さにつながっているんだと思います。


■フェラーリ復活?
いよいよ上位にやってきましたね。次戦トルコでどれくらいの戦闘力かがはっきり分かるかと思いますが、ここまでマシンを持ってくる辺り、やはりビッグチームのパワーはものすごいものがありますね・・。3-4フィニッシュの今レースですが、来期参戦の件で大揺れに揺れているF1界ですので、早いこと収束に向かって欲しいところです。ただ来期アロンソが移籍か?というニュースもありますし、まあ結局は妥協点が見つかる=来期参戦というシナリオになるんだとは思いますが(笑)。


■その他
適当にまとめますが(笑)、まずは日本勢。トヨタはモナコに全くあっていなかったみたいですね・・。予選もまさかの最後方グリッドと予想を遥かに下回る低迷振り。決勝もアグレッシブな戦略でグロックが10位に入るのがやっとといった感じでした。次戦トルコでは何時もどおりのパフォーマンスを発揮してくると思いますが、初優勝を飾るためにはそろそろ正念場だと思います。周りのチームがかなり伸びてきていますので、次戦は今シーズンの優勝を現実的にするためにもかなり重要なレースになるんじゃないかと思います。トルコで上位を狙えなければ(例えばフェラーリ・レッドブルにかなり遅れをとるなど)厳しいと言わざるを得ないでしょう。今期限りで撤退か?という話もまた再燃してきていますし、何とか一発見せてもらいたいものです。

一貴はほんと負のスパイラルといった感じで、全くツキがありませんね。マシンは悪くないのに状況が悪すぎと言った感じで・・。モナコも決勝は悪い風悪い風に流れていきましたしね。Q3進出したのがせめてもの救いと言った感じです・・。
ただ来期ウィリアムズのシートはある意味確定?という噂もありますので、少しは安心してもいいのかもしれませんが、昨年が良いシーズンだっただけに今シーズンは昨年以上のここ一発のインパクトのあるレースを1~2みせて欲しいなと思いますねー。現状ではピケJr的な見方をチーム側からされるかもしれませんし。特にフランク・ウィリアムズやパトリック・ヘッドは現状に絶対納得しているとは思えませんからね(笑)。頑張ってもらいたいです。