タイムアタック論

    11



土曜日の出勤は何時もヒマです(笑)。
F1予選(LT観戦)まで時間があるので、タイムアタックの進め方でも書いてみようかと思います。人それぞれの方法があるかと思いますし、私が特別なやり方をしているかどうかは分かりませんが、本格的にGT4でタイムアタックを始めた当初は、ただ走り続けるのみ!といった感じでテストドライバーの如く周回を重ねて、だんだんとタイムアップを果たしていくという感じでした。
ただ私の性格上、色々な事を多角的に分析?する感じなので、色々な事を考えてしまうんですよね・・。ある意味、理論的になりすぎるのも良くないとは思いますし、感覚で走るというのも重要だとは思います。が、「何故そうなるのか?」を考えつつ物事を進め「理解する事」は、何に関しても大事だと思いますし、TAに関してもそうじゃないかなって思うんですよね。何を言ってるのか、良く分からなくなってきましたが(笑)、今から長々と書いていこうと思います。


まず私の中で重要なポジションを占めているのが、イメージ作りです。イメージと言っても、走った事の無いコースをイメージして仮想的に頭の中で走る・・と言う事ではなく、走りこんでいった上で出来上がるコーナーごとのイメージを繋ぎ合わせて「1周全体のイメージ」を確立することです。

私の中でのイメージとは、各コーナーごとの、
 「ブレーキングポイント」「ブレーキ量」「ステア切り始めのタイミング」「ステア切り角」
 「ライン取り」「コーナー中の車の挙動」「アクセル開度」「コーナリング速度」「スライド量」「ギア選択」
などでしょうか。

皆さんもあると思いますが、自分がどうやって走ったかその時は分からないけど、なんか上手く走れてビックリするような区間タイムが出た事とかありますよね。そのイメージをまずは部分部分で良いので頭に残します。ただ重要なのは、その区間タイムが何故出たのかを、あとからしっかり考えなければいけません。純粋にその区間全体が速かったのかもしれませんが、もしかしたらその区間に入る直前の立ち上がり速度が速かったため、と言う事もあるかもしれません。なので、区間内の走行イメージ自体も大事ですが、その区間に入る前の動きも見なければいけません。意外とそういうところにタイム短縮の理由が隠されているかもしれません。


例を出すと、GTHDコンセプトでしたらT3通過タイムとT4通過タイムの比較です。T3通過タイムはT3区間全体の速さはもちろんですが、T3手前の下りながらの左コーナーが凄い重要です。ここを通過する際に大事なのは、出来るだけ無駄の無い走行ラインと、どれだけトラクションを掛けられるか、というのが大事です。
私の経験ですが、T2からT3手前までかなり上手く走れてT3タイムが良かったとします。でもT3前の左コーナー立ち上がりでトラクション不足でスライドを起こしながら立ち上がると、T3タイムが良かったとしても、T4通過タイムで相殺されてしまうケースが多いです。分かりやすく数字を出して例えると、

T3手前で上手くトラクションを掛けて立ち上がると、T3:28秒5→T4:32秒5
T3手前で若干スライド気味に立ち上がると、T3:28秒3→T4:32秒5

といった感じでしょうか。

なので、T3通過タイムが速かったとしても、その手前の状況次第では一概には喜べないと言う事です。これらを判断するに辺り私が取っている方法は、T3通過時に橋がありますよね。その橋の入り口地点で、車速がどれだけ出てるかを目安にしています。勿論車種ごとに差はありますので、クルマごとに速度は変わりますが、大体どれくらい速度が出ていれば立ち上がりが成功しているか・・を把握しておく事が大事です。
例えば橋の上で105km/h出ていれば立ち上がりはバッチリ!という事であれば、T3通過タイムが28秒3であっても、102km/hしか出ていなければ立ち上がりに失敗していると言う事ですし、28秒5であっても105km/h出ていれば、T3区間は遅かったけど、立ち上がりに成功しているからT4通過時で挽回できる、と言う事です。
こう考えると、T3通過タイムよりT4通過タイムを重視した方が良い、という傾向になるかもしれません。その場合はT4通過タイムが自己ベスト更新だったとしても、T3通過タイムは重要視しなければいけません。自己ベストより0.2秒遅ければ、T4通過タイムはまだ0.2秒縮められる、といった考え方が出来ますので。


あと、最終コーナーも同様かと思います。T7通過タイムが良かったのにフィニッシュで何故か更新出来ない、と言う事があるかと思います。それは最終コーナーを失敗しているという事もありますが、むしろT6通過後の高速S字での速度が影響している事もあります。ここの通過速度が遅い(主にスライド多発とステアリング抵抗のロスが原因)と、速く抜けれた時と比べて、T7通過時の「速度差」が意外と大きく、最終コーナーへのフルブレーキングポイントまでに差がついてしまうのだと考えられます。
となると、最終コーナーを良い感じで走れたとしても差は詰まりませんよね。最高の走りを出来たとして、差は縮まるかもしれませんし、もしかしたら若干タイム更新できるかもしれません。でも感覚的には、最終コーナーであれだけキマったのに、何でコレだけしかタイム更新出来ないのか?となってしまいます。最終コーナーの走り方がおかしいのだろうか・・となってしまうと、もうおかしなスパイラルにハマってしまいます(笑)。
以上のことから、区間タイムを見る際は、その直前の走りの影響も場合によっては大きい、と言う事を念頭に入れなければいけません。


こういった事を考えていく事で、コース内でどこを気をつけて走らないといけないか、というポイントが分かってくるかと思います。またコーナーごとの最適な走り方も、だんだん理解できていく事でしょう。そうやって頭の中で1周のイメージを作り上げるのですが、1箇所でもそのイメージが曖昧だと、どうしてもそこがウィークポイントになってしまうんですよね・・。そうなってしまうと、その地点に到達すると急激に自信がなくなっていきますし、そこまで最高の走りをしていると、尚更緊張してしまい失敗する確立が高くなります。そうなればもう要練習しかありません(笑)。なんとかイメージを確立できるよう頑張るしかないです。勿論車ごとの特性は違いますので、車種別に掴む必要があるのは言うまでもありませんが、気をつけなければいけないポイントとかは概ね共通しているのではないでしょうか。

一周のイメージが頭の中で完成したら、あとはその理想に近づけるよう走るだけとなります(笑)。ただ、この「理想(イメージ)に近づける走りを行う」という部分が一番難しいのですが;;。
ただ、私の今までの経験で言えば(GTTA時代も含め)、この一周のイメージが完全に確立出来ていたタイムアタックに関しては、概ね上位に入れたと思います。ただどうしても曖昧な点があった時は、なかなか上手くいかなかったですね・・。まあ、こうして書いてみて読み返すと「当たり前の事じゃないか!」と突っ込まれそうですが(笑)、イメージは本当に重要じゃないかと思います。


なので、他人のリプレイを見れる今のGTHDC環境は、イメージ作りには最適の教材だと思いますし、また自分が予期しない凄い区間走行が出来たときには、リプレイを何度も見るか保存してでも、どうやって走ったかをまず理解する事が大事だと思います。私ごときがえらそうに書いてしまいましたが;;、参考になるようでしたら是非皆さんも頑張ってみてください。